A&A blog

徒然草

05.30

 作品名どころか内容の一つや二つはご存知の方が多い有名作品です。まったく勉強しなかった高校時代、この作品にだけは心奪われてしまいました。

 わざわざ説明する必要もないと思いますが、吉田兼好が著者とされ、清少納言の「枕草子」、鴨長明の「方丈記」と合わせて日本三大随筆の一つと評価されています。

 今回は、この中でも特に私がお気に入りの「高名の木のぼり」という一説を紹介したいと思います。とはいってもかなり有名な一説であるため、ご存知の方は読み飛ばしていただけますと幸いです。

 

『高名の木のぼり』

(徒然草 第百九段抜粋)

 高名の木のぼりといひしをのこ、人を掟てて、高き木にのぼせて梢を切らせしに、いと危く見えしほどはいふ事もなくて、降るる時に軒長ばかりに成りて、「あやまちすな。心して降りよ」と言葉をかけ侍りしを、「かばかりになりては、飛び降りるとも降りなん。如何にかく言ふぞ」と申し侍りしかば、「その事に候ふ。目くるめき、枝危きほどは、己が恐れ侍れば申さず。あやまちは、やすき所に成りて、必ず仕る事に候ふ」といふ。

 あやしき下臈なれども、聖人の戒めにかなへり。鞠も難き所を蹴出してのち、やすく思へば、必ず落つると侍るやらん。

 

(訳)

 有名な木登りだといわれている男が、人を指図して高い木に登らせて梢を切らせていた時、とても危なく見える間は何も言わないで、降りてくる時に軒の高さくらいになったところで、「けがをするな。注意して降りろよ」と言葉を書けたので、それを見ていた私が「これくらいの高さであれば、たとえ飛び降りたとしても降りられるでしょう。どうしてそう言うのですか」と申したところ、「そのことでございます。高くて目がくらみ、枝が折れそうで危ない間は、自分で恐れて気を付けますから、注意しろとは申しません。ケガは、安全な所になってから必ずするものでございます」と言いました。

 身分の低い者でありながら、その言葉は聖人の教訓(儒教の「易経」にある「君子、安くして危うきを忘れず・・・」)にかなっています。蹴鞠の鞠も、難しいのをうまく蹴った後で安心すると、必ず失敗して鞠を落とすそうですしね。

 

 高校時代、この一説を初めて読んだ時、その描写の素晴らしさと何よりもその教訓に感銘を受けました。この教訓は、その後の人生において最も大切にしているものの一つとなっています。

 会社経営や日々の会社業務においても、緊張感を持って業務を行なっている時は、案外ミスは起きないものですが、主要な業務が終わり、気が緩んだ時にこそ失態を起してしまうものです。こんな文章を書いていて、後半部分に誤字脱字があったら大変ですが・・・

 

 上記以外にも、徒然草には、様々なためになる教訓が載せられています。ドラッカーの「マネジメント」に飽きた方は、もう一度読み返してみるのはいかがでしょうか。

<氏名>
吉村 仁士

<経歴>
早稲田大学商学部 卒業
中央青山監査法人 入所
平成19年7月 監査法人A&Aパートナーズ 入所
現在に至る

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る