2013.11.25

思い出の地

16年ぶりに、出張でアメリカに行きました。ニューヨークで開催された国際会議に参加するためでした。会議の前に、ロスアンジェルスに2日間立ち寄りました。21年前ですが、2年間住んでいたところで、自分にとっては思い出の地です。ロスアンジェルスでは、車が無いと、どこにも行けません。帰国後ほとんど運転したことが無く、今現在、車も持っていないので、レンタカーを借りる気にはなれず、明るいうちなら、歩いても安全な地域のホテルに宿泊することにしました。マリナ・デル・レイというヨットハーバーで有名なところです。ホテルからは、赴任当初、1か月以上滞在したアパートがすぐ近くに見えました。42歳で赴任するまで、英語もろくに話せず、外国生活の経験もなかったので、無事に駐在期間を終えることができるか、とても不安だったことが思い出されました。セルフのガソリンスタンドで、給油の方法が解らず、途方に暮れたことなどが走馬灯のようによみがえりました。不安と期待が、心の中で入り混じっていましたが、正直言って、不安の方が圧倒的に大きかったです。
ロスアンジェルスには、昔の職場の仲間が住んでいるので、彼らに声をかけました。第一日目は、中心部より南東方向に、車で1時間ほど行ったところに住んでいる同世代のアメリカ人が、宿泊しているホテルまで迎えに来てくれました。自分が住んでいた地域からスタートし、ビバリーヒルズ、サンタモニカ、マリブとめぐる半日ドライブを企画してくれました。20年以上経過したのですから無理はありませんが、住んでいた地域周辺で、高層ビルが増えていることに驚きました。しかし、それはそこだけのことで、ビバリーヒルズ他は、ほとんど前と変わっていませんでした。最後に、何度か一緒に行ったことのある、マリブの海岸沿いに建つレストランに立ち寄り、暫し、思い出に耽りました。「ロスアンジェルス、思い出の地巡り半日コース」を堪能しました。
次の日は、当時、アシスタントとして、とてもお世話になった日本人女性との会食でした。中心部より北の地域で、車で1時間以上もかかるところから、わざわざ来てくれました。これまで21年間、クリスマス、私の誕生日には、何時もカードを送ってきてくれていましたが、お会いするのは19年ぶりでした。「何時かきっとお会いしたいです。」「ぜひ、L.A.に来てください。」とこれまで、何回も繰り返されてきました。それが実現したのです。本当に感激の再会でした。19年の時間の隔たりはありましたが、あっという間にその隔たりは埋められ、話が尽きない、とても楽しいひと時でした。あっという間に4時間が経ってしまい、再会を約束して車を見送りました。
赴任当初は、不安に支配されることが多かった私の心も、駐在中の素晴らしい人たちとの触れ合いで、いつの間にか、希望、感謝等というポジティブな色で塗られるようになっていました。その代表者が、今回ご一緒したお二人です。久しぶりの再会で、積年の望みを果たすことができました。

進藤 直滋

私の会計士人生は、いつの間にか40年を越えています。
最初の10年に比べ、後半の30年は、大きな変革の中を通ってきた感じです。
これからの変化は、間違いなくもっと大きくなるでしょう。

2013.11.18

鴻巣花火大会

みなさん初めまして。A&Aパートナーズに入所して、初めてのブログになりました。自己紹介をかねて、地元紹介をしたいと思います。

私の出身は埼玉県鴻巣市です。埼玉県民で自動車免許を持っている方なら、免許センターで通じる鴻巣市です。今は、私が東京都民になってしまい、実家も鴻巣市の隣の北本市に引っ越したため、帰る機会は減ってしまいました。でも多くの友人は鴻巣市に住んでいるので、たまに鴻巣市に帰っては、友人と顔を合わせています。
第一回目のブログは、友人(S氏)と鴻巣市で行われる花火大会に行ったことを書いていきたいと思います。

まず、最初にお断りをしますが花火大会の話題なのに、写真は一枚も登場しません。ブログに載せようと、友人と一緒に写真を撮りましたが、残念ながらここに載せられるほどいい写真がとれませんでした。
まあ、楽しい雰囲気が伝わればいいということで、さっそく写真を撮るのをあきらめ、代わりに和牛串焼きとバイトのお兄さんがかなり適当に作った青リンゴサワーを両手に持ち、スタートです。

さっそく乾杯。お酒が混ざっていませんがそんなこと気にならないぐらい、花火がきれいでした。10月の中旬ということで空気が澄んでいましたし、荒川の土手が会場となっているので高い建物もありません。会場も思ったほど、混んでいなかったので屋台が近い場所も確保することができ、いい環境で花火を見ることができたと思います。

こうのす花火大会は今年で十二回目、しかも今回は世界一の正四尺玉を打ち上げるということで、結構な規模に成長したなと元地元民として感じます。第一回目の花火大会にも、中学生の時に参加しましたが、その時は友人(T氏)と男二人きりで花火を見たという、淡い思い出しかありませんでした。

