A&A blog

囲碁について

03.18

初めまして。林と申します。
2019年12月にA&Aパートナーズに入所して初めてブログを書きますので、自己紹介もかねて趣味である囲碁についてQ&A方式で書きたいと思います。
 
Q:囲碁ってなに?
A:ボードゲームの1種で、細かいルールを省略すると陣取りゲームです。
 
Q:始めたのはいつ?
A:私は小学5年生の時から囲碁を始めました。
 
Q:始めた理由は?
A:始めたきっかけは何だったか今では覚えていませんが、何か人と違った特技があれば「かっこいい」とか思っていたように気がします。
 
Q:囲碁って儲かるの?
A:プロになると対局料やアマチュアへの指導料がもらえます。タイトルホルダーになると年収は1千万円を超える人もいます。一番稼いでいる人で年収1~2億くらい?ともいわれています。ただし、平均的なプロ棋士の年収は一般的な会社員と同じくらいではないでしょうか。
 
Q;囲碁をやっててよかったことは?
A:学生時代に何度か全国大会に出場できたことです。夏の全国大会は東京で開催されており、田舎に住んでいた私としては都会に憧れがありました。また、高校時代に冬の高文連の全国大会に出場した際は、学校の中間テストを正当な理由をつけて休むことができ、開催地の山梨県で観光をしていました。
 
Q;AIと人間はどっちが強いの?
A:現在ではAIの方が圧倒的に強いです。囲碁は19×19の盤面であり、着手の可能性が他のボードゲームと比較しても膨大に多いため、人間がAIに抜かれるのは数十年先だといわれていました。しかし、2016年3月にDeepMind社(グーグルの子会社)がディープラーニングを用いた囲碁AIを開発し、当時世界ランク3位か4位だった韓国のプロ棋士に勝ったのです(ディープラーニングに関する論文が発表されたのはこのすぐあとだったかと思います)。当時はAIがプロ棋士に勝てたのはたまたまではないかとも言われていましたが、現在は世界のプロ棋士がAIを使って勉強する時代になっています。
 

名前 林 裕治
経歴 大手監査法人、事業会社を経験後、2019年12月 A&Aパートナーズ入所

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る