A&A blog

鍼治療

05.23

デスクワークの宿命『肩こり』皆さんはありますか?
私も例にもれずですが厄介なことに自覚のない肩こり持ちです。
よく「こってるね~」なんて言われますが自分ではまったく分かりません。
それならそれで辛さ知らずでいいじゃないか、などと思われるかもしれませんがトンデモナイ!
こりにこった肩の痛みがある日突然やってくるのです。
痛みの種類は大まかに二つで頭痛と腕の痺れ(じわじわ痛い)。これが死ぬほどつらい!
頭痛も腕の痺れも痛みは普通に座ってもられないほど。あわててマッサージを探しますがさすがオフィス街、予約がいっぱいで夜の飛び込みはなかなか受け付けてくれません。
辛い体を抱えて地元のマッサージを探しても世の中よほどお疲れな方が多いのかどこも予約がいっぱい。ようやくお店を見つけて「90分コースで肩を重点的に…」なんてほうほうの体でお願いします。
「こってますね~大丈夫ですか~背中も首もひどいですよ~」などなど言われつつ90分後なんとか普通にしていられるまでは復活。ここからもう2~3日通いやっと苦痛とおさらばです。酷いときは頭痛で2週間ほど通いました…(肉体だけでなくお財布にも大ダメージ!)
もっとすっきりさっぱり1回でどうにかなる方法はないだろうか?
そこで目をつけたのが鍼治療でした。
しかし私は注射嫌い。小学校時代は予防接種が嫌で逃げ出し、先生に捕まえられ泣き喚いた思い出もあります。さすがに今は逃げずに受けますがそれでも怖いものは怖い。でも肩も痛い。
ということで思い切ってやってみました鍼治療。
飛び込みで断られることが多かったのでまず電話予約。事務所近くの鍼灸・マッサージ店です。鍼とマッサージで90分コース8,500円。自分に発破をかけるためにも思い切りました。
仕事が終わり一目散にお店へ、緊張しながら名乗れば若いお姉さんが迎えてくれます。
マッサージ師が多いお店は受付の時点から担当の人がやってくれるところが多いみたいですね。お姉さんに案内されカーテンで区切られた個室で背中の開くパジャマのようなものを着ればスタンバイOK、治療開始です。
「ではうつぶせになってください~」
ドーナツ型枕に顔を埋めると心やたら大きな自分の心臓音が聞こえました。
「あ、あの鍼初めてなんで…」
「じゃあ苦しかったり辛かったら言ってくださいね。すぐやめますから」
消毒液のヒヤっとした感触に怯えながらいざ本番。ツボを探る指に心臓をバクバクさせながら(刺されてしまう!)と力を入れれば『とんとんぷすっ』と非常に軽い衝撃が。
あれ?ちょっとチクっとしたような感じがあるけど痛くない?
「大丈夫ですかー?」
「だ、だいじょうぶです」
「じゃあ次行きますねー」
とんとんぷすっ、とんとんぷすっ
最初は肩に、続いて首、頭、足、腕、手、いろんな場所にとんとんぷすっ。
まったく痛くありません。
場所によっては刺されているかも分からない。
ただ鍼をぐーーっと押しこむ時にこりのある場所に当たると『ずーん』だとか『びりびり』という感触はあります。
痛みがないことにすっかり安心して色々話していれば45分の鍼はあっという間に終わってしまいました。続きのマッサージの方が痛いくらいです。
90分にちょっと足してもらって100分くらいでしょうか、終わってみれば肩すっきり頭すっきり。私の体質にはぴったりだったようです。
それからは何かあれば鍼鍼鍼。すっかり気に入ってしまいました。
今は美容鍼と言われる顔にする鍼も試してみたいな~と思っていますがまだ踏ん切りはつきません。
ただ一度やってしまえば癖になってしまいそうな予感も。
興味がある方は一度思い切って受けてみたらいかがでしょうか?

福沢 育子(ふくざわ いくこ)
ソフトウェア開発業を経てAAPへ。事務所のシステムやPC関係のお手伝いをしています。

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る