開始から1時間ぐらいが経過したころから、風が強くなり少し寒くなりました。その日の昼間は、暖かく半袖でもよかったので防寒していなかったことが裏目に出てしまい、友人と凍えながら、花火大会はやっぱり暑い夏がいいという結論に至りました。

凍えながらも、とうとうフィナーレ「鳳凰乱舞」。正四尺玉・正三尺玉・尺玉300連発とプログラムを見るだけでも、興奮ものです。実際に打ち上げられた花火は、夜空一面を照らし、正四尺玉は想像以上の大きさでした。寒さも忘れ、ただただ興奮し、童心に返ったように感じました。

楽しい時間も終わってしまい、余韻も感じながら岐路につきましたが、来年はもっと規模が大きくなるような感じがしたので、また来年も行こうと思います。

門倉 翔太

〈プロフィール〉
埼玉県出身
2013年1月 監査法人A&Aパートナーズ入所

〈モットー〉
日々前進

2013.11.11

風邪

大人になってからめっきり高熱を伴うような風邪は引かなくなりましたが、子供の頃は40度を超えるような高熱を何度か出した記憶があります。高熱の場合大人ならまだしも、子供の体には相当きつく、とても辛かった思い出があります。
そのため、1日でも早く治るようにと色々試行錯誤していたように思います。具体的には、とにもかくにも体を温めること。真夏でも、真冬でも厚手のパジャマを着て、布団を何枚も重ね、苦しいくらいに温かく過ごしていました。また、氷枕をして、さらにはキンキンに冷やしたタオルを額の上に乗せ、体とは反対に頭部はとにかく冷やしていました。さらに、体調が悪いと感じたらすぐに薬を飲むこと。薬も色々飲みますが、解熱剤を飲むことによりできるだけ体温を平熱に近づけるようにしていました。そして、お風呂には絶対に入らないこと。お風呂に入ると風邪は治らないと言われていました。そのため、風邪が長引いた場合はタオルなどで体を拭くようにしていました。
我が家ではこんな感じでしたが、ちょっとここで海外の変わった風邪対策事情について見てみようと思います。
まずロシアです。我が家同様体を温めるという考えからか、風邪の引き始めなどにウォッカを飲む習慣があるみたいです。風邪の時にお酒を飲むなんて信じられませんが、ロシアでは立派な風邪対策として現在でも行われているようです。
次にお隣の韓国ですが、モヤシにトウガラシを絡めて食べるというような習慣があるみたいです。モヤシはもともと漢方として使われていたようですし、トウガラシはロシアでのウォッカ同様に体を温める効果があるからのようです。
ちょっとこれは本当どうか怪しいですが(笑)、アメリカでは風邪の時にはジョギングをするのがよいと言われているという記事を見たことがあります。よく意味がわかりませんが、走ることにより熱を外に放出するのだとか。。。
このように見ても国により様々な治療法が行われているようです。ここで話を戻しますが、我が家で行われていた治療法は正しかったのかなと大人になり考えたことがあります。その中で医師に話を聞いたり、自分で調べたりしてみた結果、色々な考え方があるようですが、おそらく我が家の治療法は間違いではないかなと思います。
まず、体を温めるという行為ですが、適度に温めるのがよいと言われています。僕の場合のように過度に体を温めた場合、温めた熱が体にこもり、さらに体温を上昇させる原因になってしまう可能性があるのです。次に、頭部を冷やすという対策ですが、これも医学的には根拠がないと言われています。確かに、よくよく考えてみると外部から冷やすことにより、ウィルス性の発熱が下がるというのもおかしな話です。もちろん、本人の感覚として、火照ってる頭を冷やすことにより気持ちよく感じることはあると思います。ただ、実際に発熱を下げる効果はないようです。さらに、薬をすぐに飲むという行為ですが、これも場合によってはよくないようです。そもそも、体内にウィルスが侵入し、体温が上がるという行為は、ウィルスと戦うために行われるものです。したがって、せっかく上がった体温を薬により下げてしまうとウィルスとの戦いに不利になってしまう可能性があるのです。ただ、高熱になり脳に障害が生じる可能性があるなど一定の場合には薬を飲んだほうがよい場合もあるみたいです。どちらにしても、僕の場合のように熱が出たらすぐに薬を飲むというはよくないようです。最後にお風呂についてですが、こちらもそれほど高熱でない場合には入浴しても問題ないようです。体を清潔に保つことにより、免疫力も上がり、風邪にはいいとのことです。もちろん、高熱が出ている場合には注意が必要ですが。
このように我が家の治療法には色々間違いがあったようです。僕は子供ころ風邪を引くとかなり長引いてた記憶があります。当時から正しい治療をしていたら、もっと早く治っていたかもしれません。
ただ、おそらく我が家だけが間違った治療法をしていたというより、当時(今から25年以上前です)では、常識的な治療法だったのだと信じたいものです。

