2013.03.4

ベビーサイン

昨年の6月に娘が産まれました。名前は「音羽(おとは)」といいます。
生まれた当初はなんだか頼りない赤ちゃんだったのですが、すくすくと成長しまして、今では泣き声がやかましいぐらいの元気な娘になりました。最近はしっかりとお座りまで出来ます。ただ、うつ伏せの状態がイヤなんですかね・・・。あまりハイハイは得意でないようです。
休日の日は、親子3人で散歩に出かけます。ベビーカーで行ったり、抱っこで行ったりですね。最近は体重も増えてきたので、長時間の抱っこは疲れます。散歩に出かけたら本人はほとんど寝ています。家についたら起きるのは何ですかね。よく分かりません。ウチの方は下町なので、全然知らないおばさま方によく話しかけられます。そんな時でも娘はニコニコと愛想良く対応しています。
最近は芸を2つ覚えました。ひとつは、上手上手といって手をパチパチさせる事、もうひとつはバイバイです。カワイイ姿を動画に残したくてスマートフォンを向けると、パタと止めてしまいます。なにかいい方法はないですかね。
そんなカワイイ娘ですが、我が家及びママ友達の間でベビーサインなるものが流行っているらしいです。
ベビーサインとは、簡単にいえば赤ちゃん用の手話です。言葉による意思伝達ができない赤ちゃんが、「お腹がすいた」「お腹が痛い」などをベビーサインで表現できるようになるようです。犬、魚、カンガルーなど動物の姿や物の形を模倣して表現する他に、怖い、眠いなどのように動作・運動を示すジェスチャーがあり、これらを組み合わせて、文脈のあるメッセージも伝達することが出来るらしいです。本当に出来るのか分かりませんが、娘と会話が出来るようになれば嬉しいですね。
最近娘が、私をニコニコ見ながら、両手をグーにして胸を叩くような動作を頻繁にするんですよ。最初はカワイイなーと見ていたのですが、これがベビーサインなんですかね。気になったので嫁に聞いたのですが、「ゴリラ」のサインでした。音羽ちゃん・・・

プロフィール

田中 亮
 2000
年公認会計士2次試験合格後、中央青山監査法人に入所。その後、経理をやったりしていましたが、みすず監査法人の解散を機に、監査法人A&Aパートナーズに入所。

(趣味)ゴルフ。インターネット。ファミスタ。

(メッセージ)関西生まれのため、強烈な関西人オーラの前では関西なまりが出てしまう事もあります。あまり、気にしないでください。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。