2015.06.29

日本最後の秘境

日本の秘境と聞いてどこを思い浮かべるでしょうか?
秘境の地と呼ばれるところは様々あるとは思いますが、その一つが「雲ノ平」と呼ばれる高原です。

雲ノ平は、黒部川の本流と支流に挟まれた標高2,500m~2,700mの北アルプスの最深部に位置します。雲ノ平に行こうと思っても、どの登山口からでも一日でたどり着くのは困難であることから秘境の地と呼ばれています。雲ノ平には高山植物が多く、日本庭園、ギリシャ庭園、スイス庭園など8つの庭園の名称が付けられた場所があり、周りを見渡せば黒部五郎岳、鷲羽岳、水晶岳、野口五郎岳など、素晴らしい山々を見渡すことができます。

私が山登りにはまってから、ずっと行きたかったところですが、ついに今年チャレンジする予定です。北アルプスの山々を見ながら、高山植物に囲まれてキャンプする、考えるだけで今からわくわくしてきます。本来であれば、実際に行ってきた景色、感想をお伝えしたいところでしたが、ブログの順番が回ってきた関係で雲ノ平のご紹介だけとなりました。次回のブログで実際の様子をご紹介できればと思います。

ちなみに去年は後立山連峰(鹿島槍ヶ岳~唐松岳)を縦走してきました。あいにく行動時間のほとんどが雨という悪天候で、せっかくの北アルプスの景色が見られなかったのは残念でしたが、それはそれでとても楽しい山行でした。
20150629_01

20150629_02

間所 拓平
〈プロフィール〉
福井県出身
2009年4月に監査法人A&Aパートナーズに入所
〈行ってみたい国・場所〉
シンガポール、ネパール、ミャンマー、ボリビア、アメリカの国立公園
〈今年の目標〉
雲ノ平でスローキャンプ

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。