2012.03.12

「UFOの町」

年が明けてから既に2ヶ月とちょっと経過。早いですね。
その間に一番衝撃を受けたのは某ファストフード店が、肉で肉を挟んだ商品を出したことです。「バンズなんていらないぜ!」って感じでしょうか。男らしいです。
ちなみに肉→チーズ→ベーコン→チーズ→ベーコン→肉の構成です。

さて、私が石川県出身なので石川の観光地とか名物を教えてくれと言われることがあります。兼六園、近江町市場(海鮮)、茶屋街、21世紀美術館、生麩、温泉、朝市、漆器、加賀友禅などが有名でしょうか。

しかし、今回はもっとディープなところを紹介したいと思います。我が地元、羽咋市(羽咋=「はくい」と読みます。)はなんとUFOで町興しをしています。そう、「未確認飛行物体」です。

その中心的施設が「宇宙科学博物館コスモアイル羽咋」です。

さっそくホームページを検索。。。
ん? NASA特別協力施設?? だったのか!!
この施設は、私が高校生の時くらいからありましたが、実は一度もいったことがありません。ちなみにUFOも見たことはありません。

「UFO情報局ブログ」によれば、最近講演会があったらしく、講演会名は「君たちは宇宙旅行に行ける!」で講演者は「宇宙航空研究開発機構の ~ さん」…ってJAXAの人!!

UFOはともかく、以上からも羽咋市の宇宙への本気度がうかがえます。

さらに「UFO検定」なるものが昨年開催されたようです。
チラシをダウンロード。。。
「UFO好きの一人で終りますか?」!
「それとも伝える側の一員になりますか?」!!
「宇宙科学博物館コスモアイル羽咋 名誉館長 矢追純一 による監修」!!!

試験内容と試験会場の雰囲気が気になります。

みなさん、石川県に行く機会があれば、ぜひ行ってみてください。

「東日本大震災から1年」
私のブログが掲載される日で、東日本大震災発生からちょうど一年が経ちます。
被災地においては、瓦礫、原発、雇用といった様々な課題が残っていますが、そのような状況の中で事業(漁業)の再開にこぎつけた方、雇用創出復興のために新たに事業を立ち上げる方がいらっしゃいます。このような話を聞いたり記事を読んだりして、逆に私の方がチカラをもらっています。
募金への協力ぐらいしかできていない私ですが、課題が一つずつ解決され、一日も早く復興が成し遂げられることを願います。

浦隆行

石川県出身

今年度目標
効率化と整理整頓をしたい…

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。