2009.08.31

世界遺産白神山地

 突然ですが白神山地ってご存知ですか?

 白神山地、それは青森県の南西部から秋田県の北西部にかけて広がる山地で、人の手が加えられていないブナの原生林からなる地域です。姫路城や屋久島とともに1993年に日本で最初に世界遺産に登録されています。全体の面積は13ha、そのうち約17haが世界遺産に登録されています。

 私は先日この白神山地に行って参りました。

 なぜ白神山地へ行くことになったのかというと、自然と触れ合って日頃の疲れを癒しましょう!というものだったのですが、行ってみてビックリでした。

 まず初めに驚いたのは、白神山地への道路の整備状況の悪さです。テレビなどで見かけるラリーカーが走る道をさらに悪くしたような山道を40キロほど走らされてようやく白神山地スタート地点に到着することができます。私はこの道をレンタカー(車種はデミオというコンパクトカー)で走ったのですが、途中で車が壊れるんじゃないかと思うほど、まあ揺れて揺れて・・・もう二度と走りたくないですね。後で聞いたのですが、その山道では転落事故が多発しているらしく行った日の前の週でも事故があったらしいです。ちなみに白神山地へは2ルートあり、私が走った山道は日本海側からのルートで、弘前側からのルートは整備された走りやすい道路でした。

 凸凹道をレンタカーで走りやっと白神山地に到着、さあここから白神山地を歩きましょう!というところで次に驚いたのが今度は登山道の整備状況の悪さです。

白神山地を1時間ほど歩くツアーは整備された歩きやすい道を歩くらしいのですが、せっかく行ったら白神山地を満喫したいと考えた私たちは4時間半のコースを選択。しかしこれが裏目に出てしまいケモノ道のようなところを歩かされました・・・草をかき分けて歩いたり、ザイルの様なものを使って下ったりと登山家になった気分です。しかも登山中に熊の糞が道の真ん中に落ちていてガイドが言うには早朝出したばかりの糞らしく・・・本当にケモノ道でした。

しかし、悪いイメージの驚きばかりを紹介していますが、白神山地も悪いものばかりではありません。私がこの旅で一番驚いたのは、やはり白神山地の大自然の素晴らしさです。山頂からの景色は人の手が加えられものが一切ない広大な緑、耳を澄ませば風の音と鳥の鳴き声しか聞こえません。そして何と言っても空気がうまい!普段排気ガスまみれの生活を送っている私には何よりのご馳走でした。

yaamoto1.jpg yaamoto2.jpg

 最後に白神山地に行こうと思っている人へのアドバイス。

 白神山地はハイキングというより登山です。私はハイキング気分の軽いノリで行ってしまいましたが、山道は結構辛いです。靴は登山靴にしましょう。

 また、登山中ハチに狙われることが多々あります。長袖、長ズボンで行きましょう。

 熊に遭遇したら、手を大きく伸ばしウォーと威嚇しましょう。熊は相手が大きいと襲わないらしいのです。

最近は旅行と言えば海外と思いがちな方が多いと思いますが、日本にもまだまだあなたの知らない素敵なスポットがいっぱいありますよ。

是非今度旅行を企画する際には白神山地を候補に挙げて下さい。

山本 敬二郎

 モットー
 『人生楽しく!!!』

東京下町生まれの下町育ち。

東海大学工学部動力機械工学科卒業

07年公認会計士試験(旧二次試験)合格後、監査法人A&Aパートナーズに入社。

2009.08.24

「拭く」ということ

最近、拭いてます。

何をというと、家の中のものです。

レーシックの手術をしてからというもの、乱視が治ったので小さな物でも良く見えるようになりました。

おかげで、掃除機をかけた後の床の埃もよく見えます。

掃除機で舞った埃が、床に戻っているようです。

また、乱視だったので気づかなかったのですが、手で触ったところは時間が断つと結構汚れています。

 

