ハイブリッドワークフォースの議論~中小企業が知っておくべきこと

リモートとオンサイトの両方で働くいわば「ハイブリッドワークフォース」に関して、最近南アフリカで行われたハイブリッド人材に関する調査では、回答者の3分の1が在宅勤務を継続すると答えています。
世界中でCOVID-19の大流行が仕事のやり方を変えています。
南アフリカも例外ではありません。そのため、企業には実用的な解決策が必要でした。
その結果、ハイブリッドワーキングモデルが誕生しました。

このモデルは、中小企業にとって、オフィススペースや在庫を削減するチャンスとなり、資金を再利用できる可能性が生じます。
ハイブリッドワーキングモデルを成功させるには、雇用主がリモート環境やハイブリッド環境を一時的・短期的な戦略としてとらえるのではなく、ひとつの機会としてとらえることが必要です。

従来のオフィス環境から遠隔地や技術に精通した環境へと徐々に移行することは、さまざまな業界で以前から話題になっていました。今回のパンデミックによって、リモートワークの現実を受け入れることが加速されました。
IT調査機関であるWorld Wide Worxが2021年に南アフリカ企業のハイブリッドワークプレイスモデルを調査しました。その結果、回答企業の3分の1が、自社の従業員がオフィス環境に戻ることを予見していないことが分かりました。
ハイブリッドワークプレイスモデルとはリモートワークとオフィスワークの両方を取り入れたオペレーションモデルです。これは、クラウドのようなコラボレーションツールとともにクラウドコンピューティングによって実現されています。
メッセージングツール(WeChat、WhatsApp、Facebookメッセンジャーなど)やタスク管理ツール(Asana、Google Workspace、Skypeなど)も重要です。

また、ハイブリッド環境技術への投資傾向も分析されています。予算は、リモートワークにおいて重要な考慮事項です。このレポートによると、ハイブリッドワークの重要な要素であるクラウドコンピューティングは、ビジネスインテリジェンス(業務改善のためにデータを取得、分析、報告するためのソフトウェア)に次いで2番目に多い予算となっています。

さらに、リモートワークには従業員と雇用者の双方に税務上の配慮が必要であり、この分野では専門家の助言が不可欠です。
例えば、雇用主は、従業員が主にホームオフィスで職務を遂行していることを証明する書簡を発行するよう求められることがよくあります。税務当局の要求がすべて満たされていることを保証しなければならない責任が生じます。
一般にハイブリッドワークフォースの議論は、中小企業にとっては、オフィスのスペースや間接費を削減することで節約した分を再利用できる可能性があるため、特に興味深いものです。

ケープタウン大学のビジネススクールでは、機能的なハイブリッドワーキングモデルに不可欠な柱として、以下の3点を挙げています。
– 信頼:従業員と雇用者の関係の基礎となるものです。
– 実用性:提供するビジネスの性質によって、モデルや予算の内部構造を決定する必要があります。
– 組織的な方針:ポリシーは労働環境を補完するものである必要があります。

執筆者:Tuffias Sandberg (ヨハネスブルグ、南アフリカ共和国)

東京事務所アクセス 定期採用ページを開設しました IPOかわら版 通年採用情報 嘱託採用情報
ページ上部へ戻る