第13話 監査役の役割

えー、安藤エイタです。今日はIPOと監査役についてお話しします。

安藤エイタ
そう言えば、当社の監査役ってどうなってるんでしたっけ?
諸福あゆみ
監査役? ママのことかしら
安藤エイタ
お母さまが監査役なさってるんですか?
諸福あゆみ
確かそのはずよ
安藤エイタ
ちゃんと取締役会には出席されてますか?
諸福あゆみ
そんなわけないじゃない。だって、今はパパといっしょに旅行中よ
安藤エイタ
そうでしたね
諸福あゆみ
でも、どこもそんなもんなんじゃないの?
安藤エイタ
そんなことありませんよ。監査役の機能というのは非常に大切なので、上場審査においても重視されるポイントなんですよ
諸福あゆみ
そうなんだ
安藤エイタ
だいたい社長のお母さまが監査役というのはダメですね
諸福あゆみ
どうしてよ
安藤エイタ
取締役の配偶者とか2親等内の血族などは認められないんですよ
諸福あゆみ
世の中の社長さんには、知らない人より奥さんにチェックされてる方が効きそうなのにね
安藤エイタ
身内が監査役だと、自己監査になって、有効な監査の実施を損なう状況にあると見られるみたいです
諸福あゆみ
そっか。じゃあ、だれか監査役を引き受けてくれる人を探さないとね。で、いつまでにどんな人を見つければいいのかしら?
安藤エイタ
目安としては、上場直前期には、複数の監査役がいて、そのうち一人は常勤監査役であることが必要なんですよ
諸福あゆみ
ということは常勤が一人と非常勤が一人の少なくとも2名は必要というわけね
安藤エイタ
そうです。そして、そのまま上場する時になると、監査役をもう1名増やして“監査役会”を作る必要がああるんですよ
諸福あゆみ
じゃあ、上場するまでには最低3名は探さないといけないんだ
安藤エイタ
監査役会の半分以上は、元従業員とか元役員ではない“社外監査役”じゃないといけないということも忘れないでください
諸福あゆみ
パパに軽くIPOしてやるなんて啖呵切っちゃったけど、なんか頭痛くなってきたわ
安藤エイタ
社長がそんな弱気になってどうするんですか。二人で夢を叶えましょうよ
諸福あゆみ
夢? そうね、IPOなんて私には到底夢物語だったのかもしれないわね……
安藤エイタ
あきらめちゃダメですよ、社長……いや、あゆみさん。これからボクといっしょに
安藤エイタ
あゆみさん、あゆみさん……
安藤エイタ
あれ、夢……か
安藤エイタ
そうだ。今日は平成コンサルティングに入社して初出勤の日なんだったな。これからたくさん勉強して、いろんな会社を上場させてやるんだ。よし、がんばろう!

(おわり)

目次へ

東京事務所アクセス 会計監査人との”連携”豆知識 そろそろIFRS? 今さらながらの内部統制 木村さきの憂鬱 IPOかわら版 安藤エイタのIPO物語 採用情報 採用情報
ページ上部へ戻る