2013.10.15

キャンプ

ここ数年、家族でキャンプに行くことを趣味にしています。昔からアウトドアが好きだったので子供達にも自然の中で色々な経験をさせてあげたいと思い、次女が1歳になったのをきっかけに本格的に始めました。最初の頃、訳もわからず周りに生えている草を食べ、隣のテント勝手に入ってしまっていた次女も今では3歳、これまで色々なキャンプ場へ行き、色々な経験をしてきました。子供達にとってさぞかし良い思い出になり、子供達もキャンプが大好きになるかと思いきや…。
全く子供たちがキャンプを好きになってくれません。2人とも女の子なので始めるにあたって少し心配はしていましたが、まさかここまでとは。
「明日からキャンプ行くぞ」というと「え~」「やだ~」と言い出します。なんとかなだめて行ったとしても「折り紙やりたい」「お絵かきしたい」といってテントの中で遊びます。「いつ帰るの?」「明日だよ。」「やった~!」こんな悲しい会話が繰り返されます。
特にキャンプは虫が多いのが嫌らしく、小さいころからキャンプに行っていれば、虫嫌いにならないだろうと思っていましたが、全くの逆でした。キャンプ場に行けば、普段見ることのないような虫がいっぱいいるので、世の中にはこんなのもいるのかと、さらに虫嫌いがひどくなった気がします。次女は未だに小さなアリさえ触れません。
何のためにキャンプにいっているのか時々わからなくなることもありますが、9月に入り大分涼しくなってきて、虫も減り、夜は焚火が暖かく、これからがキャンプ好きにとっては最高の季節です。子供達がいつかキャンプ好きになってくれることを信じて、あきらめずに今年もあと少しキャンプに行こうと思っています。

今年の夏休み、某雑誌で「本当に気持ちのいいキャンプ場」第1位に選ばれたこともあるという「野反湖キャンプ場」に行った時の夜明けの写真です。
夜明け前に起きてコーヒーを淹れ、焚火をしながら朝日が昇るのを待つ。キャンプで一番好きな時間です。

20131015

 

赤池 直也

公認会計士2次試験合格後、某会計士専門学校で講師経験を積んだのち2008年監査法人A&Aパートナーズに入所。

 

メッセージ

A&Aパートナーズに入社して3年、はやく一人前の会計士になれるように日々精進していきたいと思います。