2013.03.25

―トレーニングを再開したいけど根性がない今日この頃―

あと一月半で62才になりますが最近さすがに体力の衰えを感じています。特に背筋(脊柱起立筋)や足腰(特に大腿四頭筋)、それに腹筋(腹直筋や外腹斜筋)が衰えて来たなと思っています。
以前自己紹介で私はスーパーマルチオタクですと申し上げましたが、実は21才の頃から35才頃まで13年近くボディビルをやっていました。よってウエイトトレーニングについては一応プロのトレーナークラスの知識と経験があります。なぜウエイトをやったかというと、トレーニングを始める前は体重49㎏身長172㎝胸囲79㎝というモヤシのような体型で、思うところあってなんとか体重60kg以上のまともな体格が欲しく、色々試行錯誤した結果ウエイトトレーニングが最適ということにたどり着きました。
幸い下宿の近所にジムがあったので、そこに通ってボディビルのゴリラみたいな先輩たちに教えてもらったり、運動生理学やトレーニング理論の書物を読み漁り、週2~3回のトレーニングを13年間続けました。
26歳ごろがピークで体重60.5kg、胸囲97㎝まで行きました。ただ、パワーリフターとしての記録は平凡でベンチプレス90kg、スクワット100kg、デッドリフト120kgが自己最高でした(注:重量挙げにはオリンピックリフティングとパワーリフティングの二つの分野があります)。29歳で監査法人に入ってから、さすがにジムに行く時間が減る一方で、自宅にベンチプレス台とバーベル・ダンベルのセット(110kgまで練習可能)を購入して自宅でのトレーニング体制を作ったのですが、いつかそれらには蜘蛛の巣が張ってしまいました。
爾来バーベルマン生活から遠ざかって30年近くなり、かつての遺産を食いつぶして、たまにゴルフで250~60ヤード吹っ飛ばして謁に言っている情けない今日この頃です。経験や知識とノウハウは十分あり、必要なトレーニング機器も部屋に設置しているのでいつでもトレーニングを再開できるという油断が仇となったのでしょうが、最近一番大事なものが抜けているのに気付きました。それは「根性」でした。若い頃は何とか一人前の男の肉体が欲しいという強い気持ちがあったのですが、「一応これくらいでいいかな」「生まれつきのDNAからここまでが限界かな」等と妥協していたのでしょう。
36年間会計士をやってきて、今は世の社長さん達に色々助言や苦言をする立場になってきましたが、健康についても運動を通して啓蒙して行く必要があるかなと昨今思い始めました。何故ならこの優秀な日本人が運動に関しては全く無知だからです。運動はやり方によっては健康に害になります。年寄りの冬の早朝ランニング等自殺行為です。
ランニングがブームですがそもそも日本人のような華奢な体型でランニングは不要です。コーカソイドやニグロイドのように骨格や筋肉が発達している人種ならともかく、モンゴロイド、特に日本人の体形は本当にみすぼらしく、背筋が薄くて足腰も昔の日本人に比べてはるかに退化していて、筋力トレーニングこそ日本人の体力向上に適していると思っています。サーキット系(有酸素運動系)のトレーニングは心肺機能増強と反射神経のアップには有効ですが、骨格の拡張・強化や筋力の増強、特に消化器系内臓の強化には効果はありません。また、アクロバットの選手たちも体を柔らかくするためにはウエイトトレーニングをやるのです。
一般の日本人はこのように無酸素系運動と有酸素系運動の効果の違いや、パワーを発揮してそれを回復させる体内化学物質の変化のプロセスの違い、目的によってトレーニングの体系が全く異なるということ等を知らないし、トレーニングコーチの人達も知識と経験(トレーニング歴)が不足しているように思います。
私の専門はIPOですが偉そうなことを言うには現役であることが絶対の条件だと思うので、トレーニングについても現役でないと人に助言できないのではないかと考え、
トレーニングの再開に向けて気合を高めています(すぐにできないところが情けない)。

