A&A blog

親知らず

08.14

ある日の夜中に、右の奥歯が痛くなった。
当初の痛みは虫歯になったかなと思う程度だったが、時間がたつにつれて痛みがひどくなり、なかなか寝付けなかった。
結局、朝まで寝付けず、鏡を見ると、頬がパンパンに腫れていた。徐々に我慢できない痛みに変わってきていたので、すぐに歯医者に行くと、痛みの原因は親知らずだと言われた。
診察時に見た自分の歯のレントゲン写真が衝撃的だった。
なんと親知らずが横に生えていて、隣の奥歯を押し上げていたのだ。親知らずが痛んだ家族や親せきがいなかったこともあり、まさかこんなに痛いものだとは思いもしなかった。
ましてや自分の歯が横に生えていて痛むだなんて想像もしていなかった。
とりあえずその日は痛み止めと抗生物質を処方してもらい、親知らずを抜くかどうかは今後の通院で決めることとなった。痛みは薬で治まったものの、今度は不安が襲ってきた。
インターネットで親知らずを調べると、横向きの親知らずを抜くときは砕いて抜くとか、抜いた後は腫れるし、かなり痛い(個人差はあるようだが…)とか、不安になる情報ばかりなのだ。ただ、痛んだ場合は早く抜いた方がよいみたいなので、先生とも相談して早めに抜いてしまおうと思う。
皆さんも親知らずにはご注意を。

門倉 翔太

〈プロフィール〉
埼玉県出身
2013年1月 監査法人A&Aパートナーズ入所

〈モットー〉
日々前進

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る