A&A blog

矯正

08.19

歯の定期的な検査のため近所の歯医者に通っていたら、歯列の矯正を勧められた。
 
子どものころから歯並びは悪かったが、噛み合わせはそこまで悪くなかったこともあり、矯正する機会があればその時にすればいいや程度に思っていたら、とっくに30歳を過ぎてしまった。大人になってから矯正してもなぁと考えていたところ、勧められたのは透明なマウスピースをはめる方法だった。私はワイヤーのようなものを歯の表側か裏側に取り付ける方法しか知らなかったので、驚いていると、先生が術後の歯並びの様子を3Dで表示してくれて、このぐらいまで治るかもと見せてくれた。それに、60歳を過ぎても矯正している人もいることを教えてくれた。衝撃的だった。
 
値段も安くはないが、特別定額給付金が入ったし、マウスピースは1日20時間以上装着して装着時は水しか飲めないと言われたが、コロナウイルスの影響で外に飲みに行く機会も減ったし、常時マスクを付けてても変に思われないしと、タイミングが良いと思い、矯正することとした。
 
実際に1日20時間以上つけることは、そこまで苦でもないが、買い物に出かけても買い食いはおろか、コンビニで炭酸飲料を買って飲むこともできない。この暑い夏にこれはしんどい。ただマウスピースをはずす食事中であれば、炭酸、コーヒー、お酒、何でも飲めるので、次の食事まで我慢と考えれば、何とかなりそうだ。
 
新型コロナウイルスの影響により、こちらも色々と我慢・自粛の日々が続いている。来年には矯正も終わりコロナも終息しているだろうと期待するばかりである。自粛解禁となった際には、思いっきり楽しみたいものである。
 

門倉 翔太

〈プロフィール〉
埼玉県出身
2013年1月 監査法人A&Aパートナーズ入所

〈モットー〉
日々前進

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る