2015.01.26

誰か教えて下さい②

前回「誰か教えて下さい」をやったら若干の反応がありました。今回もやりたいのですがトピックばかりやっているとヤバいので今回は研究中の歴史テーマで教えて下さいをやります。でも同じ国の航空機がたった1年で3機も墜落なんて……

今中国の三国志の魏志倭人伝…正確には晋の陣寿が記した魏書の第三十巻「烏丸鮮卑東夷伝」の「倭人条」…にはまっています。というと巷の歴史研究家間で議論百出の邪馬臺国(ヤマトと発音するのが正確)はどこにあったかだろうと思われますが、全然違います。
筆者の疑問点は
①魏書では景初2年(BC238年)に倭王卑弥呼の朝貢があったとされているのに日本書紀や
梁書(唐代の書)では景初3年BC239年になっており、史学家の間でも239年の間違いだろうということになっている。ただ日本書紀や梁書は500年くらい後の書なので当然魏書の記述の方が正確ではないか。景初2年正月に魏皇帝が、遼東半島を中心に強大な海上勢力であった公孫氏の討伐を司馬仲達に命じ、朝鮮半島は交戦状態だったこと。「倭国の朝貢使が戦闘中の土地を行けるはずがない」というのが理由。そうかなー?
②朝貢の返礼品が半端じゃないこと。金印紫綬は有名だが、使者の難升米(ナシメ)ら10名が銀印青綬を貰っている他、膨大な贈り物を貰っていること。2、3000円の手土産を持って挨拶に行ったら100万円くらいのお礼を貰ったようなもの。なんで?
それに使者たちはほぼ全員皇帝から官位を貰っているがみな武官(軍人)の官位。おまけに贈り物はわざわざ魏が倭国まで返使付で送り届けている。へぇ~
③当時の東支那海と南支那海は魏と戦争中の「呉」が制海権を持っていて、かつ渤海から東支那海は公孫氏も勢力を持っていて呉と公孫氏は同盟したり離反したりしていた。卑弥呼の水軍にとってもこの両者は海上貿易の障害で、おまけに卑弥呼の仇敵である狗奴(クナ又はコウヌ)国は公孫氏の影響下にあった。ということで魏と卑弥呼は利害が一致している。魏は遼東半島制圧時に船で朝鮮へ軍隊を送っていてその護衛が必要だった。
魏書東夷伝序文に「又、軍を潜めて海に浮かび、楽浪帯方の郡を収め、而して後、海表謐然、東夷屈服す」とある。なお、魏は内陸国で水軍は川のみ、海はド素人。
④そもそも邪馬臺国の卑弥呼は倭国の有力土豪連合の上に乗っかった象徴的な存在などではなく、軍事力と貿易による経済力を持った強力な中央集権国家だったのが真相だと思いますが、ここでは理由は省略。

以上何を言いたいかというと、「卑弥呼の邪馬臺国水軍は魏の総司令官司馬仲達が公孫氏を攻撃した際、東支那海と渤海の制海権確保に協力し、魏の勝利に大きく貢献した。朝貢というが実は戦勝記念パーティーに呼ばれて大いに歓待されてすごいお土産を貰った」 というのが魏書の記述の真相ではないかと考えているところです。
つまり戦後の歪んだ似非教育を受けて自虐史観を植えつけられた今の日本人には到底推
論できない話ですが、古代からこの国は超大国だったと思っています。白村江の戦で百済救援のとき、倭国水軍は壊滅的な打撃を受けましたが旧唐書(クトウジョ)では「倭船400
槽を焼く」とあり、新羅書では「1000槽を焼く」とあります。小舟では玄界灘は渡れませ
んから50~100人乗りのすごい船団が侵攻したのでしょう。

