2013.10.28

癒し犬への片想い

久しぶりにブログの順番がやってきました。何を書くか悩みましたが、今回は私の愛犬を紹介したいと思います。

我が家では、『りん子』という名の犬を一匹飼っています。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル(通称:キャバ)という犬種で、ものすごく元気な女の子です。
数年前、『りんちゃん』という別のキャバを飼っており、その子供のうちの一匹が『りん子』です。

りん子はとてもかわいいのですが、ちょっと変な趣味があるようで毎日困っています。
というのも、りん子は、人間の使う「歯磨き粉」の匂いが大好きなようで、私が歯磨きし始めると、寄ってきては「歯磨き粉ちょうだい」のポーズをします。最初のころはかわいいな~と思っていましたが、最近は私が歯ブラシと歯磨き粉を持っていると必ず突進してきて大変なので、りん子に見つからないように歯磨きをすませようとがんばっています。

犬もだんだんと性格が変わるようで、昔は外に出るのが怖くて、散歩など決して行くことはできませんでしたが、今となっては自分で外に飛び出していくまでになりました。ただ、雨の日は濡れるのが嫌なようで、絶対に散歩には行きたがりません。
やはり女の子ですね。

帰宅するとりん子の散歩が待っていて、正直疲れている時もありますが、りん子を溺愛しているので無理してでも行くようにしています。

私はりん子のことが大好きでたまりません。朝行く時も、夜帰宅した時も、りん子を見るととにかく癒されますし、幸せな気持ちになります。ですが、りん子はそんな私の気持ちも知らず、私ではなく私の母親の方が大好きでたまらないようなのです。

完全な片想い中ですが、いつかりん子に想いが通じる日まで、毎日戯れていこうと思います。

大野 奈緒美(おおの なおみ)

<プロフィール>

埼玉大学経済学部経済学科卒業

2011年1月、A&Aパートナーズ入所

<モットー>

毎日失敗しながら、新しいことを身につける!

<最後に一言>

今年はポジティブ思考で、仕事もプライベートも充実させたいと思います。

2013.10.21

美術館に行ってきました

今まで5年に1度位しか行く機会のなかった美術館ですが、今年の4月に入ってからどういうわけか美術館に興味が出てきて行ってみました。知識は全くありません。ほぼ初見という状態で乗り込んでいます。

シリーズ物、というわけではないですが行ったのは3つ
・東京美術館 レオナルド・ダ・ヴィンチ展
・国立西洋美術館 ラファエロ展
・国立西洋美術館 ミケランジェロ展

どれも同じ時期の有名な人たちですね・・・これは上野界隈の美術館の陰謀でしょうか?

最初のレオナルド・ダ・ヴィンチ展ですが、これと言って有名な作品はなかったせいなのか、公開初日に行ったのにそれほど混んでいませんでした。ただ、美術館は人が少ない方がゆっくり作品を鑑賞できるので良いですね。このレオナルド・ダ・ヴィンチ展では絵らしい絵はあまりなく、どちらかと言うと下書き的な物や手紙(当然読めない)等が多く、もっとドーンという絵を期待していた自分としては正直に言うと若干退屈な構成になっていました。

次はラファエロ展に行きましたが、こちらは目玉の「大公の聖母」が来ていたのもあり、チケットを購入するだけで30分、そこから入場するまでに1時間半かかりこれだけで疲労が溜まる・・・
当然中も相当混んでおり、時間がかかります。混んでいると案内の人が「止まらずに歩いてください。」との一言。普通の作品もゆっくり鑑賞できなかったですが、これが「大公の聖母」の近くになった途端、人気バンドのライブ会場にみたいになっていて遠くからしか見えませんでした。

最後はミケランジェロ展ですが、これは隣で深海展をやっている影響もあるのでしょうか?という位空いていました。絵というよりは彫刻家ですが、ここまで観てきた3人の中では一番好きな感じでした。
有名な作品は壁画だったりするので当然ありませんが、それを写した映像が何故か妙に印象に残っています。

3つの展示会を観てきましたが、美術館というのは作品を観に行くというよりは美術館に行って作品を通じて自分の世界に入り、リラックスするというのが一番の楽しみだな、と感じた今日この頃です。

須長 初(シニアスタッフ)

(モットー) いつも楽しく


(プロフィール)20063月に専修大学商学部を卒業後、試験勉強のため半年のフリーターの後、監査法人エイ・アイ・シー(現在の監査法人A&Aパートナーズ)に入所。現在に至る。


(趣味)熱帯魚、スキー、ミステリー

2013.10.15

キャンプ

ここ数年、家族でキャンプに行くことを趣味にしています。昔からアウトドアが好きだったので子供達にも自然の中で色々な経験をさせてあげたいと思い、次女が1歳になったのをきっかけに本格的に始めました。最初の頃、訳もわからず周りに生えている草を食べ、隣のテント勝手に入ってしまっていた次女も今では3歳、これまで色々なキャンプ場へ行き、色々な経験をしてきました。子供達にとってさぞかし良い思い出になり、子供達もキャンプが大好きになるかと思いきや…。
全く子供たちがキャンプを好きになってくれません。2人とも女の子なので始めるにあたって少し心配はしていましたが、まさかここまでとは。
「明日からキャンプ行くぞ」というと「え~」「やだ~」と言い出します。なんとかなだめて行ったとしても「折り紙やりたい」「お絵かきしたい」といってテントの中で遊びます。「いつ帰るの?」「明日だよ。」「やった~!」こんな悲しい会話が繰り返されます。
特にキャンプは虫が多いのが嫌らしく、小さいころからキャンプに行っていれば、虫嫌いにならないだろうと思っていましたが、全くの逆でした。キャンプ場に行けば、普段見ることのないような虫がいっぱいいるので、世の中にはこんなのもいるのかと、さらに虫嫌いがひどくなった気がします。次女は未だに小さなアリさえ触れません。
何のためにキャンプにいっているのか時々わからなくなることもありますが、9月に入り大分涼しくなってきて、虫も減り、夜は焚火が暖かく、これからがキャンプ好きにとっては最高の季節です。子供達がいつかキャンプ好きになってくれることを信じて、あきらめずに今年もあと少しキャンプに行こうと思っています。

