A&Aパートナーズの強み

「A&Aパートナーズの強みって何?」
「A&Aパートナーズで働く魅力ってどこにあるの?」
こう問いかけられた時、A&Aパートナーズの組織力の高さについて語らずにはいられません。

一人ひとりの強さが組織の強さとなる

監査法人A&Aパートナーズは、総勢50名強の、いわゆる中堅監査法人です。
そのため、監査クライアントは、30社近い上場企業を含め、日本国内を中心に活躍されている中堅の企業が中心です。したがって、一人ひとりの会計士は、あるクライアント業務に年中かかりっきりというようなことはなく、必然的に複数のクライアントを担当することになります。
そして、A&Aパートナーズのクライアントの業種は、製造業、小売業、建設業、飲食業、IT関連から金融業まで、多岐にわたります。
このような環境の中で、A&Aパートナーズの会計士は、誰もが、知識や経験に偏りのない、様々な業種業界のクライアントに対応可能なプロフェッショナルへと育ってゆきます。
これは、監査業務に限った話ではありません。
A&Aパートナーズでは、監査業務以外に、株式上場支援、内部統制構築・評価支援、IFRS導入支援、デューデリジェンス、各種評価業務、その他さまざまなサービスを提供しています。
これらのサービス業務についても、A&Aパートナーズの誰もが携わる機会を持っています。
こうして、一人ひとりが真のプロフェッショナルとして育つことにより、監査チームその他のプロジェクトチームをどんな組み合わせで組成しようとも、常に最高のパフォーマンスを発揮することができます。
このように、高品質なサービスをいついかなるときでも提供することができる体制、それがA&Aパートナーズの組織力です。

仲間のために頑張ることが組織の強さとなる

A&Aパートナーズの特長の一つに、判断や意思決定が柔軟かつ迅速であることが挙げられます。
これは、全員の顔が見える、小規模な組織の利点でありましょう。
しかし、ただ単に組織が小さければ、柔軟で迅速な判断や意思決定が可能になる、というわけではありません。
そこには、信頼関係が不可欠です。
では、A&Aパートナーズでは、どのようにして信頼関係を育んできたのか。
それは、社訓の一つでもある「仲間への貢献」の意識です。
個人が活躍できるのは、仲間の支えや助けがあってのこと、そういった謙虚な気持ちを持ちながら、自分もまた仲間を支えたり助けたりする。このような風土がA&Aパートナーズには根付いています。
そして、仲間とは、A&Aパートナーズ内部のみを指すわけではありません。提携先の専門家や協力関係にある方々など、A&Aパートナーズの外部にもたくさんの仲間がいます。
そうした「仲間への貢献」を大切にしながら、A&Aパートナーズは少しずつ成長してきました。
このように、柔軟で迅速な判断や意思決定を生む仲間との強い絆、それがA&Aパートナーズの組織力です。

Copyright 2020 採用ページ