A&A blog

あーでもない、こーでもない

03.02

土日の朝は、特に用事がなければ、たいてい6時くらいに起きる。そして、そそくさと着替えて、ゴルフ練習場に行くのである。日の出から営業を開始している練習場が近くに発見してからというもの、かれこれ何か月かこれを続けている。最近では630分くらいには、練習場の打席に到着している。

当初は、なるべく娘と遊ぶ時間を確保できるように、娘が寝ているうちに自分の趣味を楽しむのが早朝に練習場に行く目的だったが、今では、早朝に行くこと自体が、ストレス解消というか、気分転換というか、なんだか気持がよくて続けている。

到着すると、まず、あったかい缶コーヒーを買い、一服する。まず、この時間が、最高である。朝の空気は、きりっと引き締まっていて、邪念がないというか、妙に心が落ち着く。そのあとは、軽いストレッチをしながら、スイングのことだけを考える。そして、1時間くらいかけて、50球くらい打つ。「あーでもない、こーでもない」と、考えながら。この「あーでもない、こーでもない」の根拠が非常にあいまいだから、いつまでもこの「あーでもない、こーでもない」を続けている。これがまた楽しい。

このあいだの土曜日は、この朝練のあと、娘と自転車の練習をした。補助輪はずいぶん前にはずし、1か月か2か月に1回くらいのペースで気の向いた時に、転ばない程度に練習していたが、前回乗った時くらいから、少し雰囲気が変わっていた。密かに今回あたり乗れるようになっちゃうんじゃないかと思っていた。それがびっくり、突然乗れるようになった。というより、もうなっていた(開眼でもしたのだろうか)。このあいだまで、一瞬手を放す程度しか乗れなかったのが、乗れるようになり始めると、これが、10m、20mと広がり、スグに平らでまっすぐなら100mでも200mでも乗れるんじゃないかというくらいまでになった。娘は大喜びだが、親は大変。乗れるといっても、方向転換やブレーキの加減はまだわからないから、僕は娘の自転車の横を走り、交差点近くではダッシュして先回りして、車が来ないことを確認する、の繰り返し。久し振りに走った。足はガクガクである。

あくる日も、朝から練習場に行った。そこで一服しながら、こんなことを考えた。・・・たまに、ゴルフの上達を、自転車に乗れるようになることに例えたりしているよなぁ・・・初めて自転車に乗れるようになるとき、腕はこうすべきだとか、足はこう使うとか、「あーでもない、こーでもない」と考えているわけじゃない。自然に重心を感じて、自然に乗れるようになる。しかも、乗れるようになったら、忘れたりしないとか・・・まじ?じゃあ、俺の「あーでもない、こーでもない」は無駄?・・・。こんなことを考えながら、また「あーでもない、こーでもない」を繰り返す。やっぱり、ゴルフは楽しい。

久保田寛志
(プロフィール)
2000年公認会計士2次試験合格後、みすず監査法人(旧中央青山監査法人)へ入所。その後2007年7月に監査法人A&Aパートナーズに入所。現在に至る。

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る