A&A blog

はじめまして。

10.30

アドミ・サポート職員として入社しました伊藤優子と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。
わたしの出身地は秋田県なのですが、小さいころは冬になると秋田市内でも背丈以上の雪が積もり、長靴と防寒ウエアで着膨れしながら登下校が大変だったことを覚えています。
今では温暖化の影響か年々降雪量が少なくなり、降ってもすぐに融けてしまうことが多いそうです。
車社会の秋田では、市内に関しては昔のようにカチカチに路面凍結することが減ったのでかえって運転が楽になったと家族などは話しています。
さて、話がすこし逸れてしまいましたが、大学進学で東京に出てきた当初は、自分が育った土地にあまり関心がなく、実際に生活していて日常的に感じていた不便さであったり、ネガティブな印象を持っていたため、出身地を言うのに何となくいやな感覚がありました。
しかしながら、わたしが大学生の頃の十数年前を思い出してみても、その頃と比べると東北のイメージが大きく変わってきたように感じます。
わたし自身もまた、外から見ることで今まで見えていなかった良さに気付いたというのもあると思います。
東日本大震災をきっかけに、世間の目が東北に向けられるようになり、東北の良い文化や伝統を知る機会が増えました。
秋田は米どころとして有名ですが、きりたんぽ鍋やハタハタといった地産品、海と山に恵まれ湯治場など良質の温泉も湧きます。
昨今の日本酒ブームで、昔ながらの酒蔵から斬新な銘柄が生まれるなどして人気を集めています。
このように、自分にとっては当たり前だったものが多くの人の関心を引き、親しまれるようになったことを今ではうれしく思います。都会にいるからこそ故郷があることの有り難みを感じるこの頃です。

伊藤 優子
(プロフィール)
秋田県出身、7月生まれ、O型

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る