A&A blog

みんな激辛?

01.16

激辛ブームが始まったのはいつ頃からでしょうか。最近でもテレビを見ていると、いろんな激辛料理が紹介されています。カレー、麻婆豆腐、坦々麺、・・・。辛さも2倍、3倍、5倍とエスカレートしているような気がします。もはや激辛ブームという言葉もなく、激辛料理があふれています。
一方、私は昔から唐辛子、香辛料系の辛いものはちょっと食べただけでも汗だくになってしまいます。なので、基本的に辛いものは外では食べないことにしています。ワサビやからしは平気ですが。
激辛料理があふれる中で、世の中の辛い基準が上がってきているなと感じることがしばしばあります。例えば、立ち食いそば屋のカレー。カレー専門店の辛いカレーとは違い、昔は私でも美味しく食べられる程度の辛さだったと思うのですが、今は、私の許容範囲を超えています。長女が、家庭科の授業で習ってきたキーマカレーを家で作ってくれたのですが、これが辛い辛い。学校の授業でこんなに辛いものを作るのかという感じです。
(作り方を間違った可能性も・・・。)
最近では、年を取ったせいか辛いものが「あまり得意ではない」から「得意ではない」、さらに「苦手」に変わりつつあります。自分で食べてなくても、隣で辛いものを食べられると、香辛料の香りで、じんわり汗が・・・。
もしかすると、世の中の辛い基準が上がったのではなくて、私の辛い基準が下がったのかもしれません。
この間はテレビで激辛料理の番組を見ているだけで、汗ばんでいるのに気づいて、自分でもびっくりしました。パブロフの犬ですね。
このブログを書いている間も、辛いものを想像しているせいか、なんだか熱くなってきました。

(プロフィール)

村田征仁(むらたまさひと)

長崎県出身 横浜国立大学経営学部卒

(ひとこと)

大事を成さんと欲する者は、まず小事を務むべし。

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る