A&A blog

ラリー

07.19

最近、メールの受信が多くストレスを感じている人がたくさんいるというネットニュースを見ました。ストレスに感じているのはメールの受信の多さだけではなく、その内容にも原因があるようです。気になった原因を記載します。
 
≪原因①:指示が曖昧≫
誰にいつまでに回答が欲しいのか不明確。例えば、宛先が複数でメールの本文にも回答者の特定がないメールや回答期限の記載がないメールにストレスを感じるようです。指示が曖昧で緊急性もなさそうなので受信者が回答を後回しにしていたら送信者から急ぎで回答を欲しいというメールをまたもらうなどのトラブルも多いとのことでした。
 
≪原因②:温度感の違い≫
終わりが見えないくだけた内容のメールのやり取りのCCに入っていたり、何をしたいのかわからないメールに巻き込まれたりすることにストレスを感じるようです。送信者も忙しいときにはそういったメールは送らないですからね。温度感の違いをときには意識したほうがよさそうです。
 
2023年5月25日に行われたバドミントン・マレーシア・マスターズの日本対マレーシアの女子ダブルスでは211回もラリーが続き、最長ラリーの世界記録更新として話題になっていました。ラリーは約3分20秒も続き、どちらの選手も疲労困憊の様子でした。公園で続けようとしても難しい記録ですね。

2014年3月23日に親子でのチャリティー企画で行われた卓球では8時間40分5秒というラリーの最長記録があるようです。それ以前の2009年8月には、日本テレビの「24時間テレビ 愛は地球を救う」のチャリティー企画で8時間34分29秒という卓球のラリー記録があり、これが当時の最長記録だったようです。
 
ビジネスに限らず人間関係において、ラリーが必要な場合が多々ありますが、お互いの意思疎通を前提とした心地よいやり取りを意識しないといけないなと改めて感じました。

松本 浩幸(パートナー)
<プロフィール>
1982年8月17日生まれ
2009年1月 監査法人A&Aパートナーズ入所
<モットー>
興味がないことは全く気にしない

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る