2014.05.26

つれづれなるままに・・・その3

小学生の時、友人とした会話です。
私「将来、画家になったらいいか、詩人になったらいいか迷っているんだ。」
友人「そりゃ、画家になったほうがいいよ。」
私「ぼくの絵を見たのかい?」
友人「いや、君の詩を読んでみたんだ。」

高校生の時の友人2人が、登山した際の思い出話をしていました。
登山をしていた木村君と田中君は、ばったりとクマに出くわしてしまったようです。
木村君は急いで登山靴を脱ぎ、リュックサックからジョギングシューズを取り出しました。靴を履き替えている木村君に田中君は、「ジョギングシューズに履き替えたからって、クマより早くは走れないよ」
すると木村君は、「何言ってるんだい、君より速く走るためさ」

大学生の時の友人の話です。
友人は、お金が稼ぎたかったため、ハエに芸を仕込みました。
そのハエは賢く、ありとあらゆる芸を覚え、一攫千金も確実と思われました。
友人は、ハエを見せるためにとあるバーへ向かい、マスターの前でハエの芸を見せる事にしました。
「おい、マスター。このハエをみてよ」
マスターはハエを見ると、
「おっと、すみませんねお客さん」
・・・とたたきつぶしたそうです。

数年来の酒飲みで有名な友人の妻が家出をしました。
その話を聞いて私は心配して家を訪ねました。
そして、「奥さんが家出をしたんだってな。タダでさえ酒ばかり飲んでいるお前の事が心配でここに来たんだ。」と言いました。
すると友人は、「いや、それ以来酒は飲んでないよ。」不思議そうな顔をしている私に友人はさらにこう言いました。
「いやな事や悲しい事を紛らわす必要がなくなったんだ。」

友人の精神科医から聞いた話です。
「妻のことが心配で…」と、ある男が友人のところに相談に来ました。
「家内は洋服が盗まれることに病的な心配をするんです」と男は友人に言いました。
「どんな風に病的なんですか?」と友人が尋ねると、
「つい先日、私がいつもより早く家に帰ると、家内の雇った男が洋服ダンスの中で見張りをしていたんですよ」

<氏名>
吉村 仁士

<経歴>
早稲田大学商学部 卒業
中央青山監査法人 入所
平成19年7月 監査法人A&Aパートナーズ 入所
現在に至る

2014.05.19

イースター・エッグ

みなさんは「イースター・エッグ」という言葉、ご存知でしょうか。

イースター・エッグ(英語:Easter egg)とは、復活祭(イースター)の休日もしくは春を祝うための、特別に飾り付けられた鶏卵である。
元来染めたり塗ったりした鶏卵(ゆで卵)を使うが、現代では、チョコレートで作られた卵や、ジェリービーンズなどのキャンディを詰めたプラスチックの卵で代用するようになってきた。プラスチックの卵には現金を入れることもある。
(Wikipediaより)

英語圏やドイツにはこれらの卵をイースター・バニーが隠すという伝承があり、復活祭の日に子どもたちはこの卵を探して遊ぶそうです。

このイースター・エッグ、実はコンピューターの中にも隠されています。
ソフトウェアやCD、DVDなどに隠されていて、本来の目的とは無関係であるメッセージや画面を出すこと、それがコンピューター上のイースター・エッグです。

多くの場合は開発に関わったスタッフロールが表示されたりしますが、特別遊び心を含ませたイースター・エッグが我々の身近に潜んでいます。

それがこちら

そう、大手検索エンジンgoogleです。
まずは「斜め」と検索してみてください。
…………少し首を傾げる検索結果になりませんか?

続いてこの少々見難い画面を元に戻してみましょう。
「斜め」を消して「一回転」と打ち込み検索してみてください。
画面、元に戻りましたか?

またこの画面に戻り、今度は「google 重力」と打ち込み、おなじみの「google検索」ではなくお隣の「I’m feeling Lucky」をクリックして、すこーし待ってみましょう。
…………ちょっとした重力が感じられませんか?

この他にも
「出口」+「I’m feeling Lucky」
「BlackGoogle」+「I’m feeling Lucky」
「Zerg Rush」+「google検索」
画像検索画面で「atari breakout」
……
といったたくさんのイースター・エッグが隠されています。

ここにあげたのは有名なものばかりですが、まだまだ見つかっていないイースター・エッグもあるはずです。

検索エンジンgoogleで少しばかり寄り道をして皆さんもイースター・エッグを見つけてみませんか?

