A&A blog

棺おけリスト

06.09

このタイトルを見ただけで、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、わたくし先日映画を観にいきました。『最高の人生の見つけ方』という映画です。ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという豪華Wキャスト!な映画です。  特にこの映画が目的で映画館に行ったわけでは全くなく、何となく映画でも観ようかな?→何となく観たい映画があったよな。→でもこれからやるのかな?はたまたもう終わってしまったのかな?そもそもなんてタイトルだったっけな?→all 不明…ということで、仕方がないので、インターネットでのチケット予約のページを開きタイトルで何を観るか決めることにしました。 しかし、他にやっているものと言えば、
①『小林少女』(興味がない為却下)、
②『隠し砦の三悪人』(ナンダソレ!?)、
③『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』(のちにこれが私が観たかった映画と判明。しかしチープな映画を連想させるタイトルにより即刻却下)
④『ランボー』(戦い・・な気分ではなかった為却下)このようなラインナップであったので、消去法で最後残った『最高の人生の見つけ方』にまぁいっか程度で決定。 
で、結論から言うとですね、想像していたよりもとってもいい映画で、映画館を出た時にはすっかりご満悦だったわけですが、この映画の中で「棺おけリスト」というものが出てきます。要は、主人公二人は余命半年の末期ガンで、死ぬまで(棺おけに入るまで)にしたいことをリストにかきだすのですが、この映画を観た10人中8人はやるであろうリスト作り。もちろんやりましたとも、私も。 映画の中のそのリストには例えば、、、スカイダイビングをやる。であったり、タトゥーを入れる。だったり、マスタングで疾走する。とかとか、男のロマン的な要素たっぷりなリストに仕上がっています。世界一の美女にキスをする。とかね☆ 
ここで私が考えた棺おけリストをご紹介。
①前身整形  これは女子には絶対人気なはず!(仕事しているうちは出来ないしな…とか。お金いくらかかるんだろ…とかとか、そんなのを全て気にせず、やっちゃいたい。めざせ叶姉妹。)
 ②ヒデ(職業:旅人 といつか言ってみたい) 
とまぁ、他にもたっくさんありますが、だいたいはこんな調子です。実際に自分が余命半年と知ってしまったら、絶対に①は必要ないな。とは思いますが、一応棺おけまではすごく期間が長い予定なので、入れてみました。  そう考えるとなんだか、ただ単に欲しいものリスト書いてるのと同じみたいになってきてちょっぴりなんだかなぁ…という気にもなりますが、みなさんもぜひ暇なとき、棺おけリスト作ってみてはいかがでしょう。 いや、、、棺おけリストを作るよりも、そんな暇があったならこの映画を見に行ってください。心が温まりますよ♪ほんとうに。

木下 裕美
東京都世田谷区出身。

≪趣味≫
旅行、おいしいものを食べるそして作るそして飲む

≪モットー≫
なんでも楽しくやる。(ように心がけています。)

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る