A&A blog

犬との生活

08.22

我が家には6年前から生活を共にしている犬がいる。
犬種:シーズー
性別:♀(メス)
年齢:6才
名前:小梅
性格:人懐っこい、しかし、犬見知り(積極的な犬は苦手)。
飼い主である私が言うのも何だが、とてもかわいい。
シーズーは、もともとは毛の長い犬種であり、暑さに非常に弱いため、夏場はクーラーをつけていないとすぐにへばってしまう。この夏は節電の影響もあり、若干バテ気味である。
以下では一日の行動を記載する。
【平日】
6:30 起床
(飼い主の起床時間に合わせて起床するものの、寝室から寝場所を変えて、リビングで就寝)
8:00 ~ 18:00 餌+留守番
(以前は留守番中、静かだと不安になるかもしれないとの飼い主のエゴから、TVとエアコンが付いていたが、節電の影響もあり、現在は省エネ温度でのエアコンのみ)
18:00 主人のお出迎え(妻の帰宅)
(6年間ほとんど変化が無いにも関わらず、今でもびっくりするくらいの興奮状態でお出迎えされる。)
20:00~23:00 2回目のお出迎え(私の帰宅)
1回目同様、びっくりするくらいの興奮状態でお出迎え
25:00 就寝
(妻のために買った座椅子をいつの間にか自分の小屋として利用中。「さぁ寝ようか!」の掛け声がかかると、すぐに寝室の座椅子に直行して就寝)
【休日・祝日】
8:00 起床
(平日同様、寝場所を変えてリビングで就寝)
9:00 散歩
(主人の平日とは異なる行動に、休日=散歩に行ける日 であることに気付き、興奮状態)
(自らリードとハーネスを持ってくる)
10:00 餌
(平日は餌を与える時間から大嫌いな留守番が始まるため、餌を与えると警戒心が強くなり、飼い主の顔色をうかがう)
10:30~ 遊ぶ+寝る+遊ぶ+寝る・・・繰り返し
25:00 就寝
このような生活スタイルである。一応断っておくが、平日でも散歩をする日はあるし、常に留守番ばかりさせているわけではない。また、寝る時間が遅くないかなど様々な批判があるかも知れないが御容赦頂きたい。
職業柄、ストレスを感じることもあり、仕事が終わる時間も不規則であるが、どんなに遅く家に帰っても歓迎してくれ、私や妻を癒してくれる。犬に感謝というのも変であるが、感謝している。世間では、「ペットは家族の一員」という言葉をよく聞くが、なるほどその通りである。
以前に一度だけ、体を崩して5日間入院したことがある。その時は、いつもの歓迎やバタバタと走る音、通常はあまり気にも留めなかったことが無いだけで、非常に寂しかった思いを妻と二人していた。やはり、私共にとって家族となっていたのだ。これからも是非是非長生きして欲しいものだ。
犬嫌いの人に「犬はかわいいですよ」などと考えを押しつけることはしない。しかし、犬と一緒に暮らすことで感情が豊かになったり、心の底から癒されたりすることは確かである。犬を飼うことを前向きに検討されている人には是非お勧めしたい。
「犬ってホントかわいいですよ!!!」
20110822_01.JPG20110822_02.JPG

永利 浩史(パートナー 公認会計士)

【プロフィール】
早稲田大学商学部卒業後、2003年中央青山監査法人入所。上場会社のスタッフ業務及び公開準備会社の主査業務を経験後、2007年7月に監査法人A&Aパートナーズに移籍

【趣味】
買い物、愛犬と出かけること。子育て。

【メッセージ】
事務所の兄貴達と楽しく明るい職場作りを心がけています。かっこいい中年になりたい!!

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る