福沢 育子(ふくざわ いくこ)

青森県出身(といっても本籍のみで生まれてからはずっと東京)

ソフトウェア開発業を経てAAPへ。社内PCのイロイロやIT監査のお手伝いをしています。

2014.05.12

沖縄

先日初めて沖縄へ行ってきました。飛行機に乗ったのは、大学野球の合宿以来なので。。。。。何年前か忘れるほど前です(笑)。久しぶりの飛行機に若干緊張しましたが、何事もなく飛んでくれてよかったです。
昔から沖縄へ行った人から「沖縄は最高だ!」とか「沖縄行ったら帰りたくなくなる」などと聞かされていたので、いつかは行ってみたいと思っていたのでとても楽しみにしていました。到着した当日は半日しかなかったので、軽い観光とホテルでの暴飲暴食をして終了しました。
2日目は沖縄といえば!というスポット、美ら海水族館へ行きました。4月の平日ということもあり、とても空いていてストレス無く見ることができました。中でもやっぱり初めて見るジンベイザメは圧巻でした。初めて見るサイズ感なので動揺しましたが見ていて飽きない空間でした。
20140512_1

それから、沖縄といえば第2段、沖縄そばを食べました。ここは100年前の民家を店舗に改装した店舗でアグー豚のそばを食べることができます。

20140512_2

とっても「ま~さん」な沖縄そばでした~(ま~さんは沖縄でおいしいという意味です)

20140512_3

その後今帰仁城をみて、ローカル居酒屋へ行きローカルフードの海ぶどうと島らっきょうをたらふく食べました。
3日目は沖縄といえば第3段、海でシュノーケリングをしました。沖縄の海は、当然ですがテレビでしか見たことがなかったので透明度を信じていませんでしたが、本物でした(笑)。
水面から下を見れば

20140512_4

こんな感じで、洞窟に入れば

20140512_5

こんな感じでした。サイコーでした。
写真ばかりのブログになってしまいましたが、沖縄に行くと帰りたくなくなる理由がわかりました。この時付き添ってくれたダイバーさんも出身が藤沢というなんとも親近感の沸くダイバーさんでした(笑)。
今回は沖縄本島だけの旅行でしたが、今度は是非石垣島や西表島、波照間島などにも行ってみたいと思いました。

中井 恭平(アドミスタッフ)
ひとこと:精進します。

略歴:関東学院大学(硬式野球部)、某株式会社(1年半神戸在住)、2007年7月監査法人A&Aパートナーズ入社

趣味:野球、ゴルフ、車弄り

メッセージ:日々新しいことばかりなので、気を引き締めて頑張ります。

  

2014.05.5

~神戸旅行~

週末、神戸に家族と行ってきました。
春休み中でもあり、たくさんの人で賑わっていました。
神戸では、遊覧船に乗って、週末旅行を楽しみました。子供が小さく、まだ、行ける場所が限られていたため、船だけ乗って帰りました。明石大橋や、須磨海岸などを、見て、瀬戸内海の穏やかな景色を楽しむことができました。神戸は、横浜と違って、高層ビルがあまりなく、六甲山と大阪湾という自然の中に都会があるという立地で、程よいリゾート感覚があります。

私は、昔大阪に住んでいたのですが、中学校~大学まで兵庫の学校に通っており、友人も兵庫出身の者が多く、友人と集まる場所と言えば、三宮(神戸)でした。神戸は、開港場として栄え、海外からの文化が最も多く集まった町のひとつだったようで、外国のファッション、食文化、音楽(ジャズなど)が、町に自然に溶け込んでいます。
吹奏楽部に所属していたこともあり、高校当時、三宮のジャズ喫茶によく行きました。そのジャズ喫茶には木馬(店名)ノートという、落書き帳のようなものがあり、吹奏楽仲間や他校の友人と楽器や音楽について、記入したりしたものでした(今もあるかな?)。神戸は、自分が高校・大学時代に友人と遊んだ場所でもあり、青春時代を思い出し、懐かしい気持ちになりました(子供が小さい間は、ジャズ喫茶には行けませんね)。
20140505_1

阪神間と言われる、神戸・宝塚・西宮の辺りは、気候がよく、山と海に囲まれて、神戸の異国情緒と合わせ、独特の雰囲気があります。
関西の女性に「神戸っぽいね」というと、ほめ言葉になっています。というのは、関西では神戸は洗練の象徴という印象があるためかと思います。
神戸には山側に異人街、海側に、旧居留地、中華街、モザイクという観光スポットがあります。私のお勧めスポットは、海の近くにあるホテル(写真)です。夜、ホテルのプールから、海側を見ると、月明かりが波を照らして、まるで、船に乗っているような雰囲気があります。
関東からは、あまり神戸に行かれることはないかもしれませんが、ぜひ、神戸に旅行してみてはいかがでしょうか。
20140505_2

大西雄介
プロフィール:大阪府豊中市出身 関西学院大学経済学部卒業
好きなこと:沖縄に行くこと
夢:ハワイに行くこと。