2015.02.23

つれづれなるままに・・・その4

私の祖父が曾祖父から聞いた話だと言って聞かせてくれた話です。
曾祖父は、老舗蕎麦屋に勤めていました。その蕎麦屋は代替わりをして若旦那が店を切り盛りしていましたが、その若旦那が食欲と体力を失い、重病になってしまいました。
若旦那の父親である親旦那は、医者から「医者や薬では治らない気の病で、思い悩んでいる事が解消すればたちどころに治るが、放っておくと5日もつかどうか」と言われ、蕎麦屋で働いていた熊五郎という男を呼びつけ、「座敷へ行って、若旦那に事情を聞き出して来い」と命じました。若旦那は消え入りそうな声で、熊五郎に事情を説明しました。
20日ほど前、若旦那が神社へ参詣し、茶店で休んでいると17,8歳のそれはそれは美しい女性が店に入って来ました。その女性を見た若旦那は、一目ぼれをしてしまいました。若旦那が照れながらちらちら眺めていると、女性は、その茶店を出るために立ち上がる際、膝にかけていたハンカチを落とし、気づかず歩き出してしまいました。若旦那が急いで拾い、追いかけて届けると、その女性は持っていた紙に「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の」と、歌の上の句だけ書いて若旦那に手渡し、去って行ってしまいました。若旦那は、歌の下の句「われても末に あはむとぞ思ふ」を思い出して、「今日のところはお別れいたしますが、いずれのちにお目にかかれますように」という気持ちを読み取ったのですが、その女性がどこの誰なのかわからないので、会うことがかなわずに困っているということでした。
熊五郎はこの事情を、親旦那に報告しました。親旦那は「3日間の期限を与えるから、その女性を何としてでも捜し出せ。褒美に蔵付きの家を5軒ゆずり渡し、借金を帳消しにして、それと別に礼金を支払うから」と熊五郎に懇願しました。
熊五郎は、やみくもに街じゅうを捜して走り回るうちに、はじめの2日間を無駄にしてしまいました。熊五郎の妻はあきれて、「人の多く集まる銭湯や床屋で『瀬をはやみー』と叫んで反応を見ればいいじゃないか」と提案し、「探し出せなければ、実家へ帰らせてもらうからね」と言い放ちました。熊五郎は街じゅうの床屋に飛び込んでは「瀬をはやみー」と叫びましたが、客が一人もいなかったり、ある客の「うちの娘はその歌が好きでよく歌っている。綺麗だし、その神社にも足しげく通っているよ」という話を聞いても幼い子供であると判明したりして、結局有力な手がかりが得られないまま日暮れを迎えました
数十軒の床屋を巡っているうちに、剃れる髪もひげもなくなった熊五郎は、次に入った床屋の店主に「もういっそ植えてくれ」と悲鳴をあげたりもしていました。そんな中、ひとりの職人風の男が、「急ぎで頼む」と割り込んできました。男は「出入りしている店の娘が重い恋わずらいになり、今日明日とも知れない容体になってしまった。お茶のお稽古の帰りに神社の茶店へ立ち寄った際、一目ぼれしてしまった若旦那に気を取られてハンカチを忘れ、その若旦那に届けてもらったとき、あまりの名残り惜しさに、崇徳院の歌の上の句を書いて手渡して以来寝込んでしまった。自分は、娘の父親から「店じゅうの者でその若旦那を捜し出してくれ。はじめに見つけた者には大金を与える」と命じられたひとりで、これから探し回りに行くのだ」と店主や常連客たちに語って聞かせました。これを聞いた熊五郎は男につかみかかり、「やっと見つけた。お前の出入り先の娘に用があるのだ。うちの店へ来い」と叫びました。すぐに店へ戻って褒美がもらいたい男は「いや、先にこっちの店へ来い」と言い返し、つかみ合いになりました。2人があまりにもひどくつかみ合いを始めるものですから、そのはずみで床屋の鏡が床に落ちて割れてしまい、店主が「どうしてくれる」と怒りました。熊五郎は、「割れても末に 買わんとぞ思う」と泣いて謝ったというのです。
最近、私は趣味で落語を聞くようになりました。ただ、祖父と曾祖父、嘘をついているのがどちらかはまだ聞いていません。

<氏名>
吉村 仁士

<経歴>
早稲田大学商学部 卒業
中央青山監査法人 入所
平成19年7月 監査法人A&Aパートナーズ 入所
現在に至る

2015.02.16

偶然ですが

偶然ですが、先日、ゴルフでバーディをとりました。

当初、1月31日(土)にラウンドの予定でしたが、前日の雪の影響でゴルフ場がクローズとなりました。同伴の皆様のご尽力により翌日2月1日(日)の予約をとれたため、今回のラウンドとなりました。
フェアウェイに一部残雪が残り、強風でピンが大きくしなるコンディションでしたが、大変楽しく回る(走る?)ことができました。

問題のホールは、「打ち下ろしのショートホール」。
トップしたボールは風に流されることなく、グリーンへ落ちていきました。それがなんと、ピン横、約1.5m! パットも珍しく決まり、人生初の「バーディ」。
ゴルフをはじめて6ラウンド目。当初利き手と違う「右」ではじめましたのでレフティに変更して今回が2ラウンド目です。本当に「まぐれ」ですね。
他のホールはいつもどおり日頃の運動不足を解消できるほど、野山を走り回り、いい汗をかきました。

初バーディ、「年一ゴルファー」にとっては励みになりました。

齋藤晃一(さいとう・こういち)
電子書籍リーダーを購入しました。

2015.02.9

ボウリングと綱引き

トキョ!!
ロゲ会長の一言に、日本中が沸いたのは一昨年9月のこと。
あと5年でオリンピックがやってきますよ、東京に。1964年大会のとき私はまだ1歳でしたから全く記憶なんてありません。それが見られる日がやってきますね。

