2014.02.10

駅まで自転車で

自宅から最寄り駅まで自転車で通っています。冬のこの時期は、寒くて辛いですが、それでも、駅まで10数分歩くよりは楽なので、雪でも降らない限りは、毎日自転車です。
朝は、私と同じように駅へ自転車で向かう人が多いのですが、ある朝、同じ方向へ走る駅まで自転車でと思われる人のほとんどに追い越されていることに気がつきました。
意識して私を追い越して行く人を観察すると、女子高生、若いサラリーマン風、かなり年配の人、子供を後ろに乗せたお母さんなどがいます。自転車もいろいろで、ふつうのママチャリ、なんだか高そうな自転車(自転車の知識がほとんどないもので・・。)、タイヤが小さい折りたたみ風の自転車、さびだらけのぼろぼろの自転車に乗っている人もいます。乗っている人と乗っている自転車の組み合わせはいろいろですが、そのほとんどに、追い越されていきます。
軽い敗北感を感じながら、その原因をいろいろ考えてみました。

①私の乗っている自転車の性能が劣る。
・・・近所のスーパーで1万円ぐらいで買った自転車なので、それが原因かも。

②運動不足で体力(脚力)が落ちている。
・・・若いサラリーマンは別として、おばあさんにも追い越されているし・・。

③朝、仕事に行くのがいやで、やる気がない。
・・・いやいやそんなことはありません。

④安全運転をしている。見通しの悪い曲がり角は徐行している。
・・・直線でも追い越されているし・・・。

⑤たまたま早い人が近所に多い。そういう地域に住んでいる。
・・・普通の住宅街ですが・・。

そんなことを考えながら駅に向かっていると、また、自転車の前と後ろに小さな子供乗せたお母さんに追い越されてしまいました・・・。

自転車も安全第一。

(プロフィール)

村田征仁(むらたまさひと)

長崎県出身 横浜国立大学経営学部卒

(ひとこと)

大事を成さんと欲する者は、まず小事を務むべし。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。