2013.04.22

大人のクイズ問題

全国100万人のクイズ問題愛好家の皆様、お待たせしました。大人のクイズ問題(決していやらしさはありませんが)の時間です。では、問題をどうぞ!

Q1.
ある国のスパイが、敵国に侵入しましたが、見つかってしまい捕まりました。このままだと、死刑となってしまいます。敵国の国王は、このスパイに対して、「お前にチャンスをやる。これからお前が何か予言をして、予言が当たったら、銃殺による死刑、予言がはずれたらギロチンによる死刑とする。さあ、何か予言してみろ。」と言いました。敵国のスパイは、国王に対して、何と予言すれば、命が助かるのでしょうか?

Q2.
幅100メートルの川を3人が渡ろうとしていましたが、生憎、橋を渡るためには10キロメートル先まで行くしかありません。また、3人の内、2人はカナヅチのため、1人しか泳げません。近くにボートがあるのですが、1人乗りであり、片道しか使えない状況でした。しかし、3人とも無事、渡ることができたそうです。何故でしょうか?

Q3.
ワインがボトルに少々、残っていました。A君とB君はどちらもワインが好きなので、2人で分けることにしましたが、生憎、形状の違うコップが2つしかありませんでした。形状の違う2つのコップを利用して、A君とB君がお互い不満の残らないようにこのワインを分けるためにはどうすれば良いでしょうか?もちろん量りとかは使用禁止です。

Q4.
ある弁護士は、離婚の裁判を専門に取り扱っていて、必ず、旦那さん側の弁護を引き受けることにしていました。ところが、ある離婚の裁判に限って、今までどおり、旦那さん側の弁護を引き受けることができませんでした。何故、引き受けられなかったのでしょうか?

Q5.
A国からB国へ旅行をしている人がいました。道の途中に分かれ道があり、1つはA国へ戻る道、1つはB国へ向かう道となっています。分かれ道のところには、A国へ戻る道側に必ず本当のことしか言わない人、B国へ向かう道側に必ず嘘のことしか言わない人が立っています。また、この人たちに聞ける質問は、「この道はA国へ向かう道ですか?」か、「この道はB国へ向かう道ですか?」しか出来ず、更に1回しか質問できないとした場合、どうすれば間違わずにB国へ向かうことができるでしょうか?

Q6.
蛙が三匹仲良く、道路を歩いていました。そこへ正面からトラックがやってきたので、右の蛙は草むらに、左の蛙はドブに逃げましたが、真ん中の蛙はトラックに轢かれて死んでしまいました。さて、トラックに轢かれた蛙は大人だったでしょうか?それとも子供だったでしょうか?

A1.
解答は、「私はこれから、ギロチンで死刑にされる。」でした。ギロチンによる死刑を予言したので、ギロチンでの死刑では予言が当たってしまいますので、そうすると、銃殺しなければなりませんが、それでは、予言がはずれたこととなり、どちらでも死刑できなくなってしまうということです。

A2.
解答は、「浅い川だったので、3人とも歩いて川を渡った。」でした。川だからといって、深いとは限りませんから。。。

A3.
解答は、「どちらか1人が、ボトルに入ったワインをコップに分けて、分けなかった他の1人が、好きなコップを選ぶ。」でした。こうすれば、ワインを分ける人がどちらかに多く注いだとしても、他の人が多い方を選んでしまえば、ワインを分けた人は損をしてしまうので、なるだけ自分が納得するように公平に分けて注がなければなりませんし、コップを選ぶ人もどっちが得なのかを良く見て選ぶこととなりますから、A君もB君も不満は無いはずです。

A4.
解答は、「女性弁護士自身の離婚の裁判だったため。」でした。離婚の裁判を争うのは、自身の旦那さんということとなり、自身が不利となりますから、旦那さん側の弁護は引き受けられないといことです。女性弁護士も増加しましたが、何となく弁護士=男性のイメージがあると錯覚しやすいですね。

A5.
解答は、「自分が今来た道を指さし、この道はA国(又は、B国)へ向かう道ですか?と質問すれば良い。」でした。「この道はA国へ向かう道ですか?」の質問に「YES」と答えた人の立っている道側はA国となり、「NO」と答えた人の立っている道側はB国となります(B国へ向かう道を聞いた場合は、逆の解答となるはずです)。進みたい道の方向をつい聞きたくなりますが、はっきり分かっているのは、自分が今来た道だけなので、本当か嘘かは、今来た道について質問することが賢明です。

A6.
解答は、「大人」でした。質問の意味がわからない?「おたまじゃくしは、蛙の子」ですよね。

お後がよろしいようで。それでは、また、お会いいたしましょう!

加賀美 弘明(かがみ ひろあき)

最近思うこと:何かと難しい時代なので、バブル時代を懐かしく思います。

 

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。