A&A blog

雪解け今時

04.18

昨年、家族団らんの時、父が「最近テレビを見ていて、マイナンバー実務検定というのがあるらしい。これからは、マイナンバーで世の中が動いていくので、受験してみたら…」という軽い話から始まったマイナンバー実務検定取得への勉強。
私の業務は社会保険担当ということもあり、マイナンバーとは赤い糸に結ばれた立場と理解しています。かねてより勉強はしないといけないと思っておりました。自分自身本を読んでの勉強では、マイナンバーの概要は理解できても実務の具体的なイメージが湧きませんでした。
勉強に際して、マイナンバーのセミナーを聴講したり、問題集を解いていくうちに、様々な事例に当たり、理解が深まっていきました。
決してマイナンバー実務検定の回し者ではありません。使っている鍬は光るそのような私でありたいのです。
しかし、実務検定というだけあって、設問自体が実例に基づいた内容で、業務に必要な事例を学ぶことができ、W資格の取得と一石二鳥でした。
ご存じの通り、個人情報関係で、マイナンバー法は特別法で、個人情報保護法が一般法になります。となると、次に個人情報保護法も少し勉強した方が幅広い知識が習得できるのではないかとステップアップを考えております。この先、日本国民はマイナンバーというエスカレーターに乗らないと生活のリズムを失うのではないかと推測されます。
人間深海に生きる魚族のように自らが燃えなければ、何処にも光はないと奮起し、飽くなき探求心を持ち続けることがモチベーションアップに繋がり、精神的に充実します。
月日に関守なしとはよく言ったもので、我が子は今年高校三年に進級します。悩みが尽きず、胃の痛いことが続きそうですが、子供に負けず劣らず、自分自身少しでも前に進んでいければと心密かに小さな闘争心を燃やし続けています。
今私は氷輪の心境です。

日高 智(ひだか とも)
(メッセージ)
 公私で言えば、公は、社是の「Be of good use」を常に念頭に、一方 私では、「良き母は百人の教師に勝る」に少しでも近づけるように自己研鑽し、所謂、稲穂が垂れる人と言われることを最終目標に日々努力しております。

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る