A&A blog

2018年40歳を迎えます!!

01.15

新年明けましておめでとうございます。今年もA&Aパートナーズをよろしくお願い致します。私は、元日から、39℃近い熱にうなされ、三が日を寝て過ごさざるを得ませんでした(ある意味寝正月でした・・・笑)。さて、2018年を迎えましたが、この2018年、私にとって40歳を迎える区切りとなる年となります。かれこれ20数年前、高校生、大学生の頃には、40歳は完全におじさんという感覚であったことをつい最近のことのように思い出します。そんな私が40歳を迎えるとは・・・・。40歳になるのが嫌なわけではないのですが、40歳になる頃には、色々な意味で大人になっており、落ち着きが出来ていると勝手に思っていたのですが、全くもって出来ていない・・・、そんな自分の中での期待と現実のギャップに混乱しているのです。確かに、35歳を過ぎてから、食の好みが多少変わってきたことや体の疲れが取れにくくなってきたこと、運動をした次の日ではなく2日後に筋肉痛となることなど体の変化(いわゆる劣化だと思うが)は感じていたのですが、未だ精神面での大人の落ち着きはなく、色々な邪念と日々戦っている自分がいるのです。戦国時代には人生50年といわれていたのですから、700年前だと残り10年余りの人生ということだったのですね。子供のようですが、私が生きているのが人生80年超のこの時代で本当によかったと思います。まだまだやりたいことがたくさんありますからね!!!
30代で2人の子供にも恵まれ、順調に成長していく中、それなりに子育てをこなしている自負もありますが、いまいち私自身が大人になった感覚がないのです。この前も子供のおもちゃを買いに行ったのに、子供よりも自分のテンションが上がり、子供が選んだおもちゃではなく、自分がカッコいいと思った仮面ライダーを買ってしまいました。世間一般では、40代の俳優をナイスミドルなどと言い、外から見ていると非常に落ち着きがあって格好よく見えますが、彼らも本当はそんなに大人ではないのかも、なんて疑う今日この頃です。
 でも昔と違い、ここ最近40代が若いと言われることも多いように感じます。私個人の見解ですが、年齢よりも若く見える人は、お肌のお手入れはさておき、自らの生活を楽しんでいる人が多いように感じます。少し違っているのかもしれませんが、ある意味、少年の心つまりは遊び心をいつまでも持ち続けているからこそ、若いのだと思います。そうであるならば、私も無理に大人になることを求める必要はないのかもしれません。そうやって自分を納得させるしか方法がないのかもしれませんが、正直、40歳を目の前にすぐに大人の落ち着きなどつくはずもありませんから、あまり無理をせずに、子供のまま年齢を重ねていく人間がいてもいいのかもしれません。
 仕事では、40代らしく落ち着きを持ち、しかし、プライベートでは若々しく、そんなカッコいい中年を目指してがんばっていきたいと思います。40歳を迎える2018年、皆様ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

永利 浩史(パートナー 公認会計士)

【プロフィール】
早稲田大学商学部卒業後、2003年中央青山監査法人入所。上場会社のスタッフ業務及び公開準備会社の主査業務を経験後、2007年7月に監査法人A&Aパートナーズに移籍

【趣味】
買い物、愛犬と出かけること。子育て。

【メッセージ】
事務所の兄貴達と楽しく明るい職場作りを心がけています。かっこいい中年になりたい!!

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る