2015.03.9

ふるさと納税

みなさんふるさと納税という制度ご存知ですか?Wikipediaによると「ふるさと納税(ふるさとのうぜい)とは、任意の地方自治体(ここでは都道府県、市町村および特別区。以下同じ)に寄付することにより、寄付した額のほぼ全額が税額控除される日本国内の個人住民税の制度。ただし一定の制限や限度がある。」とのことです。納税とありますが、実態は地方自治体への任意の寄付のようで、概ね年間住民税の10%を上限に、確定申告をすれば寄付金が還付される制度となっています(実際の限度額は各自で計算してください)。

昨年度から私もささやかながらいくつかの自治体へふるさと納税を行い、牛肉、米、はちみつ、果物(梨)なんかを頂きました。ほんのわずかの出費でこれら地域の特産品が頂けるのですからとっても魅力的な制度です。今回はそんなふるさと納税の中でちょっと変わり種のものがあったのでご紹介したいと思います。なお、この原稿を書いている時点(2015年2月末)での情報ですのでもしかしたらその後変更になっているかもしれませんので予めご了承を。

1.長野県飯山市
市内にPCメーカー工場があるとのことで、ノートPC(寄付額10万円)、タブレット(同4万円)、PC用23型モニター(同3万円)などがあります。タブレットは人気のようで4月まで受け付け停止となっているようです。PC買い換えようかなという人は一度検討してみては。

2.山形県天童市
言わずと知れた将棋駒名産地天童市は、10万円以上の寄付で高級将棋駒+将棋盤(三寸)がもらえます。これ以外にもさくらんぼ(佐藤錦、同1万円)や、将棋駒ストラップ(好きな文字を彫ってもらえるそうです、同1万円)。

3.兵庫県多可町
たかテレビニュースキャスターになれる券(限定1名)、ご当地ヒーロータカゴールドになれる券(限定1名)があるそうです。いずれも寄付額100万円!と高額ですが、期間1年間とありますので、女子アナデビューも夢じゃない?

4.宮崎県都城市
100万円の寄付で、黒霧島20度1.8L1年分とのことです。1年分ってこういう場合意外と少ないことが多いのですが、こちらはなんと365本!毎日1本飲むのは大変ですね。

最後に、先般自民党から公表された平成27年度税制改正大綱にふるさと納税に関して以下の記述がありました。「地方公共団体に対し、返礼品等の送付について、寄付金控除の趣旨を踏まえた良識ある対応を要請する。」現状では概ね寄付金の20~50%相当額の特産品としている自治体が多いようですが見直しがなされるかもしれませんね。

大髙 宏和 〈プロフィール〉東京都出身 霞が関ビルからの眺めが良かったことから2001年4月みすず監査法人(旧中央青山監査法人)に入所。2007年7月監査法人A&Aパートナーズ入所後現在に至る。 日本公認会計士東京会会計委員会委員、同会実務指針等対応検討PT構成員ほか
〈趣味〉 育児、読書、Wikipedia、YouTube、乗り物、絵本の読み聞かせ、ふるさと納税
〈座右の銘〉考えよう、答えはある(By 某ハウスメーカーCMより)
〈メッセージ〉最近ドライアイっぽくて困っています。いい眼科知りませんか?

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。