名前;金田 稔(かねだ みのる)
出身:北海道札幌市
職歴:少しばかり型枠大工をしてました。
趣味:スポーツ全般、沖縄旅行
座右の銘:人事を尽くして天命を待つ

2013.11.5

メキシコに行ってきました

9月の中旬に遅めの夏休みをいただいて、メキシコに行ってきました。数年前から行きたい旅行先リストには常に入っていたのですが、「遠いし日数かかるから」という理由でずっと行けてなかったので念願がついに叶ったところです。
まず、メキシコシティから入って、そのあと長距離バスでグアナファトというところに行き、カンクンで終わるというスケジュールでしたが、この三つの中ではグアナファトがダントツに素敵な所だったので、グアナファトについて書きたいと思います。
グアナファトはメキシコシティから長距離バスでだいたい4~5時間くらいかかるところにあり、スペインの植民地時代に築かれた街で、町全体が世界遺産に登録されているところです。
20131105_01

20131105_02

街全体がカラフルでこういった建物が所狭しと並んでいます。
まず、中世の面影を残すグアナファトの街を一望できる絶好のビューポイント、ピピラ記念像のある丘に行きました。グアナファトでは一番有名な観光地で、ここでの観光のハイライトです。ピピラとは、メキシコ独立戦争時に、スペイン政府軍が立てこもる要塞となっていた穀物倉庫の扉を、一人で爆薬を抱え突破し要塞墜落のきっかけを作った鉱山労働者の名前だそうです。街を見下ろせる丘の上に大きな記念像が建てられています。
20131105_03

20131105_04

こっちが夕暮れ位?です。
寒かったのですが、景色がきれいだったので4時間位はピピラ記念像の丘にいたと思います。この丘はファレス劇場というところの裏手から出ているケーブルカーで行きました。丘まで歩いてもいけるそうですが、結構急な斜面だったので歩いて登るのは大変そうです。
次の日は口づけの小路、ファレス劇場、グアナファト大学、ミイラ博物館など主要な観光どころをほぼ徒歩でまわりました。ミイラ博物館だけタクシーで10分くらいのところだったのでタクシーを使いましたが、そこ以外は歩いて行けるくらいのところにすべてありました。
ミイラ博物館は、その名の通り赤ちゃんから大人のミイラまで何十体と展示されている博物館です。館内が撮影禁止だったのかどうか定かではありませんが撮る気にならなかったので写真はありません。メキシコの乾燥した気候ゆえ、ミイラが出来やすいようです。ガイドブックにはミイラ博物館は観光スポットとして人気だから行列ができている、と書かれていましたが、私が行ったときは他に誰もいなく友人と二人っきりで薄暗ーいミイラが並んでる館内を回りました。ずっと鳥肌が引かない状態で、ここは一回くれば充分かなーと思いました。
あと、面白かったのはミイラ博物館から程近い場所にあるイダルゴ市場です。ここは日用品からグアナファト名物のミイラキャンディーなどのお土産物や、果物などの生鮮食品などなんでも売られています。雑貨などで欲しいものはなかったですが、変わったものなどが多く見ているだけで楽しめました。
20131105_05

20131105_06

グアナファトは観光するだけなら2日あれば充分見れてしまいますが、街全体がのんびりしているところなので、もう2、3日観光はしないでのんびりここにいたいなーっと思ってしまいました。あと、ここでは日本人どころかアジア人を一人も見かけなかったです。たぶん今までの旅行で初だと思います。
美味しいメキシコ料理も食べられたんですが、一つ心残りがあります。メキシコのいたるところの屋台で売られている、焼きとうもろこしにマヨネーズと粉のチーズをまぶして、最後にライムを絞って丸ごと一本手渡してくれる屋台料理が食べられませんでした。日本で見るとうもろこしと比べて明らかに白くて硬そうなとうもろこしでしたが、食べ歩きしている人がおいしそうに食べていたので…。次回行く機会がもしあったら食べようと思っています。
メキシコシティもカンクンも素敵なところでしたが、今旅行を思い出して一番最初に出てくるのは「遠かったなぁー」です。カンクンから自宅に帰るまで丸一日かかったと思います。飛行機の中で映画を4本見て、寝て起きてもまだ着かない…。たぶん、数年は中南米・南米方面は旅行で行かないと思います。
今回の旅行では、カンクン行の飛行機に乗り遅れるやら、地球の歩き方をなくすやらでトラブルが結構多かったので、日本に帰ってほっとしてしまいましたが、帰国して数日で次はどこに行こうと妄想しています。まだ南半球に行ったことがないので、次は南半球の国に行きたいなーっと思っています。

竹内美香
埼玉県出身
2010年度論文式試験合格後A&Aパートナーズ入所

これからもAAPの一員として頑張ります。