A&A blog

散歩

03.16

先週の土曜日。

久し振りに晴れ間が広がりポカポカ陽気だったのでカメラ片手に散歩に出かけることにしました。

目的地は洗足池公園にしました。

散歩といっても徒歩だけでは限界があるので目的地付近までは電車で行くことにしました。

洗足池公園の最寄駅は東急池上線洗足池駅ということでしたが、それではあまりに近すぎるということで東急目黒線洗足駅で降りて少しくらいは歩くことにしました。

改札を出てポケットから地図を取り出し、現在地と目的地の関係を把握しました。

それから喫茶店で一服し、洗足池に向けて歩きだしました。歩き出したといってもカメラ片手に、一歩あるいては空を撮り、また一歩あるいては地面を撮り、道端の草を撮り、という具合に一歩ずつ進んでいると日が暮れてしまいそうでした。これでは洗足池に到着できない、ということでいったんカメラはしまい、景色を見て、音を聞いて、春の匂いを嗅ぎながら住宅地の中を歩いて行きました。

洗足駅から洗足池まではほぼ住宅地でした。住宅地を抜けると公園らしきものが見えてきました。そこは高台になっていて桜の木がたくさんありました。下のグラウンドでは少年野球チームが練習をしていて、公園ではおじいさんが上着を脱ぎ、周りを気にしながら太極拳みたいなものを始めていました。

高台から階段を下ると目の前に池が広がっていました。ウォーキングをしている人やベンチに座って読書をしている人が結構いて、のどかな風景でした。池のほとりでラジオ体操みたいなのをしているおじいさんがいて、池に落ちてしまわないかしばらく見ていましたが大丈夫そうでした。

池のほとりを歩いていると、人だかりが出来ていました。皆カメラを向けて何かを待っている様子でした。その人たちの目線の先を見てみましたが何があるのか分かりませんでした。何もないのに大勢の人が集まっているはずないと思い、しばらくその場にいると、横にいたおじいさんが「鳴かないねぇ。」と言っているのが聞こえてきました。どうやらウグイスがいるみたいで、そのウグイスが鳴くのを待っているようでした。目の前の木の枝をウグイスが跳ねているのを見つけ、一応写真を撮りました。その人だかりがウグイスが鳴くのを待っているということを確認してからその場を離れることにしました。

公園内には池に面したカフェがあり、そこで昼食をとることにしました。生ビールとマルゲリータを注文しました。窓の外を見るとすぐ横にボート乗り場がありました。

隣の席では女性がコーヒーを飲みながら読書をしていました。その女性はたまに席をたち、窓側に歩いて行っては席に戻るということを何回か繰り返していました。しばらくすると小さい女の子と男性が店に入ってきました。お父さんと娘がボートに乗っている間、お母さんはカフェで読書をして待っていたということが分かりました。女の子は興奮状態で「おなかすいた~。ここで何か食べたい~。」と主張していましたが、それは受け入れられませんでした。

店を出て、せっかくなのでボートに乗りました。池に浮かんで目を閉じているとそのまま眠ってしまいそうでした。それから池を縦横無尽に進みました。無邪気に漕いでいると、そばにいた子供から「あのボート速えぇ。」という声が聞こえてきました。

洗足池公園は人が多すぎず少なすぎず、それぞれが休日をのんびり過ごしている感じが伝わってきてとても心地よい気分でした。

天気の良い休日にはまたほかの公園に散歩にいこうと思います。

三城 浩一
(プロフィール)
広島県福山市出身関西学院大学総合政策学部卒業2007年監査法人A&Aパートナーズ入所
(趣味)
散歩、料理、ビリヤード
(メッセージ)
いつもフレッシュな心をもってがんばります。

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る