なお、ついでですからオタクぶりを披露させて頂いて筋肉について豆知識を書きます。
人の筋肉はFG線(速筋)、FGO線(中間筋)、SO線(遅筋)の3種類の筋繊維がよじりあってできています。その配合割合は人ごとに生まれつきで後天的に変えられません。
「力」を出して運動する時、体内のアデノシン3リン酸という物質がアデノシン2リン酸とリン酸に分解しパワーを出しますが、それを再合成するメカニズムが三つの筋繊維で異なり、速筋は非乳酸性機構、中間筋は乳酸性機構、遅筋は有酸素性機構という仕組みで力が再生されます。速筋はその人の最大パワーの20%以上の負荷がかかった時にはじめて動き出しますが、そのパワー再生メカニズムは体内のクレアチンリン酸の分解により、7.7秒しか最大パワーを発揮できません。中間筋は約33秒持ち、再生はグリコーゲンを使いますが、これがなくなったときに遅筋が動き始め、パワーの再生には酸素が使われます。それでも徐々に酸素が不足し、焦性ブドウ酸が発生して乳酸に変化していきますが、その乳酸の蓄積を「疲労」といいます。
こういうのはトレーニング理論のイロハに過ぎず、ある程度勉強したうえでトレーニングをしないと何の効果もないばかりか返って筋肉や内臓を傷めることになります。

最後に運動を長く続けて健康を維持する秘訣をお教えしましょう。それは「テキトー」に「ダラダラ」やること。健康のためには運動は一所懸命やってはいけないのです!!!

笹本 憲一
一言:
 最近のオタクな日々を徒然なるままに書きました。

略歴 : 中央大学商学部、日本大学大学院修了後、日本大学講師を経て監査法人中央会計事務所入所。中央青山監査法人時代は事業開発本部で横浜株式公開部長、CSR部長担当。平成197月監査法人A&Aパートナーズ代表社員就任。

趣味 : 歴史研究(先史~昭和史)、軍事研究(現在防衛省系NPOの監事)

    その他マルチオタク(鎧甲冑・戦史・犬・国際情勢・印刷機械……)

スポーツ:100を切れないゴルフと挙がらなくなったバーベル

天敵 : ネギ

2013.03.18

「日々、是丹精」

30年くらい前のことで相当昔の話ですが、ある会社が和議申請(現在の民事再生)を出して破綻しました。私は申立代理人弁護士から依頼を受けて、昼間の仕事を終えてから深夜まで3週間くらいの間、当該会社の過去の計算書類を洗い直して破産配当率の試算をすると共に、再生計画案を作成しました。債権者の同意を得るための債権者集会用の書類です。当時はノートPC,ワード、エクセルといった作業ツールが手許になく、物理的にも相当な労力を要する仕事でした。これらの出来あがった書類を、監督委員から委嘱された調査委員の公認会計士事務所に持参した数日後に、調査委員会計士の調査報告書が事前に私に郵送されてきました。正確な記憶ではありませんが今でも記憶に残っているその報告書の中の言葉は、「いくら品質が高く良い製品であっても、それをお金に変える力がなければ資本主義社会の中では淘汰される運命にある」という部分です。ごく当然の事実ですが、この言葉は非常に印象的でした。

優秀な製造業は秒単位で生産性の向上に努めていますが、知識集約型サービス業での生産性向上努力に対する取り組みは十分でしょうか。確かに知的労働は仕事の性格上は属人的能力に多くを依存していますので同列には論じられませんが、“生産性向上”という意識が相対的に希薄だと思っています。受注した仕事で高い収入を得るためにも生産性を上げなければなりません。これもごく当たり前の道理です。あるソフトウェア会社の会長は、「知的労働に従事する者こそ生産性向上に向けて工夫せよ」と言っています。適材を適所に配置して作業効率を高め、作業の段取りや進捗をマネッジする。生産性を上げて品質の高いサービスを安く作り出し、顧客の満足を得てこれを少しでも高くお金に変える。製造業を中心に行なってきた厳しい努力をわが身に置き換えて、反省の糧にしているところです。

さて現在の日本は、尖閣、竹島、北方領土、北の核とミサイルの四面楚歌ですが、「主は
怒りをもって師を興すべからず、将は慍いきどおりを以って戦いをいたすべからず」。アベノミクスの成長戦力の成果に期待しています。