ここで「教えて下さい」は、「では古代日本の準構造船がどのようなものだったか、造船
技術や航海術はどこから来たのか」ということです。
自分なりの仮説は今研究中ですが、BC900年ごろから「フェニキア」が来た!!というも
のです。旧約聖書の列王記にソロモンの頃、彼のスポンサーでお妃の親父だったフェニキアのチュロス王の記述があり、ソロモンがチュロス王に命じて今のアデン湾に造船所と製銅所を作っています。フェニキアはこのころから地中海のみでなく、アフリカ東部やインドまで交易権を広げたようでソロモンに孔雀をプレゼントしています。だったら南シナ海を経由して日本に来ていてもおかしくないのでは。
もう20年くらい前、筆者は一時ペトログリフ(岩刻文字)に凝ったことがあるのですが、
ペトログリフ学会では超有名な瀬戸内海彦島の岩刻文字は古代シュメール文字ないし古代
フェニキア文字といわれていて、すでに解読されています。このことがずっと頭にあった
のですが、列王記を読み直して「ハタッ」とストーリーがつながりました。
もしかして神武天皇はフェニキア系か! 神武即位はBC660年で今年は皇紀2675年です
がユダヤ暦では5775年、ジャスト3100年の違いがあります。ジャスト!!
なんてことを考えている断腸亭日常ですハイ。

笹本 憲一
一言:
 最近のオタクな日々を徒然なるままに書きました。

略歴 : 中央大学商学部、日本大学大学院修了後、日本大学講師を経て監査法人中央会計事務所入所。中央青山監査法人時代は事業開発本部で横浜株式公開部長、CSR部長担当。平成197月監査法人A&Aパートナーズ代表社員就任。

趣味 : 歴史研究(先史~昭和史)、軍事研究(現在防衛省系NPOの監事)

    その他マルチオタク(鎧甲冑・戦史・犬・国際情勢・印刷機械……)

スポーツ:100を切れないゴルフと挙がらなくなったバーベル

天敵 : ネギ

2015.01.19

鍋料理雑感

やっぱり寒くなると鍋料理がおいしくなる。
鍋に野菜をいっぱい入れて、味付けは様々、辛い、酸っぱい、甘い、など。
しゃぶしゃぶ、すき焼きはじめ、おでんやポトフ、キムチ鍋、どれもおいしくいただける。

先日クール・ジャパンというTV番組で鍋料理を取り上げていた。
クール・ジャパンというTV番組は、日本住んでいる外国人を10名くらい集めて、日本の衣食住に関する文化でクールなもの(格好いいと思うもの)を探求し、議論する番組。
外国人の日本文化に対するとらえ方が様々で、その反応が面白いので、よく見る。

その番組での鍋料理に対する外国人たちの反応は、野菜たっぷりでヘルシーだし、味の種類も豊富、大勢でワイワイやるのは楽しいなどかなりいい反応。

ただ、ひとつの鍋をみんなでつつくというスタイルには抵抗がある人が多かった。家族や恋人なら許せるけど…他人とは嫌だ、そんな感じ。

また、「鍋料理をレストランのメニューとしたら、出身国では流行ると思うか?」という問いに対して、流行らないという人が多かった。
なぜなら、鍋料理は自分で調理するスタイルだから。レストランという場所は調理されたものがサービスされる場所。自分で料理するのにお金取られるなんてもってのほか。このような料理はレストランの料理としては受け入れられないという。BBQと同じで、気のあった仲間が集まってやるパーティには喜ばれるかもしれないけど…だって。

言われてみればそうかも…と納得するものの、鍋好きの日本人としては反論してしまう。すき焼きやしゃぶしゃぶはご馳走の部類に入り、高級料理のひとつと言える。どう考えてもお金を支払って食べる鍋料理の代表格では?と思う。そのほか蟹鍋やアンコウ鍋、てっちり、鴨鍋など高級料理としての鍋料理はたくさんある!(これらは素材が高級だから高級料理なんだと言われればそうだけど…)ただ、高級料亭なら、仲居さんがつききりで、サービスしてくれるので、自分が鍋奉行になる必要はない。それなら、レストラン料理として外国人も認めるのかな…

最後に、クールジャパンの多くの外国人が卓上ガスコンロに感激していた。鍋には最適、最強の武器。東日本大震災のときにも大活躍したあのコンロ。手軽で素晴らしいという評価であった。きっとあのコンロのおかげで、家庭の食卓で鍋料理が振舞われる機会が増えたのは事実だと思う。
確かに、あの卓上ガスコンロは重宝する。ガスボンベも安価でコンビニでも買うことができる。それに故障なく長年使用できる。使用機会に季節変動があるので10年くらいは使っているのでは?我が家はそうだから…長寿のコンロである!

