A&A blog

3D&4D

01.25

映画は好きな方だと思いますが、一昨年まではあまり映画館へ足を運んでいませんでした。
公開からは多少遅れるものの、好きな時間にお酒でも飲みながらゆっくり観ることができるのでレンタルDVDでの鑑賞、ジャンルとしては話題作とされるアクション系が多いでしょうか。
しかし、映画館でしか味わえないのが3Dで、始めて観たのは確か”海猿”の3作目だったと思いますが、あの映像の深みには感激しました。まだ、メガネはレンタルの時代でしたね。
その後映画館へはたまに気が向いたら観に行くという感じでしたが、2015年後半は観たい洋画がたくさん公開されました。ほとんどシリーズものですが。
まずは夏に”ミッション:インポッシブル”を3Dで。スパイもの好きには安定の面白さでした。
その後に観たのが”ジュラシック・ワールド(JW)”。恐竜の迫力を3Dで堪能しました。これを観た後、友人からJWは絶対4Dで観たほうがいいヨ、と言われすぐに3D&4Dで座席予約しようとしたけれど都合のいい上映時間がなかなか取れなくてもう公開終了かっていう時にやっと取れました。
いやー、良かったですね。3Dの迫力に加え、4Dでは座席が動いたり傾いたり振動したり、足元や肩越しに風が出るとか、水際のシーンでは水しぶき(ちょっとだけです)があったり~
木や壁に叩きつけられるシーンでは、背中やお尻に(マッサージ機のように)ドンドンと衝撃があったりもします・・・いずれも軽い効果なので誰でも楽しめ、ちょっとしたアトラクションに乗っているような感じです。目では3Dでの臨場感、体では4Dでの体感でJW2回目の鑑賞というのにあっという間に上映が終わりました。
秋になると自然の雄大さ・恐ろしさを3Dで味わえた”エベレスト”を、それから2Dですがおなじみの”007”。ダニエル・クレイグのボンドも4作目で板についてきたって感じでしょうか?実は↓のスター・ウォーズにも出ていました。ストーム・トルーパーなので顔は映っていませんが(笑)。
そしてJWを観た後に、絶対3D&4Dで観たいと思っていた”スター・ウォーズ(SW)”。懐かしいミレニアム・ファルコン号の飛ぶ姿を3D&4Dで味わいたい。
思えばまだ子供のころ、少年マガジンの後ろの方のページでアメリカの漫画版SWが連載されていました。1作目エピソード4は1977年の公開~たった7作なのに足掛け半世紀です(笑)。以来6作すべて映画館で鑑賞しました。前作から10年ぶりのSW、しかも3D&4Dで宇宙空間での飛行・戦闘シーンは最高でした。乗り物系映画は4Dが楽しい!ストーリー的には残り2作への序章といった感が否めませんが、次回作早く観たいものです。もちろん3D&4Dで、いや、もっと映画は進化しているかも♪

木間久幸
パートナー
群馬県出身
風通しのよいオフィスを築いていきたいと思います

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る