A&A blog

夏の甲子園

08.29

この夏の甲子園は第百回の記念大会でした。
私は休日に何試合かテレビで観戦したのですが、高校球児が熱く戦っている姿には毎年良い刺激を受けます。
チームの勝利という目標に向かって全員で日々努力する。
たとえ負けてしまったとしても、その経験はかけがえのないものであり、一つの目標に向かって一生懸命努力した経験は、その先の人生にも生かされると思います。
これは高校野球だけでなく、あらゆる事にも言えると思います。
今大会では大阪桐蔭高校が優勝しました。
史上初の2回目の春夏連覇を達成しました。
昨年のレギュラーメンバーが数多く残っていたこと、中学時代の有名選手が数多く在籍していることなど強さの理由は色々ありますが、
「どの高校よりも優勝を強く意識して一年間練習してきた」
という選手のインタビューを聞いて、その意志の強さが厳しい練習をも耐え抜く力になりチームとしての強さに繋がっているのだなと感じました。
今回、圧倒的な強さを見せた大阪桐蔭高校だけでなく、一つ一つのチームに数々のドラマがあると思います。
かつて、地方大会の一回戦で負けてしまった高校の監督が選手たちに言った言葉が印象的だったので紹介します。
「これからの人生で勝ち続けることはない。折れない心なんてない。みんなには立ち直る力をつけてほしい。」
確かに勝つことは大きな目標でありますが、負けてしまったとしても努力してきたこと、仲間との関係は一生物だと思います。
私自身も、新人として反省することも多いですが、これからも頑張っていこうと思っています。

名前:水垣 明
出身地:千葉県松戸市
趣味:野球、ボウリング、カラオケ、猫の観察

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る