2012.11.26

機内にて

国際会議参加のため、シドニーへ出張しました。26年ぶり、2回目のオーストラリアでした。飛行時間は10時間近くと長いですが、時差は2時間で、欧米への出張と比べると、体はずっと楽です。
午後8時近く出発の夜行便に乗りました。10時間なので、チエックインの際、比較的足の伸ばせる席を希望しました。担当者に、隣の席は幼児を連れた人たちですよと言われました。その意味は機内に入ってから解りました。座席の前には、飛行中に幼児を寝かせる、簡易の折り畳み式のベッドが備えてありました。
左隣は、満1ヶ月の赤ちゃんを連れた夫婦で、シドニー経由ニュージーランドまで行くとのことでした。赤ちゃんは、とてもおとなしい良い子でしたが、満1ヶ月なので、とてもひ弱で脆そうな「生き物」に見えました。10時間の飛行中、体調の急変があったらどうするのだろうか、風邪でも引きはしないかと、親でもないのに、あれこれ心配してしまいました。
夕食が出て、寝る時間になりました。私は、睡眠薬代わりに、ワインを3杯飲み、2,3時間眠りました。隣の席がどうにも気になりました。簡易ベッドにいた赤ちゃんは、眼が覚めた時には、母親の腕に抱かれていました。ウトウトしても、しっかり抱いていました。赤ちゃんが動けばすぐに眼を開け、顔を覗き込んで、愛しいわが子の無事を確認していました。次に眼が覚めた時には、父親の腕の中でした。母親同様、しっかり抱いていました。
子供のいない私ですが、若夫婦の我が子に対する献身的な愛情を見て、何か、自分に対する親の愛が強く感じられました。間違いなく、私の親も、私をしっかり抱いて、献身的な愛情を注いでくれたに相違ないと強く思えました。目頭が熱くなり、暫し、機体の天井を見つめていました。

進藤 直滋

私の会計士人生は、いつの間にか40年を越えています。
最初の10年に比べ、後半の30年は、大きな変革の中を通ってきた感じです。
これからの変化は、間違いなくもっと大きくなるでしょう。

2012.11.19

モリソン・インターナショナルの国際会議

今月のあたま(11月2日~4日)に、弊法人が加盟しているモリソン・インターナショナルの国際会議に参加してきました。
今年はオーストラリアのシドニーで開催されました(昨年はシンガポール)。
昨年は初参加ということもあり、計6名の大所帯で参加したのですが、今回は進藤統括代表社員と僕の2名で、ひっそりと(!?)参加してきました。

基本的な会議の構成は、昼が研修・講演・ディスカッション等の形式で情報交換・情報共有がメインで、夜は食事をしながら(酒を飲みながら)の懇親がメインとなっています。

昼に関しては、今回は監査のITインフラの話しが多かったような気がします。具体的な例を挙げれば、監査調書の電子化です。
弊法人では、いわゆる中小監査法人ではなかなか無いのですが、監査調書の電子化システムを整備・運用していますので、その点では一歩進んでいるのかな、と感じています。
また、電子調書化を行うためには、ある程度の監査ツールのひな型を構築する必要があるのですが、日本では日本公認会計協会の方で相応のものを作成し、会員に対してリリースしています。その辺の整備についても、日本は他国に比べて、業界としてきめ細かい対応をしているようです。特に、それが協会のHPで「無料」で提供されていることについては、外国の会計士にとっては相当ビックリのようです。もちろん、相応の会費を我々は払っているのですが・・

夜に関しては、2回目の今回は、初参加の前回よりは楽しめた感じです。何となく勝手が分かってきたこともありますし、前回からの顔馴染みも出来てきたので。
何人かの人からは、「去年のシンガポールでビールの早のみがすごかったね。今年も期待しているよ!」的な声を掛けられたのですが、残念ながら今回はそのような機会はありませんでしたが・・・

昼にしても夜にしても、様々な国の会計士(一部は弁護士等)の人達とコミュニケーションを図ることは、僕個人としても良い刺激になります。やはり、日本にいる時に比べて、自分自身の視野が広がる気がします。
国際ネットワークに加盟することで、少なからずビジネス(海外から仕事を依頼されたり、海外へ仕事を依頼したり)に繋がっている面もあるのですが、個人的には、このようなコミュニケーションの機会が与えられていることも、非常に有意義だなと感じています。もちろん、そのようなコミュニケーションが根底にあった上での信頼関係が、ビジネスの実績に繋がっていくのですが。

という訳で、今回のシドニーでの会議に関して表向きの目標は達成出来たと思います。
が、最後に、裏目標である「コアラを見ること」と「南十字星を見ること」は、全く達成出来なかったことを申し上げて、今回のコラムを締めくくりたいと思います・・・

寺田 聡司
〈プロフィール〉 神奈川県横浜市出身(途中、重要性が低いため省略)平成19717日に監査法人A&Aパートナーズ入所後、現在に至る。 
〈趣味〉 ビリヤードのジャンプショット、有馬記念の万馬券的中
〈メッセージ〉 私達の業界は色々な意味で大変な方向に向かっている今日この頃ですが、日々楽しくやっていけたら良いですね。

