A&A blog

つれづれなるままに・・・6

04.24

先日、公園でのんびりしていたら、隣に座っていた小学生がおもしろい話をしていました。
「マンションの2階に住んでいる人が4階に引っ越したら、階段を登る量は何倍になると思う?階の間隔は同じということで考えてみて」
「2倍に決まってるよー。だって、4は2の2倍でしょ」
「ちがうよー、3倍。簡単にひっかかりすぎだよー」
「じゃー次ね。りんごが34個あって、いきなり犬が15個くわえて走り去ったんだよ。残りはいくつになってると思う? 」
「34個引く15個でしょ。19個だね」
「くわえたんだよ。49個でしょ」
「後ね、タクシーって手を挙げて止めるでしょ。足で止める人っていると思う?」
「そんな人見たことないよ」
「でも運転手さんはみんな足でブレーキ踏んで止めてるよ」
「そんじゃーさ、完璧な白は「しろ」、完璧な黒は「くろ」、完璧な赤は「か」 とすると、完璧な青は何だと思う? 」
「なにそれ??全然わからないよー」
「「さお」だよー。真っ青」
「もー、全部難しすぎるよ。もっと簡単な問題はないの?」
「わかったわかった。じゃー、1980年に20歳だった人が1985年には15歳だったんだって、なんでだと思う」
「だから難しすぎるって。全然わかんないよー」
「これね紀元前の話なんだよ」
「???」
「じゃ最後ね。スーパーで980円の魚パックが売られてたんだって。で、売れないパックは1時間ごとに1割引きに値下げしていくことになってるんだよ。10時間後に閉店する時に魚はいくらになると思う?」
「僕、算数が一番苦手なんだ。全然わかんないよ」
「え、これ算数の問題じゃないよ。答えは、魚はいくらにはならないでしょ」
「そういうことぉ。もぉ」
余裕たっぷりでのんびり話を聞いていましたが、「49個」以外全問不正解でした。

<氏名>
吉村 仁士

<経歴>
早稲田大学商学部 卒業
中央青山監査法人 入所
平成19年7月 監査法人A&Aパートナーズ 入所
現在に至る

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る