A&A blog

「Eco」を超えて

07.19

以前、ブログに「Eco」について書いたことがあります。当時は地球温暖化がメジャーになっていたところで、北極の氷壁が崩れる映像が盛んにテレビに出ていた頃でした。あれから早3年、今も確実に地球は温暖化しているようですし、北極の氷壁も崩れているでしょうが、今は「Eco」を超えて、「節電」です。もちろん「Eco」も大切なことに変わりないですが、今回のこの「節電」は、当時の「Eco」とは比較にならないほど、切迫し、実行することが迫られています。
6月30日、電力使用制限令が発動される前日、昨年の6月30日より気温が高かったにもかかわらず、消費電力は見事に昨年の15%減となったそうです。最近の電力会社から発表される情報の信頼性には疑問がありますが、もし本当なら、やはり日本人は「やるときはやる国民」だと思いました・・。ただし、大規模工場など大口需要家の影響が大きいと言われていて、はたしてこれが続けられるのか、経済に与える影響は、と考えると一概にこのままでいけるとは言い難いかもしれません。
ただ、やった方がいい「Eco」から、どこまで実行可能かの「節電」にシフトしていく絶好の機会であることは確かだと思います。熱中症になるような「節電」は続かないし、それは実行可能とは言いません。でも、昨年までは、エアコンの設定温度が低すぎて風邪をひくとか、上着がないと寒くて居られないような状態が、「Eco」ではないと言われながらも続けられてきました。今年はまさしくこれの止め時で、どの程度が熱中症にならず、風邪も引かない程度なのかを身をもって実験することが必要だと思うのです。駅が少しくらい暗くても、電車の本数が少しくらい間引きされても、続けばそれが当たり前になりますし、慣れれば、元に戻さなくても支障はないと思うのです。自分の中で、少しでも、「なんだ、これでもいいじゃないか」と思うことを見つけて、生活を見直すいい機会だと思います。
生活を見直すのに、あんな大変な被害が代償であることが本当に情けない限りですが、被害にあわれている方々のご苦労を無にしないためにも、ここを自分の中での変化の時としなければいけないような気がします。そして、その気持ちをいつまでも持ち続けなければいけないと思う今日この頃、いよいよ2011年夏の始まりです!
(話は、申し訳ないくらい変わるのですが・・)
昨年の春、このブログで40歳になったことを書いたところ、静かな反響があったようで、1年以上経過した、ついこの間にも「40歳になったってブログに書いたんだって?!」と驚かれました。女性が年齢のことを言う(書く)のはやはり珍しいようです・・。偶然ブログを書く順番の時に自らのトピックであったことを書いただけなので、本人としてはあまり「珍しい」意識はなかったのですが。
ちなみに今回のトピックは、この春、治るまでに1カ月かかった腰痛です。お陰様で、今はもうすっかり良くなりました。ご迷惑をおかけした方々に事情をお話しすると、以外に腰痛持ちの方が多く、共感していただくことが多かったです(私より若い方も多かった。念のため・・)。これを期に通い始めた整体の先生に、「筋肉の絶対量が足りません・・。」と、おしかりを受けたため、寝る前の腹筋を始めました(効果は残念ながら見えにくい・・)。ダンベルもテレビの前にあるのですが、これはまだ習慣になっていません・・。このネタを書くのは情けないと思いつつ、やはり忘れ難いトピックだったので、書いてしまいました・・。

町田 眞友(まちだ まゆ)
<プロフィール>
長野県出身、中央大学商学部卒業後、中央監査法人に入所
2007年7月、監査法人A&Aパートナーズに移籍

<趣味>
美味しいものを少しのお酒とともにいただくこと (今日も美味しかった・・)

<モットー>
楽しい時はいつも通り明るく、困難なときほど落ち着いて明るく。

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る