2012.11.12

新入り

以前、「ワンちゃんヒストリー」という題名でブログを書きました。その時は、我が家にいるペットは、三代目のドイツ生まれのミニチュアシュナウザーが家族の一員として、一緒に過ごしていることをご報告しました。それから1年余経った現在ですが、昔と同様、家族四人(正確には、二人と二匹ですが・・)となっています。
子どもが二人だったり、あるいは二人プラス1匹だったり、あるいは一人プラス二匹だったり・・・・家族構成はいろいろ変っています。が、やはり家族は多いほうが楽しいですね。
話が飛んじゃいましたが、さてこの1年で増員した家族ですが、オーストラリアン・ラブラドゥードルという犬です。ずいぶん長い名前の犬種だとお思いでしょう。
名前からも想像できると思いますが、この犬はラブラドール・レトリーバーとプードルのミックスで、オーストラリアで繁殖されたものです。オースラリアで生まれて我が家には2カ月過ぎてやってきました。毛質はフリースでさわり心地が最高です。毛も抜けにくい(うらやましい限りですが・・・・)ので、家の中で飼っても、車に乗せても掃除の手間がありません。最高!!
大きさは今、約18㎏あるのでだいぶ重たくなってきました。この大きさが、いわくつきなんです。ラブラドールはご存知のように大きいので小さめのプードルのミックスといっても大きいと思っていたのですが、今度来る犬は小さいとのことで(といっても12kgくらい?)それならということで飼うことを決め、おまけに小さいことに対するエクストラ料金を払いました。なんと1年が近づくにつれ大きさは勢いを増していき、12kgは遥かに超え、今や18㎏となっちゃいました。金返せ!!です。
でも本当、可愛いです。家に帰ると、飛びついてきて顔やら手やらべろべろ舐めまくりです。綺麗になるのか汚くなるのかは定かではありませんがね。外を歩いていると人気絶大です。あちこちから、ジャスパー(やっと名前を紹介できました)と声をかけてくれます。兄貴分のシュナウザーは拗ねた感じがあるような。そのおかげでちょっと調子に乗ってはしゃいでいます。力も強くなってきたのでぐいと引っ張られるとおっとっと・・となっちゃいます。こちらは歳をとってだんだん貧弱になっていることもありますが。
ということで、相変わらずペットを中心に回っている中井家ということですね。健康的にもいいし、これからも頑張っていこうと思います。お酒は控えめにして。。。
20121111_01.JPG早朝散歩の風景

左:ラブラドぅードル
右:シュナウザー

中井義己
近況:目覚めの早さで犬たちもびっくりです。当然、早く寝ることにしています。というより、早く寝てしまうのですが。
最近のモットー:朝の散歩で他人とあったら挨拶しよう・・

2012.11.5

沖縄の離島めぐり

 先日、夏期休暇を利用して沖縄県の小浜島に宿泊してきました。おそらくどこそれ?(笑)という方のほうが多いくらいマイナーな島だと思います。
小浜島は八重山諸島に属する人口約500人、周囲約16kmという非常に小さな島です。特にこれといった観光名所はないのですが、NHKの連続テレビ小説の舞台となったことで多少注目を浴びたみたいです。
ホテルに到着してびっくりしたのが、その敷地の大きさです。12万坪。東京ドーム8.5個分です。なので、敷地内を徒歩で移動するにはちょっと大変です。そこでゴルフカート?のようなものを借りてそれで移動していました。例えば、自分の部屋から朝食の場所まで行くにもカートを使い、夜、大浴場に行くのにもカートを使います。最初はゴーカートみたいで楽しかったのですが、最後のほうはどこへ行くにもカートを使わなければいけなかったのでちょっと面倒になってしまいました(笑)。
20121105_01.JPG

私は旅行の際に×××ツアーみたいのに申し込むのがあまり好きではなく、できれば個人的に過ごしたいタイプです。ただ、今回の沖縄旅行でどうしても参加したいツアーがありました。それは、西表島の仲間川マングローブクルーズです。私も旅行の計画を立てている時に初めて知ったのですが、仲間川のマングローブは日本最大の面積を誇り、国の天然保護区域に指定されています。また、世界でここにしかない固有種も多数存在しており、是が非でも行かなければと思いました。
20121105_02.JPG

そして、このツアーの最大の見どころは河口から30分ほど進んだ場所にある「神の宿る木」といわれるサキシマスオウノキの木です。木を2回言っているような気がする(笑)のですが、これが正式名称みたいです。この木は樹齢400年らしいです。ちなみに説明をしてくれた方が25年前に説明をした時も樹齢400年と説明したと言ってました。本当の樹齢は何年なのでしょうか・・・。
20121105_03.JPG

その翌日からは石垣島をメインに回りました。石垣島といえば鉄板ビーチ川平湾です。沖縄の写真と言って掲載される時によくこのビーチが使われます。このエリアは海が本当にきれいなのですが、水深が深かかったり、サンゴの中にかゆみ成分を出すものがあるなどの理由から遊泳禁止となっています。残念です。
20121105_04.JPG

最後の締めとして、石垣島で有名と言われる焼肉屋で今回の旅行を締め括りました。石垣牛を提供することを売りにしているお店で海外からのお客さんもたくさんいたのですが、味は・・・でした(笑)。
20121105_05.JPG

是非、皆さんも来年の夏は沖縄の離島へ行ってみて下さい。

名前;金田 稔(かねだ みのる)
出身:北海道札幌市
職歴:少しばかり型枠大工をしてました。
趣味:スポーツ全般、沖縄旅行
座右の銘:人事を尽くして天命を待つ