2013.09.30

不思議な体験

昨年5月に長女を出産した。
それに伴い1年程出産・育児休暇を頂いた。

その間に当然ではあるがお腹の中で生き物が育つという不思議な体験をした。
しかもある程度のサイズになると動く。

最初はツンツンとつつかれている感じが
終盤にはドンドンとどつかれるようなそんな感じ。

ある時は自分の体内から手のような足のようなものが外に向かって突き出したり
ある時はヒクッヒクッと自分以外のしゃっくりが体内から感じられる。

考えれば考えるほど何とも言えない奇妙な感じ・・・

そして、この世のモノとは思えないあの出産の痛み。
鼻からスイカを出す感じなどと耳にするが、そんなスッキリしたものでもない。
内臓が外に出て行く、例えるなら大きく膨らんだ胃袋を口から出し・・・
考えると気分が悪くなってくるのでまぁいいとしてとにかく痛かった。
あの痛みを忘れて2人も3人も出産をするとはホント人は忘れやすい生き物だと思う。

その後も半年くらいの間は、娘は私の母乳のみでみるみる成長していった。
ちなみに母乳は血液から出来ているらしい。
血を吸って生きるとは、娘は吸血鬼なのか・・・
やはりなんとも不思議でたまらない。

人間とはいえ私はただの動物、哺乳類なんだと実感した。

そんな娘も1歳3ヶ月になり、今では歩くしご飯も食べる。
ちょっと前までお腹の中でツンツンつついていたのに。

子育ての感想としては、とにかく想像を遥かに超えて手がかかる。
哺乳類の赤ちゃんの中で一番無力な状態で生まれてくるのがヒトの赤ちゃんとは聞くが
進化の過程でもう少しどうにかならなかったのかとつくづく思う・・・

1歳3ヶ月になり、ようやく他の哺乳類の生まれたての赤ちゃん程度になっただろうか。
・・・まだまだ子育ても先は長そうだ。
でもおかしなもので、大変な事が目にみえていてもそれを楽しみに思っていたりする。
どうやらこれが母性というものらしい。

百聞は一見にしかずとはまさにこの事で、ウワサを超越した貴重な体験であった。
まだまだ未体験の不思議な事は世の中たくさんあるんだろうなぁ・・としみじみ思う。

しかし世の人はあの人もこの人も皆、例外なくこんな風に生まれてきたとは想像もつかない。

福島 康代

福岡県出身

2008年論文式試験合格後A&Aパートナーズへ入所

 

いつも好奇心旺盛でいたいと思います。