A&A blog

沖縄

07.26


僕はパリの綺麗な街並みよりも、地中海に浮かぶマルタ共和国よりも何よりも沖縄が好きです。
初めて沖縄を訪れたのは高校の修学旅行でした。札幌の高校に通っていた僕には、沖縄といえば南国というイメージです。修学旅行に出発した11月の札幌の平均気温は5℃前後。雪も降ろうかという季節です。
一方の沖縄はというと22℃前後。札幌の8月の平均気温に相当します。地元の人は11月に海なんかには絶対に入りません。しかし、僕らはそんな地元の人の好奇な視線を振り切り海にダイブして行きます。そんな僕らを見て地元の人は今年も冬の到来を感じるらしいです。
この修学旅行以来、僕はすっかり沖縄にはまってしまいました。沖縄のいいところはなんと言っても海です。あの透き通るような海を見ていると1年間の疲れが洗い流されるような気持ちになります。僕は海に行って何をする訳でもありません。係員にお金を払い、パラソル下のサマーベットに座る権利を得ます。その場所は世界中で最もお気に入りの場所です。そこに腰を下ろし、本を片手に朝から夕方までずっと海を眺めています。波の音を聞き、風の音を聞き、色とりどりのヤドカリの動きを追いかけるだけです。僕にとってこれ以上の最高な時間の使い方はありません。
沖縄に旅行に行ったというとよく「バナナボートとか乗ったの?」と聞かれます
「とんでもない!」と心の中で叫びつつ、冷静に「いえ、そういう類のものには乗っていません」と答えます。すると必ず「何してたの(笑)?」という決まり切ったつまらない返答がきます。「またか」と思いつつ僕は、「まあー色々と」と答えます。
僕が行くのは必ず沖縄本島ではなく、離島です。しかも石垣島や宮古島など比較的人口や観光客の多いところは避けます。僕が行くのは、久米島や小浜島などです。2~3時間もあれば島を1周出来き、車を運転していてもすれ違うのは数十分に1回。信号もほとんどなく、コンビニなんてありません。お昼を食べにお店に入っても、店の人がいなかったりする。そんな場所です。
とにかくゆっくりとした時間の使い方をすることが旅の目的です。にもかかわらず、バナナボートに乗り、ジェットスキーをし、クロールやら平泳ぎで海を泳ぎまくるなんて東京にいる時より疲れてしまいます。休暇を過ごすために沖縄旅行に来ているのに羽田空港を飛び立つときよりも到着した時の方が疲れているなんて僕にとっては全くもって意味不明です。
そんな僕が心から愛してやまない沖縄ですが、当法人ではイマイチの人気です。納得いきません。他方でダントツの1番人気を誇るのが北海道です。そうです。僕の出身地です。 そんな北海道出身の僕に事務所のみんなは「なんかいい店知らない?」とか「おすすめの場所は?」とか聞いてきます。僕にとってその質問はどんな質問よりも難しい質問です
なぜなら実家に帰る回数よりもはるかに沖縄旅行に行く回数の方が多いからです。
事務所の皆さん、これからは北海道の事ではなく沖縄の事を聞いて下さい。

名前;金田 稔(かねだ みのる)
出身:北海道札幌市
職歴:少しばかり型枠大工をしてました。
趣味:スポーツ全般、沖縄旅行
座右の銘:人事を尽くして天命を待つ

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る