2012.09.24

第一子誕生

先々月7月末に家族が1名増えた。待望の第一子誕生だ。

周りの友人や先輩からは「子供が出来ると人生観変わるよ~」などと聞いていたが、正直半信半疑であった。しかし、その言葉は本当であった。今までは、自分と妻の二人のみを考えて、食事をする場所、食事の内容、はたまた、寝る時間・・・などなどを決めればよかったが、子供が出来た瞬間から子供を中心とした生活となったのだ。現実的な生活の変化も然ることながら、精神的な面でも「子供のために頑張ろう」などといった、今までにない想いを感じることが多くなったのだ。人と異なるかもしれないが、人生観が変わったんだなと感じている。以下では、出産時に私が感じた様々な思いを綴ることとする。

(出産時)
第一子ということもあり、妻の妊娠が判明した直後から立会出産を決めていたのだが、妻の実家が九州ということもあり、よほど運がよくない限り、立会は不可能なのではと半ばあきらめていた部分があった。ただ、今思い返してみると、子供は突然生まれてくるわけではなく、予兆等があるため、連絡を受けてすぐに向かえば、立会は可能なのである。結果から言うと最初から最後まで立ち会えたのであるが、本当に立会を出来て感謝している。
自分がどのように成長してきたかは両親が残してくれた写真等を見ればわかるが、どのようにして生まれてきたかは分からない。大げさかもしれないが、立会出産を経験できたことで、生命の誕生の偉大さを知ることが出来たのである。また、子供を出産してくれた妻への感謝の気持ちを同時に感じることが出来たことも大きい。今までも、色々な場面で妻への感謝を感じてきたことはあるが、出産については、男では経験出来ないことであり、神秘的な経験であった。妊娠中もお腹を蹴るのを触ることで生命を感じていたが、生まれてくる姿を見て、生命の偉大さ、強さを感じることが出来た。

(出産~入院期間)
次に産後の入院期間である。出産時刻は夜の10時前であったため、その日は自宅に帰り、出産の喜びをかみしめていた。翌日から休暇を4日間もらっていたこともあり、自宅と病院の往復が始まった。
赤子の手に触れてみて握り返す反応を楽しんだり、ふさふさの髪の毛をセットしたり、おそるおそる抱っこしてみたり・・・・。なかなか面白い。

(退院~現在)
産後6日間で無事退院して、自宅に戻り、子供との生活がいよいよ開始である。子供との生活といっても、私は、仕事のために東京に戻り、夏休みに再度九州に帰省したのであるが・・・。入院期間中は、好きなだけ近くに子供を置いておけるが、寝る時や疲れた時にはナースステーションに子供を連れていくと、助産師が世話をしてくれる。助産師の助けなく生活をしていくことになるのかと、妻と二人、不安になる。ただ、赤子の笑顔に癒される。ちなみに、この齢の赤子は笑うことはしないらしく、原始反射と呼ばれる表情の練習らしい・・・。しかし、この原始反射にはもう一つの説があり、赤子の周りにたくさんのエンジェルが来て笑っているとのことである。あまり、非現実的なことを信じない私であるが、こればかりは後者の説を信じたい。
現在は、すくすくと成長しており、夜泣きもすごいが、少し触った時にびっくりして両手を挙げる行動(我が家では「岡本 太郎 行動」と呼んでいる。芸術は爆発だ!!の時の手に似ているからとの単純な考えであるが・・)がかわいくて、何度も触って楽しんでいる。
親として、今後順調に成長してくることを願うばかりである。

永利 浩史(マネージャー 公認会計士)

【プロフィール】
早稲田大学商学部卒業後、2003年中央青山監査法人入所。上場会社のスタッフ業務及び公開準備会社の主査業務を経験後、2007年7月に監査法人A&Aパートナーズに移籍

【趣味】
買い物、愛犬と出かけること。子育て。

【メッセージ】
事務所の兄貴達と楽しく明るい職場作りを心がけています。かっこいい中年になりたい!!

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。