A&A blog

「週末の過ごし方」

09.29

ついに順番が回ってきてしまいました。

忙しい、忙しいと言い続け、ブログを書く順番を飛ばしてもらったこと2回。

私を除いた事務所の全員がブログ書いたようで、もう後がありません。

坂本社員からは2日置きにブログ原稿の督促メールが届き、書かないわけにはいかない状況になったようです。

私は本当に文章を書くのが苦手でした。

小学生の時から作文の宿題は提出せず、絵日記は絵を描いて終わりでした。

手帳ですら、こまめに書き込みするのは夏ぐらいまで、秋以降あまりに汚い字で後から読み返すことができない状態です。(これは文章を書くのが苦手という問題ではなく、私がズボラなだけでしょうか?)

本当に文章を書くのが嫌いです。

さて、私たちの事務所も、大所帯となって(それでも小さな事務所です)新たな一歩を踏み出してから早12ヶ月が経ちました。

私がこの事務所に入ったのは、「この人たちと仕事がしたい」という、この程度の理由からだったと思います。

私は不器用な方ですから、みんなについて行くのがやっとでした。

休日返上で仕事をしたこともかなりあったと思います。

でも、最近は、少しは余裕が出できた気がします。

休みの時は、できるだけ体を動かすようにしています。

学生時代はずっとバスケットボールに打ち込む、20代中頃までは草ラグビーを楽しんでしました。

草ラグビーといっても、日曜日に試合をしたら打撲・筋肉痛で、痛みがなくなるのが木曜日ごろ、「これでは仕事にならん」と思って、ラグビーからは遠ざかりました。

それでも体力には自信があった方で、30過ぎのころは、また体を鍛えれば若いころの体力は戻ると思っていました。

かなりの勘違いがあったかもしれません。

今は、少しでも老いを防ぐために、運動しなくではと思っています。

運動とはいっても、たまの休みにジョギングをする程度です(走る、とかマラソンではなく、ジョギングです。でも、以降は走ると書かせてもらいます。)。

河原とかではなく、山を走るようにしています。

平坦な道を走るには、本当に根気が必要です。

同じように思っている人も多いのではないでしょうか。

その点、山を走るのに根気は要りません。

山といっても、走るのは尾根だけです。

尾根は、緩やかなアップダウンの繰り返しで、走っていて飽きがきません。

先日も以下のルートを走ってきました。

京王線高尾山口駅 → 高尾山頂 → 大垂水峠 → 峰の薬師(姿三四郎決闘の地) → 津久井湖 → 京王相模原線橋本駅

走ったのは高尾山頂以降、だらだら走って、歩いての約3時間コースでした。

筋肉痛がきたのも翌日の月曜日、少し若返ったかなと勘違いしている今日この頃です。

さあ、20代の体力を取り戻すぞ!

佐藤 禎

<プロフィール>
昭和40年10月22日生
早稲田大学商学部卒業

<モットー・信条>
Rome was not built in a day.(少し前、塩野七生さんの本にはまっていました。)

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る