この様な家の中の汚れ達ですが、雑巾で拭くととても綺麗になるのです。

ただ、水拭きでは限界があるので洗剤を使います。

常用しているのは、「かんたんマイペット」です。

これはすごく落ちます。

特に、煙草のヤニには効果抜群です。

シュッと一拭きすると、ヤニがジュワッと浮き出てきて、雑巾でサッと拭くと黄ばんでいた換気扇の周りが白く元に戻ります。

これは単純に快感です。

作業中は無口になります。

完全に私とヤニとかんたんマイペットの世界です。

邪魔はさせません。

 

それ以外にも、窓枠、ドアノブ、引き戸の銀色の部分、木目の家具等、とにかく拭いてまわるととても綺麗になります。

さらさらになります。

満足します。

 

ただし、この作業結果について他人から報いを得ようとしても無駄です。

あまりに些細すぎて、誰も気づかないからです。

何て好都合!

他人が気づかないということは、自分の好きなタイミングで拭けるということです。

拭いても、拭かなくても私の自由。

なので、のらりくらりと楽しんでます。

 

最後に一言:拭くって楽しいな

モットー・信条:迷ったらやっちゃえ

 高野 千弦
(モットー)
一日一膳 どーせ眠くなるだけだし

 

2009.08.17

残暑お見舞い申し上げます

 zannshomimai.jpg

  残暑厳しき折、皆様におかれましては、   

  くれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。      

  誠に勝手ながら当法人は、

  8月17日(月曜日)~8月21日(金曜日)まで

  夏季休業とさせていただきます。

  大変ご迷惑をおかけいたしますが、

  何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。 

                 

平成二十一年  晩夏

logo.JPG

logo2.JPG

監査法人A&Aパートナーズ

2009.08.10

コントラバス

最近知ったのだが、私はどうも目立ってしまうらしい。そう!良いことも悪いことも。しかし、本当は目立たぬように過ごしたい。目立たずいい仕事をしていたい。何となく「いぶし銀」の働きというものに憧れる。だが現実は、どうも上手くいかない。なぜだろう?無口になればいいのか?いや、仕事中はそんな無駄口叩いていないはずだ。ではなぜ…

などと、自問自答を繰り返しながら過ごす日々。皆さんいかがお過ごしでしょうか?今年は梅雨が明けても梅雨っぽいですね!見かけるNEWSも湿っぽいですね!そんなこんなで、もうブログの季節です。徒然なるままに書くと決めているため、今回はなぜかオーケストラのお話をしてみようかと思います。

 アイネ・クライネ・ナハトムジークって有名ですよね。学校の音楽の授業でも取り上げられ、CMでも昔からよく使われているあの曲です。このアイネ・クライネ・ナハトムジークは家でも頃よく聞いていましたが、何百年も世界の人々に愛されるのも納得。非常に素晴らしい曲だと思います。余談ですが、このアイネ・クライネ・ナハトムジーク、どんな意味か知っていますか?ドイツ語で「eine kleine Nachtmusik」。
eine=one=
ある、1つの

kleine=小さい

Nachtmusik=nightmusic=夜の曲=セレナーデ、小夜曲
という意味で、「小さな小夜曲」と表記されたりします。

さて、アイネ・クライネ・ナハトムジークは弦楽器にヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスを用いて演奏されることが多いようです。先日TVでこのアイネ・クライネ・ナハトムジークを題材に授業をしていました。

まず、最も重低音の楽器コントラバスを抜いて演奏。主旋律のヴァイオリンが演奏していたおかげで普通に聞き慣れた曲でした。

次に、コントラバスを含めて演奏。他の曲を演奏しているのではないかと耳を疑わんばかりの臨場感。先ほどの演奏とは明らかに違います。コントラバスは普段主役になることはないのに陰ながら曲全体にアクセントを加えていることがよく分かりました。まさにそう!オーケストラの隠し味。いぶし銀の働きでした。

