2015.05.25

片づけ下手

私にとって、最も苦手なものが部屋の片づけです。子供のころから全くの苦手でした。自分の部屋の床が見えないことが当たり前で、それに対して特に苦痛も感じませんでした。なぜ片づけが好きでないのでしょうか?洗濯ですと、仕上がった洗濯物のほのかな香り、手触りの良さ等が、ご褒美として与えられます。炊事の場合は、自分の好きなものが食べられるというご褒美があります。自分にとって、掃除からは何もご褒美がもらえないように思えます。掃除の後、掃除機に貯まったゴミを捨てるのも、嫌な作業の一つです。そもそも掃除、片づけを好きか嫌いかで判断するのではなく、義務として考えた方が良いのかもしれません。

義務であるなら、なぜすぐにやらないのでしょうか?多くの人は、義務は義務として、行動すると思います。自分の場合は、生来の怠け者であることが、それができない原因です。若いころ、ペルシャ文学の「ルバイヤート」という詩集の中に、“明日できることは今日するな”というような表現があり(あったと思いますが)、私をおおいに勇気づけてくれました。

仮に損得計算をしたとするならば、間違いなく「先送り」は大きなマイナスをもたらしていると思います。

そのマイナスの一つが、子供のころに起りました。あまりに散らかっている私の部屋を見た母が、見かねて片づけてくれたことがありました。片づけてもらったことに対して、感謝すべきところですが、正直に言いますと、片づけられると、何がどこにあるのか全く分からなくなってしまいます。他者から見て目を覆いたくなるような散逸状態でも、自分では何がどこにあるのか、ある程度掌握できているものです。私なりの管理方法として、お年玉で貰った10円札(私の子供のころには、10円、50円、百円紙幣がありました)を、大切に新聞紙で包んでいました。なんと、母は中も確認せず、ただの古新聞として、庭で燃やしてしまいました。私にとって、模型を買うための大切なお金でした。1週間程経って、大切な新聞が無くなっているのに気が付きました。
「母さん、新聞紙で包んであった10円札知らない?」
「エッ、お金が入っていたの?庭で燃やしたよ!」
この事件以来、お金はお茶の缶に入れることにしました。
今思えば、私が新聞の切り抜きをするようなことは絶対にないことを、母親は知っていたはずです。まだ悔しい気持ちが、心の片隅に残っているのです。

「片付けとは、捨てること」と最近テレビで見ました。片づけコンサルタントの教えです。日本の女性ですが、世界的にも著名な人物のようです。したがって、思いつきで言っているのではないようです。例えば、衣類の場合、同じ種類のものを集め、一つ一つ手に取り、「これ着たい!」と心ときめくものは残し、あとは惜しげもなく捨てることだそうです。
そのコメントを聞き、じっくり考えました。ついに積年の原因が究明できました。
ときめくかどうか以前に、今の体型ではとても着ることができないようなものでさえ「とても捨てられない!」。要するに単にケチ。ケチだから捨てられず、貯まる一方。片づける気にはなれない、だから片づけ下手。

そういう私でも、多少の意地、あるいは向上心があります。ゆめゆめゴミ屋敷の主人とは呼ばれたくはありません。子供のころと違って、見える床の面積はかなり拡大してきました。自分ではそれなりの進歩と思っています。まだまだ、ケチ根性との戦いは続くでしょう。

テレビショッピングでよく見る自走式の掃除機が、私の部屋を縦横無尽に動き回る時代の到来を、消えることのない夢として持ち続けます。

進藤 直滋

私の会計士人生は、いつの間にか40年を越えています。
最初の10年に比べ、後半の30年は、大きな変革の中を通ってきた感じです。
これからの変化は、間違いなくもっと大きくなるでしょう。

2015.05.18

大河ドラマ

最近、大河ドラマにはまっています。
主人公が吉田松陰の妹である杉文で、幕末の動乱を女性の目線で描く大河ドラマです。どうやら視聴率は芳しくないようでよくネットの情報などで「大河ドラマの最低視聴率を更新!」なんて記事もよく見かけます。

「なぜ吉田松陰の妹が主人公なのか?マイナーすぎるでしょ。」という話を聞きますが、個人的にはなかなか面白いのではないかと思っています。吉田松陰が作った松下村塾には多くの維新志士達が通っており、杉文はその人たちを長年間近で見ていました。そうした偉人達を女性の視点から見るドラマは今まであまりなかったのではないかと思います。維新志士たちにも当然ながら家庭があったわけです。今はやりの「イクメン」ではなかったと思いますが、子供達とどういう風に接していたのか等小さい子供がいる私としてはとても関心があり、そのあたりもドラマで忠実に再現してくれたらいいなあと思っています。

もうひとつ出てくる疑問としてなぜ長州を舞台にしたかという話もあります。これについては、平成20年に薩摩、平成22年に土佐を題材としたドラマをやっていますので、そうしたら次は長州しかないでしょうという見方が一般的ではないでしょうか。薩摩、土佐のドラマはかなり視聴率が良かったようなので長州にも頑張ってほしいものです。

翻って幕末の動乱から約150~160年経過した現在、わが国にもTPP,IFRSなどの黒船がやってきて、見方によっては幕末に近いような予感も漂っている今日この頃。安部首相も祖先は長州出身ですし、これから平成維新が起きないとも限りません。ドイツの名宰相ビスマルクはかつて「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。そして聖人は経験から悟る。」と言っていたそうです。このような時代でこそ自分を見失うことなく、柔軟に生きていくために幕末のことを再度勉強するのも良いかもしれません。そのための一つの手段として今回の大河ドラマは良いのではないかと思います。ちなみに長州に興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、司馬遼太郎の「世に棲む日日」もおすすめです。全3巻で前半の主人公が吉田松陰で後半が高杉晋作です。