今年の夏休み、某雑誌で「本当に気持ちのいいキャンプ場」第1位に選ばれたこともあるという「野反湖キャンプ場」に行った時の夜明けの写真です。
夜明け前に起きてコーヒーを淹れ、焚火をしながら朝日が昇るのを待つ。キャンプで一番好きな時間です。

20131015

 

赤池 直也

公認会計士2次試験合格後、某会計士専門学校で講師経験を積んだのち2008年監査法人A&Aパートナーズに入所。

 

メッセージ

A&Aパートナーズに入社して3年、はやく一人前の会計士になれるように日々精進していきたいと思います。

2013.10.7

蕎麦打ち

私は小さいころから蕎麦が大好きです。最近は、美味い蕎麦を食べるのはもちろんですが、自分でも美味い蕎麦を打ってみたいと思い、日々研究しています。今回は蕎麦打ちの予備知識を書いてみました。

1.蕎麦粉について
蕎麦粉は、製粉・篩分けの度合いにより「一番粉」・「二番粉」・「三番粉」他に分けられます。蕎麦の香りや食感に大きく影響します。

一番粉(更科粉):
そばの実の中心部分の胚乳のさらに中心部が主体、白色で旨味や甘みが高い最上級粉だがそば独特の香りや風味に欠ける。成分は主に炭水化物(でんぷん)と水分。更科蕎麦は、更科粉主体で打った白い色のごく高級な蕎麦麺である。蛋白質がほとんど含まれない更科粉の10割蕎麦は、つながりづらく長い麺が打てないどころか名人でないとボロボロとして麺に打つことすら困難である。

二番粉:
胚乳と子葉(胚芽)の一部が主体、うす緑黄色で香りが高く風味に優れ栄養価も高い。

三番粉:
胚乳の一部と子葉(胚芽)と種皮(甘皮)の一部、うす青緑色で香りが非常に強く栄養価が非常に高いが味と食感に劣る。二番粉、三番粉を称して中層粉という。

末粉(全層粉):
殻を外した実(ぬき実)を挽いたもの。子葉(胚芽)と種皮(甘皮)。黒っぽく風味は強いが食感は劣る。主として乾麺などに使用。繋がり易くそばの風味も味わえるのは、中層粉または全層粉である。

挽きぐるみ:
玄蕎麦を直接ひいた粉を篩で調製したものである。挽きぐるみには、殻の一部が含まれ、ホシとよばれる斑点となり田舎そばの風合いを出しているが、量が過ぎるとそばの風味を損なう。

2.繋ぎについて
繋ぎは、繋がり難いそば粉を何とか長いそばにしようと、昔からいろいろなものが使用されてきました。各地で、その地方で採れるいろいろな物を繋ぎとして利用しているのは面白いですね。
新潟県の「へぎそば」は織物の仕上げに用いるフノリを用い、長野では干した葉(オヤマボクチ)を蒸して草餅に入れたり、干した葉をもんでもぐさ状にしたものを用いてきました。一般的には、卵やとろろが地域に関係なく繋ぎとして用いられています。
澱粉質の多い更科粉は、粉の一部を加熱して糊化させ、この粘りで残りの粉を繋いでいく方法を用い、とも繋ぎとも言われています。
江戸流そば打ちは小麦粉を割り粉として用いることにより進化してきました。小麦粉を繋ぎと呼ぶ他に割粉とも呼びます。外一(トイチ:そば粉10に対して小麦粉1の割合)、九一(クイチ:そば粉と小麦粉の比率が9:1)、外2(ソトニ:そば粉10に対して小麦粉2の割合)、二八(ニハチ:小麦粉2に対してそば粉8の割合)と、混入率は様々です。一般的には、そばと呼べるのは繋ぎが3割までと言われています。同割り(そば粉と小麦粉が同量)に到っては、そばと言うよりうどんに近くなります。

3.道具について
蕎麦を打つに当たっては、家庭用の料理器具があれば事足ります。特別なものは必要ありません。
しかし、コネ鉢、包丁、コマ板、麺棒、ノシ板を揃えて甚平を着ると、それなりに蕎麦を打っている雰囲気が出るのではないでしょうか。形から入るのも大事です。趣味として蕎麦を打つ程度であれば、初心者用の蕎麦打ちセットが10,000円程度でそろいます。最終的には石臼ですが、家族の深い理解が必要になるでしょう。

以上、蕎麦打ちの予備知識でした。次回は蕎麦打ち実践編で。

20131007

プロフィール

田中 亮
 2000
年公認会計士2次試験合格後、中央青山監査法人に入所。その後、経理をやったりしていましたが、みすず監査法人の解散を機に、監査法人A&Aパートナーズに入所。

(趣味)ゴルフ。インターネット。ファミスタ。

(メッセージ)関西生まれのため、強烈な関西人オーラの前では関西なまりが出てしまう事もあります。あまり、気にしないでください。