2011.04.25

地元のJMさん

 震災から1ヶ月過ぎ、少しずつではありますが明るい話題も増えてきました。被災地では仮設住宅が設置されたり、入学式が行われたりと前向きな気持が伝わって来ます。
最近ではようやく以前買えなかった物も少しずつ買えるようになってきて少し安心しています。被災地ではまだまだ不自由な状況が続いているかと思いますが、一日でも早い復興をお祈りします。
震災後、あまり出かけることもなかったのですが、ある時に地元の商店街に「イタリア料理」屋さんが出来ていることに気付きました。
20年近く住んでいますが、その商店街に洋食屋さんができたことがなかったので、気にならないわけがありません。家族で行ってみました。
以前はどこにでもあるような居酒屋さんがあったのですが、それとはまるで雰囲気の違うお店で、大きさもそこまで大きくなく人数では20人でいっぱいといったところです。
早速お店に入ると、なんと店員2人が飲んでいるではありませんか?!しかも一人は外人さん(以下JM)!!最初は驚きましたが、料理はJMが作り、フロアはダンディーな店長さんが対応してくれます。
雰囲気が良く料理も美味しいのですでに何度か通っています。まだあまり認知されていないようでお客さんが少ないのですが、客が私たちだけになるとJMが楽器を演奏してくれます(楽器の名前は忘れちゃいましたが以下の楽器^^;)
20110425_nakai_1.JPG

そんな陽気な彼ですが、唯一問題なのは・・・ほとんど日本語をしゃべれないことです。得意な日本語は「ハイ、ヨロコンデ~」です。基本的に使い方は間違えていますが楽しいので良しとしています。私は彼としゃべるためにはお酒の力を借りて身振り手振りで、話そうと努力しています。それが楽しいです。
彼はサッカーや相撲、野球が好きとのことで、今度僕がやっている野球チームに観客として連れていってみようと思います。
震災で少し暗かった気持ちが晴れる気持ちがした出会いでした。

中井 恭平(アドミスタッフ)
ひとこと:精進します。

略歴:関東学院大学(硬式野球部)、某株式会社(1年半神戸在住)、2007年7月監査法人A&Aパートナーズ入社

趣味:野球、ゴルフ、車弄り

メッセージ:日々新しいことばかりなので、気を引き締めて頑張ります。

  

2011.04.18

北海道の喫茶店vs地元のそば屋さん

早いものでもう4回目のブログの順番がまわってきました。

前回から1年強。とくに何事もなく平々凡々と暮らしていました。

もちろんミトコンドリアには完勝です。

 

ミトコンドリアとは何ぞや? と思われた方は、私の前々回のブログをお探しください。

 

というわけで、みなさまにご披露できる新鮮なネタがありません。

そこで、ネタを探しに北海道にやってきました。

 

前回のブログでも北海道に行ったお話をしましたが、最近ではパワーアップしまして、去年の夏からほぼ月に1回北海道に来ています。

北海道の喫茶店のマスターに「いつものでいいですか?」と言われるほどになりました。

 

なぜそんなに北海道に行きたくなるのか自分でも気になったので調べましたら、案の定前世は北海道出身でした。帰巣本能というやつです。

 

さすが北海道、3月上旬でも滑ります。ツルツルです。

 

北海道の喫茶店のマスターの話で思い出しました。

 

今住んでいる神奈川の地元によく行くそば屋さんがあるんです。

ここに住み始めて10年間、平均して週に2回は行ってますので、もう1,000回以上行った計算になります。

 

ところが不思議なことに、それだけ行っているにもかかわらず、まったく常連客扱いされないんです。

今まで温かいソバなんて1回も注文したことないのに、毎回「おソバは冷たい方ですか? 温かい方ですか?」と確認されますし、10年間でおかみさんらしき人としゃべったのは数年前の「この傘お客様のお忘れ物ですか?」「いいえ違います」これだけです。

 

ここまで徹底されると逆に居心地がよく、また来週も再来週も行かなければならない気になってしまいます。

 

たった月に1回でも常連客扱いしてくれる遠方の喫茶店、1,000回通ってもまったく扱いが変わらない地元のそば屋さん、どちらも私にとっては貴重な憩いの場です。

木村 勝治 

ひとこと:世界はすべて二色で塗り分けられます。「紫」と「紫以外」です。


 
経歴
金沢大学経済学部卒業後、自動車ディーラーに入社し自動車の営業マンに。
営業に出ると言っては入り浸っていた書店で「だれでも公認会計士になれる本」と出会ったことがきっかけで、中央青山監査法人に入所。
上場会社と公開準備会社の主査を経験後、2007年8月監査法人A&Aパートナーズに移籍。
 