日本がメダルを期待できる野球とソフトボールが2012年ロンドン大会から消えてしまい、淋しい思いをしました。
そんな中、昨年12月のIOC総会で改革案が承認されて開催都市が実施協議・種目の提案をできることになり、2020年には野球・ソフトボールが復活する道が開け、うれしい限りです。

ところが、これはチャンスとばかり、ウェークボード、空手、スポーツクライミング、ビリヤードといった競技団体がこぞって腰を上げる動きを示し東京大会の組織委員会に働きかけをしているとか・・・
で、おもしろいのがボウリングと綱引きもこれに加わっているという記事を目にしました。
どちらも一般人にもなじみ深い競技ですからけっこう楽しめるかもしれません。

ボウリング、やってて楽しいですよね。
ストライク~ピンが独特の音を立てて全て倒れるとともに、同じレーンのメンバーがいっせいに立ち上がりハイタッチで迎えてくれる~けっこう盛り上がります。
昔は飲んで終電がなくなったとき徹夜でボウリング、略してテツボ-してました笑。
確か自身のハイスコア、このテツボーで出したと思います。

そして、綱引きについてひとこと~
私は群馬県立前橋高校卒業、むさくるしい男子校でした。
同じ男子校の高崎高校とは文武ともにライバル校でして、いわゆる運動会も「前高・高高定期戦」(まえたか・たかたか定期戦)と称し、毎年交互の学校に遠征し戦うという伝統があるのです。
このため高校にもかかわらず、校歌のほか、応援歌や凱旋歌までありました。
競技は部活動の部と一般の部に分かれ、各得点を積み重ねた総合点で勝敗を決めます。
その一般の部の花形が綱引きでして、運動系の部活に入っていない体格のいい生徒が選手として選ばれていました。
残念ながら非力な私は応援部隊でしたが~
作戦担当もいて、たまたま定期戦の少し前にNHKで綱引きを科学するという番組があり、彼らはわざわざ前橋から渋谷まで収録を見に行くという入れ込みようでした。
とにかく掛け声・合図にピッタリ合わせて引くのがコツだそうで、劣勢のときは無闇に引かずに腰を落として耐えるのがいい、とか聞いたような記憶がありますが本当はどうなんでしょうか?

さて、早ければこの7月にも決定する追加競技、何になるでしょう、野球・ソフトボール・ボウリング・綱引き・・・
どれも捨てがたいですが、私はシンプルだけど皆熱くなり盛り上がるからイチオシは綱引きです~
来年夏のIOC総会で決定するそうです。

木間 久幸
<プロフィール>
慶應義塾大学商学部卒業後、新光監査法人、太田昭和監査法人を経て、監査法人エイ・アイ・シー(現在の監査法人A&Aパートナーズ)に入所。平成4年よりパートナー。
<メッセージ>
風通しのよいオフィスを築いていきたいと思います。

2015.02.2

愛車のお話し

皆様、こんにちは。
パートナーの寺田です。

恐れていた(!?)ブログの順番が回ってきました。

日々を慎ましく淡々と過ごしている身としては、これといって書く事がありません。。。
そんななか、何かネタのヒントになるかも知れないと、最近の当ブログを読んでいたところ、あるスタッフが13年乗っていた愛車について書いたブログに、以下の記述を見つけました。

『自動車検査登録情報協会が自動車の平均車齢(人間で言う平均年齢)などを公表しており、平均車齢は着実に伸びています。昭和50年代は3~4年でしたが、直近の平成25年では8年となっています。自動車メーカーの技術革新による耐久性の向上や消費者の節約志向等による保有の長期化が要因でしょう。同じ傾向になりますが、新車が登録されてから抹消(廃車)されるまでの期間も延びています。昭和50年代では7~9年であったのが、平成25年では12年となっています。営業車なども含まれていることを考えると、13年は相当長いことを改めて感じました。』

ん!?僕のインテグラは、もうすぐ17年なんですけど・・・

物持ちが良いという訳ではないのですが、17年乗っていて走行距離が7万キロ未満とあまり使っていないこともあり、特に不便なく今日に至っています。

強いて言えば、標準装備がカセットテープレコーダーなのが玉に傷です。今は、専用のアダプターにiPodを繋いで、それをBGMにしています。

後は、カーナビが外付けになっていることですね。また、地図データが古いので(17年前!!)、その間に開通したようなバイパスや、開発されたエリアの道には全く対応していません。何より、今住んでいるマンションが空き地になっていたりします。
といっても、これは車が古いせいではなく、データをアップデートしていない僕のせいなのですが・・・

買った当時は、ちょうどナンバーが2ケタから3ケタに変更された時期だったので、周りの車のほとんどが2ケタなのに自分の車が3ケタなのが、ちょっと嫌だったのを覚えています。
言い換えれば、今では、たまに見かける2ケタの車以外は僕の車の方が歴史が古いということです。その事をふと思い出しては、周りの車のナンバーに2ケタが無い事を確認して、ちょっとした優越感や感慨(!?)に浸ったりすることもあります。

そんなこんなで、日本の自動車産業の技術力の高さに感謝しつつ、もう暫くは車を買い替える予定はない今日この頃です。。。

寺田 聡司
〈プロフィール〉 神奈川県横浜市出身(途中、重要性が低いため省略)平成19717日に監査法人A&Aパートナーズ入所後、現在に至る。 
〈趣味〉 ビリヤードのジャンプショット、有馬記念の万馬券的中
〈メッセージ〉 私達の業界は色々な意味で大変な方向に向かっている今日この頃ですが、日々楽しくやっていけたら良いですね。