まったく関係ない話ですが、我が家では息子のため幼児通信教育を申し込んでいます。家で息子と義母が教材のDVDを見ているとき、義母が教材に出てくるキャラクター(皆さんご存知かと思いますが・・・)を「とらじろう」と呼んでいて「吉田松陰か!」ってこころのなかでつっこんでいる今日この頃です。確かにそのキャラは虎ですけど・・・。ちなみに吉田松陰の通称は寅次郎です。

阪口育生

埼玉県飯能市出身

2004年に監査法人エー・アイ・シー(現 監査法人A&Aパートナーズ)に入所。

血液型B

最近ハマっていること:ドラクエ10

嫌いなこと:血液型の話

持論:血液型で人の性格は決まらない。

 

 

2015.05.11

子供の成長について

前回、私の家の子供の紹介?ブログを挙げましたが、今回はその後について書きたいと思います。
前回のブログでは1歳にもなっていなかったということもあり、ひたすら可愛いというのを繰り返していた事くらいしか覚えていません。それから半年、子供も1歳を超え、体重も13キロになり大分重くなりました。そして、ママっ子になりました(汗)私が抱っこをすると号泣します、のけ反ります・・・まあ、眺めているだけでも可愛いですけど。

話は変わりますが不思議なもので、おもちゃはたくさんあるのですがあまり興味を示しません(車関係は多少遊んでいますが・・・)その代わり、スマホ、リモコン、パソコン等の絶対わからないだろうという物にはものすごい勢いで食いついてきます(しゃぶりつくします)。大人が使うものが気になるのでしょうか?どこに置いてあったとしても何処からともなく見つけ出し持って行ってしまいます。スマホに関しては使い方が分かっていないと思うのですが、手つきが妙にこなれた感じでびっくりします。ああいう光景を見ていると子供は大人を良く観察しているんだなと思いました。
また、最近はドアを開けるというのを覚えたらしく、台所、トイレ、風呂場とかどこでも行けるようになってしまいました。風呂やトイレに入っていると「フー!フー!」とかいいながら静かにドアが開くので、最早ホラーに近い感じです。台所でも至る所を開けるのでいつもハリケーンでも来たんじゃないかというほど台所は荒廃しています。
さらには、夜寝ません。基本的には夜中1時、2時位まで起きていることが多いです。たまに21時位に寝ると大抵夜中3時位に目を覚ましてその後全員を起こしにかかります。そのためか、寝不足気味になっている今日この頃です。自分の中では21時位から翌朝7時位まで寝ているイメージがあったのでこのギャップに驚いています。
とまあ、ここまで色々と最近のうちの子の悪行の数々を挙げてきましたが、これはどこの家庭でもあることなんですかね?隣の家の子は大変おとなしいらしく、家の中は綺麗になっています。

そんなこんなで家の中は大荒れですが、それでもニコニコしていたり、機嫌良く遊んでいる子供を見ているのは癒されますね。

須長 初(シニアスタッフ)

(モットー) いつも楽しく


(プロフィール)20063月に専修大学商学部を卒業後、試験勉強のため半年のフリーターの後、監査法人エイ・アイ・シー(現在の監査法人A&Aパートナーズ)に入所。現在に至る。


(趣味)熱帯魚、スキー、ミステリー

2015.05.4

風神雷神図

今回は、自分の好きな絵の一つである「風神雷神図」について触れてみたいと思います。

≪「風神雷神図」について≫
「風神雷神図」とは左手に「雷神」、右手に「風神」が屏風に描かれている絵です。一度はご覧になった人もいらっしゃると思います。

実は同じ構図の「風神雷神図」は、3つあるといわれています。

作者としては、
俵屋宗達(生没年不詳)
尾形光琳(1658年-1716年)
酒井抱一(1761年-1829年)
が挙げられます。

上記に記載したとおり、俵屋宗達・尾形光琳・酒井抱一の生没期間(俵屋宗達は生没年不詳ですが・・・)は同期間ではありません。もしかしたら、俵屋宗達・尾形光琳は同じ時代に生きたかもしれませんが、両者に師弟関係があったとはいわれていないとのことです。

しかし、俵屋宗達の「風神雷神図」を尾形光琳が尊敬の念をもち模写し、同様に、尾形光琳の「風神雷神図」を酒井抱一が尊敬の念を持ち模写した結果、同じ構図の「風神雷神図」が3つ生まれました。
尾形光琳に傾倒していた酒井抱一は、俵屋宗達のオリジナルの「風神雷神図」の存在を知らず、尾形光琳の「風神雷神図」がオリジナルと思っていたみたいです。また、酒井抱一は、尾形光琳の「風神雷神図」の屏風の裏に「夏秋草図屏風」という絵を残しています。

≪「風神雷神図」の見分け方≫
同じ構図の「風神雷神図」が3つあること自体は前から知っていたのですが、どれが俵屋宗達・尾形光琳・酒井抱一の書いたものか見分けられませんでした。

しかし、最近見たテレビ番組で、その見分け方を知りました。それは、風神・雷神の視線に注目するというものでした。

俵屋宗達版:風神の白目の真ん中辺りに黒目があり焦点が定まっておらず、風神・雷神の視線が見詰め合う形になっていない。

尾形光琳版:風神・雷神の視線がそれぞれやや下向きになっており、風神・雷神の視線が見詰め合う形になっていない。

酒井抱一版:風神・雷神の視線がそれぞれ水平になっており、風神・雷神の視線が見詰め合う形となっている。

この視線に注目した見分け方で、いままでもやもやしていた3つの「風神雷神図」の区別ができるようになり、これからも何度も目にする機会のある「風神雷神図」にますます愛着がわきました。

三矢 涼

モットー:いろんなことに興味を持つ

信条:一日一善