A&A blog

晴海散歩

06.15

 私はよく家の近所の中央区の晴海ふ頭付近を散歩します。この周辺は海や川、運河に囲まれており、都心にいながら水辺の癒しを感じることができる場所です。先日も天気の良い休日の午後にウォーキングを楽しんできました。
 まず、勝ちどきの自宅を出て、月島ふ頭まで歩きます。月島ふ頭は隅田川の河口に面しており、右手に汐留から竹芝桟橋、正面にレインボーブリッジ、左手がお台場と、180度の景観を楽しめます。特に夜は東京の夜景がきれいな隠れた穴場です。また、ルアーでシーバス(スズキ)を狙う釣り人が昼夜を問わず多い場所です。ただ、残念ながらこれまで実際に釣れた瞬間は見たことがありません。私も釣りが好きなのでわかりますが、ルアーフィッシングはなかなか難しいのです。

 harumi1.jpg

 次に向かったのは、晴海ふ頭です。運河にかかった人しか通れない小さな橋を渡って、晴海ふ頭公園に向かいました。公園は海からの風が気持ちよく、ベンチに座ってビールを飲んだり、芝生で寝そべっていたりと、どの人もくつろいでいます。私もここで、座って少し休憩です。

 harumi2.jpg

 次に、公園と隣接している客船ターミナルに入ってみました。ほとんど人がいない1階から展望台に上がってみると、なんと展望台はコスプレの集団に占拠されていました。ここでコスプレのイベントが開催されているようです。客船はあまりこないためか、ターミナルではコスプレのイベントが定期的に開催されているようで、驚きです。

 客船ターミナルを離れ、埠頭沿いを歩くと、帆船と海上自衛隊の護衛艦が停泊しています。埠頭では海上自衛隊が警備しており、船には近づけませんが、埠頭沿いの道を海軍の軍服を着た外国の方が歩いており、服にはMEXICOの文字が見えました。後で調べたら帆船はメキシコ海軍の演習船クワウテモック号という艦船でした。晴海ふ頭には外国の艦船もよく寄港するようで、勝どき駅付近でも外国の海軍の人が歩いているのを見かけたことがあります。ちなみに護衛艦は船に乗る階段のところに「しらゆき」と書いてありました。

 harumi3.jpg

 埠頭沿いを晴海通り方面に歩くと、左の広大な空き地はかつての見本市会場があった場所で、現在はオリンピックスタジアム建設予定地となっています。子供のころにここで開かれた東京モーターショーに何度も来たことがあり、懐かしい場所です。なお、東京都は2016年のオリンピックを招致する予定ですが、東京の他にシカゴ、マドリード、リオデジャネイロが立候補しています。ただ、アジアの北京(2008年)、ヨーロッパのロンドン(2012年)の次は大陸の順番から言えばアメリカ大陸の都市に決まるのが順当であり、個人的にはシカゴが有利なのではないかと思っています。オリンピックの招致には賛否両論あると思いますが、前回の東京オリンピックから50年以上経過する年であり、再度招致してもいいと思っています。ただ、莫大な税金を投入してスタジアムを建設する以上は2016年の招致に失敗したとしても、その次(2020年)も立候補して欲しいと思います。

harumi41.jpg

 さて、ゆっくり散歩をしたので、家を出てから1時間以上たってしまいました。そろそろ家に帰ることにします。もし、散歩に訪れる方がいれば、築地あたりからスタートして、帰りは月島まで歩いてもんじゃ焼きを食べて帰れば、都心でもなかなかいい休日を楽しめると思います。

岡 賢治(オカ ケンジ)

東京都出身

最近はまっていること:これから沖縄の離島にはまりそうです

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る