「株式上場準備オンサイト支援サービス」とは?

執筆者:藤浦宏史氏(株式会社アガットコンサルティング・代表取締役)

※所属・肩書は掲載当時のものです。

株式上場の申請前2年間にかかる管理部門関連のコストは年間約5千万円、このうち開示や内部監査などに高度な技量を持つ管理部門責任者などの人件費が約半分を占めます。管理部門責任者(以下、CFO)については、事業状況を深く理解し、適切な管理体制を整備してもらうために、少なくとも上場の4年前には雇用する必要があります。つまり、約1億円のコストがかかるということです。

たとえ雇用できても、社風に合わない、期待していた技量を持ち合わせていないというリスクもあります。ステージ(初期段階、ミドルステージ、レイターステージ)ごとにCFOへの要求スペックは変化していくからです。

過大な費用とリスクの負担は上場を目指す企業にとっては大きな障害となります。

必要なスペックを、必要な時だけ、外部から低コストで調達し、さらに、そのノウハウを社内に共有し、CFOとなる人材が育成できれば理想的ではありませんか?

このようなご要望にお応えするために、アガットコンサルティングでは、「株式上場準備オンサイト支援サービス」をご用意しております。本サービスは、各ステージに合わせて、必要十分なスキルを低価格でご提供しながら、そのノウハウを貴社に移管するので、社内でのCFO育成に大きく貢献できます。また、作業者レベルのマンパワーが不足している場合は、これらを代行するオプションもありますので、リソースが準備できるまでの時間を無駄にしなくてすみます。

上場企業の決算プロセスの仕組化で多くの実績を持ち、上場企業のCFOや経理部に強いネットワークを持つアガットコンサルティングだからこそ提供できるサービスです。

詳しくはhttp://www.agateconsulting.jp/IPO/をご覧ください。

2014/04/11 発行 IPOかわら版【第20号】掲載

東京事務所アクセス定期採用サイト2017会計監査人との”連携”豆知識そろそろIFRS?今さらながらの内部統制木村さきの憂鬱IPOかわら版安藤エイタのIPO物語採用情報採用情報

ページ上部へ戻る