野田勇司  岐阜県出身、昭和25412日生、

       気儘に過ごす時間がなく、“仕事に遊べ”と慰めています。

2013.03.11

刈り取り

私、昨年、還暦を迎えましたが、やはり、おんぼろ車のメーターが1回転すると、人生観が多少変化するものですね。事務所にはあと5年近くいる予定なので、還暦は単なる通過点ではありますが、日本年金機構から緑色の封書が届くと、年齢を実感させられます。若い時は「種まき」をし、30代、40代は一生懸命に耕して来ました。60代になり「刈り取り」をしなければ!という気持ちになります。今まで以上に充実した時間を過ごしたいものです。
蕎麦屋の話。趣味はゴルフです。私のメンバーコースは久邇カントリークラブといって、埼玉県の飯能にあります。ゴルフをした帰りに、飯能駅近くの蕎麦屋に良く行くようになりました。先日、クラブバスに乗っていたとき、『最近「ゆきやなぎ」に良く行くけど、混んでるよね』とか、誰かが言っていましたが、そうなんです、人気店「ゆきやなぎ」に私も良く行くのです。蕎麦屋なんですが、一度も蕎麦を食べたことがありません。3月2日に、今年15回目のラウンドの後、「ゆきやなぎ」に寄りましたが、とにかく、おつまみメニュー満載で、それでほぼ、おなかがいっぱいになります。〆はカツオ出汁のスープのラーメンが絶品で、この日もスープを一滴残さず飲み干しました。ま、こういうのも「刈り取り」の一環ということでしょうね。ちなみに翌日もゴルフ。これもまた「刈り取り」ですね。
20130311_01.JPGお店の外観

20130311_02.JPGメニュー(どこにも蕎麦がない)

20130311_03.JPG〆のラーメン

齊藤浩司

略歴:1980年中央監査法人入所 ってことは会計士人生35年目
   2007年監査法人A&Aパートナーズへ移籍
   
ひとこと:以前のブログで、継続は力なりって書きましたが、ゴルフは勿論、私たちの仕事も不断の精進を続けなければお客様の役に立てる会計士であり続けることはできない、ということを歳とともに実感するこの頃です。

2013.03.4

ベビーサイン

昨年の6月に娘が産まれました。名前は「音羽(おとは)」といいます。
生まれた当初はなんだか頼りない赤ちゃんだったのですが、すくすくと成長しまして、今では泣き声がやかましいぐらいの元気な娘になりました。最近はしっかりとお座りまで出来ます。ただ、うつ伏せの状態がイヤなんですかね・・・。あまりハイハイは得意でないようです。
休日の日は、親子3人で散歩に出かけます。ベビーカーで行ったり、抱っこで行ったりですね。最近は体重も増えてきたので、長時間の抱っこは疲れます。散歩に出かけたら本人はほとんど寝ています。家についたら起きるのは何ですかね。よく分かりません。ウチの方は下町なので、全然知らないおばさま方によく話しかけられます。そんな時でも娘はニコニコと愛想良く対応しています。
最近は芸を2つ覚えました。ひとつは、上手上手といって手をパチパチさせる事、もうひとつはバイバイです。カワイイ姿を動画に残したくてスマートフォンを向けると、パタと止めてしまいます。なにかいい方法はないですかね。
そんなカワイイ娘ですが、我が家及びママ友達の間でベビーサインなるものが流行っているらしいです。
ベビーサインとは、簡単にいえば赤ちゃん用の手話です。言葉による意思伝達ができない赤ちゃんが、「お腹がすいた」「お腹が痛い」などをベビーサインで表現できるようになるようです。犬、魚、カンガルーなど動物の姿や物の形を模倣して表現する他に、怖い、眠いなどのように動作・運動を示すジェスチャーがあり、これらを組み合わせて、文脈のあるメッセージも伝達することが出来るらしいです。本当に出来るのか分かりませんが、娘と会話が出来るようになれば嬉しいですね。
最近娘が、私をニコニコ見ながら、両手をグーにして胸を叩くような動作を頻繁にするんですよ。最初はカワイイなーと見ていたのですが、これがベビーサインなんですかね。気になったので嫁に聞いたのですが、「ゴリラ」のサインでした。音羽ちゃん・・・

プロフィール

田中 亮
 2000
年公認会計士2次試験合格後、中央青山監査法人に入所。その後、経理をやったりしていましたが、みすず監査法人の解散を機に、監査法人A&Aパートナーズに入所。

(趣味)ゴルフ。インターネット。ファミスタ。

(メッセージ)関西生まれのため、強烈な関西人オーラの前では関西なまりが出てしまう事もあります。あまり、気にしないでください。