2013.07.29

天国からちょっと地獄

自分は現在遊びで草野球をやっていて、今年から高校時代の友人のチームへ加入して区民大会の優勝を目指してがんばっています。
チームは現在Bクラスに所属しており、区民の上位はAクラスで、Bクラスで優勝するとAクラスに昇格となります。
今年から加入した自分は入ったときから強いチームだと感じていたのですが、なかなかAクラスにいけないと聞いて驚いていました。ちょっと反則ですが元巨人(以下、元G)のピッチャーがいたりして負ける要素がないように思っていました。
が、いざ決勝まで進み先発と登板するとファーボールの連発でランナーを貯め、しまいには押し出しで失点・・・・。後から聞いた話だと、どうしてもAクラスに上がりたくて気負ってしまったと。。。。
内容は端折りますが、結果無事優勝できAクラスへの昇格が決まりました。しかしAクラスで結果残せないとすぐにBクラスへ降格なのでこれからもっと気を引き締めないとなりません。何はともあれ優勝できたことは本当にうれしかったです。
その後、奥さんと優勝を喜びながら帰宅途中に、自宅で簡単に祝勝会をしようという話になり、スーパーによってお酒を買い、マンションに着きエレベーターに乗り自宅のある階に止まってドアが開くはずが・・・・開かない!「開く」ボタンを押しても反応しない・・・・
他の階のボタンを押しても何も反応しない・・・・
そうです。自宅まであと一歩のところでエレベーターに閉じ込められました。すぐに非常ボタンから管理会社に連絡したのですが、日曜だからかまったくつながらず、5分ほど呼び出しの後やっと応答があり、「作業員を向かわせるのでいつ頃つくか連絡します」と言われて電話を切ってから15分たっても音沙汰なし。エレベーター内も次第に暑くなってきて野球の試合後ということもありさすがにしんどくなってきたので最終手段で「119」へ連絡してみました。
消防「火事ですか?緊急ですか?」
私 「緊急といえば緊急なんですが、実は自宅マンションのエレベーターに閉じ込められてまして、管理会社に連絡したんですが15分たっても音沙汰ないんで、出してもらえたりするんですか?」
消防「わかりました!すぐに向かわせます!ご住所は?!」

というやりとりから10分もしないうちに、けたたましいサイレンとともにやってきました。レスキュー隊。重装備した方たちが5人ほど来て僕らの体調を気にしながら「奥さんは体調大丈夫ですか?!」と聞く人みんな奥さんの体調を心配していました。外見で判断しないで僕の体調も気にして、と思いつつドアが開くのを待つこと20分。レスキュー隊のおかげでようやく外に出ることができました。
優勝したよい気分で一日を終える予定が最後の最後に、エレベーターに閉じ込められるという何ともついていない一日の締めくくりとなりました(T_T)

中井 恭平(アドミスタッフ)
ひとこと:精進します。

略歴:関東学院大学(硬式野球部)、某株式会社(1年半神戸在住)、2007年7月監査法人A&Aパートナーズ入社

趣味:野球、ゴルフ、車弄り

メッセージ:日々新しいことばかりなので、気を引き締めて頑張ります。