このTVを見終わった時に思いました。私もコントラバスのようになりたい。

太田 洋介
(プロフィール)
埼玉県立浦和高等学校卒業。慶應義塾大学卒業。
2007年、公認会計士試験合格。同年、監査法人A&Aパートナーズ入所。2011年公認会計士登録。

(趣味)
テニス、麻雀、三国志大戦(ゲーセンです…)

(メッセージ)
Be of good use(役に立つ)をモットーに生きています。

2009.08.3

お仕事の話し

監査法人A&Aパートナーズも丸2年を迎えましたが、会計士補の時代から通算で私も丸20年を迎えようとしています。過去のブログを見ても我々のお仕事の話は皆無なので、過去の自身の経験したお仕事を振り返って印象に残っていることを一部ご紹介します。

監査の手続に「実査」という手続きがあります。簡単に言うと、現金等を監査人が実際に数えてみて、帳簿の数字等と合っているかどうかを確認する手続きです。この「実査」についての印象に残る出来事をご紹介します。

1.初めての実査

入所して現場へ出て2週目のこと。

主査「君、明日の朝、9時前に来て(注1)現金数えてくれない?」

私「分かりました。どうやればいいんですか?」

主査「現金を数えてくれればいいんだよ。」

私「・・・。」

当時は、監査手続書なるものもなく、何をどうすれば良いのか分からない状態で、新人にこの回答でした。

翌朝、9時前に会社へお伺いし、現金実査なるものにチャレンジ!しかし、そこは某金融機関の某支店だったこともあり、数える現金の単位が1億円ぐらいありました。現金カウンターを利用させていただき、何とか無事終了。初めての現金実査が、今まで見たことの無かった金額で印象に残りました。

(注1)通常10時に会社へお伺いすることが多いので、9時前というのは、結構早い時間です。

2.IPO準備会社の実査

入所して数年経過した頃、IPO準備会社(注2)が監査契約後、初めての現金実査を受けた時のこと。

私「では、金庫の中の現金を数えさせてください。」

担当の女性「わかりました。この中に入っています。」

差し出された手提げ金庫の中の現金を私は数えていく。

私「この紙で包んでセロハンテープで留めてある1円玉の袋を開けて数えても良いですか?」

担当の女性「はい、どうぞ。20枚入っています。」

数える私。

私「すみません。19枚しかないんですが。。。」

担当の女性「・・・。」

その後、1円を現金過不足として雑損失処理をしていただきましたが、無事、数年後IPOを果たしました。

(注2)株式上場(当時は店頭公開含む)を目指す会社のこと。

3.ありえない金額の実査

入所から大分経過した時のこと。

主査「現金勘定が○○億円もあります!」

私「えっ?聞いてないし!今からでも現物を確認しないとまずいじゃん!」

何故、保有していたかの理由はさておき。

私「一体こんな金額、何処に保管されているんですか?」

会社担当者「△△倉庫(注3)に保管されています。××銀行がわざわざ日銀まで行って、輸送してくれました。」

日程を打ち合わせし、当日、会社担当者や主査と△△倉庫へ向かう。

いざ、紙幣とご対面。こんな金額の現金には2度とお目にかかれないと思い、感慨深い気持ちになりました。また、今まで100万円の束を10重ねた1000万円の束なら見たことありましたが、更に2億円の単位でビニール包装されていることは、ここで始めて知りました。

(注3)一般の運輸倉庫とは異なり、厳重な造りと厳重な警備体制がとられていますので、くれぐれも変な気は起こさぬように!

ここでご紹介した「実査」は監査手続の一部ですが、監査を実施していると面白いこと?に沢山遭遇します。しかし、守秘義務の関係もございますから多くは話せませんので、今回はこの辺で。

加賀美 弘明(かがみ ひろあき)

最近思うこと:何かと難しい時代なので、バブル時代を懐かしく思います。