2013.04.29

かれこれ12年・・・

この職業に就いてしばらくしてから、新車を購入しました(車名は伏せておきます・・・)。すでに12年乗り続けています。3年で買い替える同僚もいましたが、価値観は人それぞれです。
当初は、ちょっとだけチューニング(カスタムとは言いません)して楽しもうという感じでした。しかし、こっちをいじればあっちもいじりたい、こんなことが積み重なり、かなり手をいれてしまいました。
そうすると、このクルマを思う存分走らせたい衝動に駆られます。公道では当然ですがムリです。安全に走らせる場所としてサーキットがあります。友人に誘われて初めてサーキットを走ったときは、こんな楽しい場所はない!と思いました。それからすっかりハマり、行った回数は数知れず。泊りがけで鈴鹿や仙台まで行ったこともありました。
知らない人は、そんな所で普通のクルマを走らせることが可能なのか?本当に安全なのか?と疑問を抱きます。
答えは、どちらも大丈夫です。普通のクルマでも大丈夫です。サーキットによってルールはありますが、今人気のミニバンでも、コンパクトな軽自動車でも走ることができます。
安全性についてですが、一般道路や高速道路よりもはるかに安全です。道幅は一般道路よりも広く、一方通行だからです(逆走は絶対にありません)。また、凹凸や轍(わだち)もありません。一番精緻に平らにアスファルトが敷かれていて、日本の技術力もかなり高いです。クルマを走らせる場所としてこんな安全な所はないと思います。一般の人が「危険」と思うのは、普通よりもスピードを出しているからで、サーキット自体はかなり安全に設計されています。
一番利用するのは「富士スピードウェイ」です。東京からも近く(1時間程度)、F1も行われた有名なサーキットでストレートが約1.5kmもあります。そのため、最高速は250kmを超えます。ほとんど新幹線と同じスピードです。これだけだとかなり危険に聞こえますが、上記のようにサーキットは安全に設計(道幅は25m!)されているので、恐怖はまったくありません。むしろ、アドレナリンが出て快感すら覚えます。何も考えなくなるので気分は最高です。
周りの友人、同僚で12年も乗っている人はほとんどいません。一緒にサーキットに行っていた友人もクルマを買い替え、僕も含めて最近はサーキットから遠のいてしまっています。10年以上もたてばどうしてもそうなってしまうのでしょうか。
クルマも機械なので、いつかは寿命が来て買い替える必要が出てくるかもしれません。それでも12年も乗っていると愛着は人並み以上にあり、なかなか買い替える踏ん切りがつきません。買い替えについては、じっくりと考えたいと思います。
買い替えた方が環境にも日本経済にも貢献できることは十分承知の上です。

菊池 愼太郎(マネージャー)

モットー
「どんなことも何とかなる」

経歴
青山学院大学経営学部卒業後、中央青山監査法人入所。以降、法定監査、株式公開等、多数のクライアントの業務に携り、専門家としての腕を磨く。 平成19年7月より、監査法人A&Aパートナーズに移籍。心機一転、公認会計士としての環境を変え、ますます日々の業務に邁進中!

趣味
週末ごとに愛車でドライブに出かける。時にはサーキットを走ることもある自称レーサー。

メッセージ
自分が培った経験を他人のために生かすことが喜びです。今後も日々自己研鑽に励み、誰にも負けない高品質な業務の提供を目指します。