日本人にとっては、なくてはならない冬の名物、鍋料理。わたしのとっても、料理の幅が広がるメニューの一つ。
今後、鍋料理が、増加しつつある外国人観光客に受け入れやすいように、おひとり様鍋として発達していくのか、興味のあるところである。一人用の土鍋や鉄鍋が作られ、それに合う小サイズのガスコンロが普及するのだろうか…
でも、やっぱり、鍋料理は大勢でひとつの大鍋をつつく方がいいと思う。外国人観光客の方には、日本流を体験してもらった方が日本文化に触れていいと思うのだが…

鶏肉団子鍋(今日は塩味)を作りながら、鍋料理について、あれこれ考える冬の休日であった。
20150119

坂本 裕子
(監査法人A&Aパートナーズ  パートナー・公認会計士)

(近況)
とうとう××に到達!顔のたるみ、目じりのしわが気になります。一生懸命顔のマッサージ…TV体操も頑張っています。地道な努力が実を結ぶと信じて…!

2015.01.13

ゴルフの話

いつもゴルフの話ばかりで恐縮ですが、今回ばかりはゴルフの話をしないわけにいきません。なぜなら、昨年(2014年)は、私のゴルフ人生にとって、大変大きな意義ある年だったからです。

若い頃からゴルフをやって来ましたが、競技ゴルフを始めたのは、つい数年前からです。所属クラブ(久邇カントリークラブ)の月例杯をはじめ、クラブ選手権、シニア選手権、理事長杯などの公式競技が毎月のように開催されますが、これに出るようになったのです。
久邇CCは、会員が600人程度で、そのうち毎週のようにラウンドしている人は1割程度。ですから、公式競技に出ているとあっという間に知り合い、お友達になって行きます。すると、今度は最初感じていたプレッシャーが消え、仲間と楽しくプレーする喜びを感じ始めます。自然とラウンド数も増え、クラブの支配人はじめ、クラブ関係者とも親しくなっていきます。
うまくなってやろう、という気持ちが湧き、練習量も増え、上達していきます。

昨年は、5月のシニア選手権に優勝しました。また、10月のクラブ選手権ではクオリファイ(予選通過)を頂きましたが、決勝の1回戦で敗退。11月の理事長杯では惜しくも準優勝。さらに、12月23日師走杯にて、生まれて始めてのホールインワン(東3番、175Y、4U(22度))を達成!
なんとも大活躍の1年だったのです。
クラブの競技委員長と支配人から、倶楽部対抗戦に出てくれと頼まれ、もしかしたら出ることになるかもしれません。

余談:シニア選手権(60歳以上でのスクラッチ競技)は、予選で8名選出、次の日曜日に決勝1回戦、これはマッチプレー(1対1でホールごとの勝ち負けを競うゲーム)で4人が勝ち残ります。次の日曜日には、マッチプレーで2人が勝ち残り、次の日曜日に決勝戦(1対1のマッチプレー、27ホール)が行われます。これらの勝負にすべて勝って優勝を手にするのです。
ゴルフに詳しくない人から、決勝ではどのくらいのスコアで回ったの?と聞かれますが、スコアは「4&3」(3ホール残して4つ勝っているので、そこで勝負あり、ということ)です。グロス打数はよく分からないのです。なぜなら、スコアカードには、○×-のマークしか書いてないからです。

齊藤浩司

略歴:1980年中央監査法人入所 ってことは会計士人生35年目
   2007年監査法人A&Aパートナーズへ移籍
   
ひとこと:以前のブログで、継続は力なりって書きましたが、ゴルフは勿論、私たちの仕事も不断の精進を続けなければお客様の役に立てる会計士であり続けることはできない、ということを歳とともに実感するこの頃です。

2015.01.5

謹賀新年

jp15t_et_0094

旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
おかげさまで良き新年を迎えることができました。

皆様のますますのご発展を祈念しますとともに、
皆様との絆をより一層大切に日々過ごしていきたいと存じます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

2015年元旦

監査法人A&Aパートナーズ

監査法人A&Aパートナーズ