A&A blog

中国のコーヒーの値段

02.22

最近、中国経済の悪化が懸念されていますが、これまで中国の都市部の物価は相当な勢いで上昇してきました。今回は、中国の空港で飲んだ高いコーヒーについてお話します。
昨年中国に出張にいったときのことですが、帰国時に空港で出発まで少し時間があったので、コーヒーでも飲んで待つことにし、カフェでコーヒーを頼みました。店員が写真付きのメニューを持ってきて、ナッツのようなものがついているコーヒーを指してこれでいいかというようなことを聞いてきたので、値段もろくに確認せずにOKと言ってしまいました。そして出てきたコーヒーに付いてきた伝票をみると、なんと98元!出発時の成田空港で両替したときのレートは1人民元・20円近くしたと思うので、コーヒー(ナッツ付)が1杯約2,000円!両替して残っていた人民元が足りなくなるほどで、あまりの値段の高さに驚きました。味は特に高級というわけではなく、全く普通のコーヒーでした。日本では高級ホテルのラウンジでもこんなに高くないと思います。
ちなみに、中国では最近までコーヒーは一般に身近なものではなく、高級品だったそうです。このため値段は高く、さらに空港のコーヒーは街中の倍はするほど高いそうです。加えて昨年の円安もあり、驚きの価格でコーヒーを飲むこととなりました。
なお、街中でも外資系のコーヒー店などのコーヒーはとても高いそうです(スターバックラテのトールサイズは30元程度だそうで、他国に比べて高いという不満が地元ではあるそうです)。
皆様も中国に出張や旅行に行く場合、コーヒーを注文する際はお気をつけください。

岡 賢治(オカ ケンジ)

東京都出身

最近はまっていること:これから沖縄の離島にはまりそうです

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る