趣味
ゴルフ、靴磨き
 こだわり
世の中の物はすべて、紫のものかそうでないものに分けられ、紫の方を選択する。

メッセージ

「仕事は楽しく」を心がけて、明るい現場づくりに努めたいと常々思っています。

2011.04.11

中学生の言葉に励まされて

大震災に襲われた三陸の中学校の卒業式で、卒業生総代が、涙ながらに語った言葉が印象的でした。正確には記憶していませんが、それは、次のようなものでした。

「天は私たちに大きすぎる試練を与えました。しかし、私たちは天を恨むことなく、復興のために、前に向って歩みます。」

私は、感銘を受けました。耐え忍ぶには、あまりに大きすぎる苦しみです。天を恨みたいところでしょう。しかし、天を恨み続けても、打開策は浮上しません。人間には大きな力が与えられています。目的、希望を掲げて、前に向って歩み続ければ、時間の経過とともに、哀しみは少しずつ薄れ、だんだん、力が漲ってきます。まだ15歳の中学生が、このような言葉を絞り出せるとは、この国も捨てたものではないなと思えました。

日本経済が大打撃を受け、回復には途方もない歳月を要するように思いがちです。しかし、このような時こそ、私たちも、天を恨むことなく、必ず良い方に向かうと信じ、社是である、Be of good use を胸に秘め、うつむくことなく、前を向いて歩きたいと思います。

進藤 直滋

私の会計士人生は、いつの間にか40年を越えています。
最初の10年に比べ、後半の30年は、大きな変革の中を通ってきた感じです。
これからの変化は、間違いなくもっと大きくなるでしょう。

2011.04.4

東北地方太平洋沖地震~自宅への道のり

先週のブログと同じ標題です。それぐらい、衝撃的だったことです。

11日地震発生時は事務所にいました。電車がすべて止まり、JRに至っては早々に運転再開を諦めました。公共交通機関なのに。。。

さて、どうやって帰ろうか。事務所は幸い新築であったこともあり、ほとんど被害はなかったので、電車(地下鉄、私鉄)が動くまで時間をつぶすか、徒歩で帰るか、タクシーで帰るか。。。

8時過ぎまで事務所で熟考したあげく、同じ方面の同期と歩いて帰ることに決めました!

日本橋⇒大手町⇒麹町⇒四ツ谷⇒新宿・・・と。

歩道はそれなりに混んでいましたが、思ったほどではありませんでした。数時間前、某スタッフが「渋谷から3時間半かかりました。」と言っていたのでカクゴしていましたが、それほどでもなかったので不幸中の幸いでした。

その反面、車道は大渋滞。クルマは1cmも動いていませんでした。救急車も通れず。バスは人で満車。自転車とバイクだけがスムーズに動いていました。

この時点で、タクシーは選択しなくて正解でした。もしタクシーだったら、どれだけかかっていたことか(時間も、料金も)。

新宿を超えて初台あたりまでは、かなりハイペースで歩けました。人の少ない道を選び、人々の間を縫うように進みました。ここから、若干南へ逸れて住宅街を歩きましたが、いかんせん自宅の方向しか分からず、半分迷子状態でした。アナログな私はスマホなんて当然持っておらず、携帯ナビもなかったため、完全に自分の方向感覚だけが頼りでした。

奇跡的にコンビニを発見!小田急線に近いことが分かり、電車が動いていないか近くの駅で確認しました。

まだ動いていなかった。

この時点で、電車を待っていなくて正解でした。

事務所を出発して、4時間弱。やっと我が家に到着しました。すでに脚は棒の状態でしたが、同期も同じ状態で、2駅先までクルマで送ることになりました(そこまで家族が迎えに来ることになっていたので)。

ただ、4時間弱歩いた足にマニュアル車はきつかった。クラッチがうまく踏めない。アクセルの微調整も難しい。いつエンストが起きるか不安でした。この時ばかりはオートマ車がうらやましく思いました。

追伸

先週末、ガソリンが不足するからと、スタンドに列を作って待っているクルマを見かけましたが、仕事や本当に必要な人以外は控えればいいのでは?と思ってしまいました。

当然、私は11日以来、クルマには乗っていません。

最後に一言

地震が起きて会計士がどれだけ微力な存在か改めて感じました。自分のできる限りのことを実行していこうと思います。

菊池 愼太郎(マネージャー)

モットー
「どんなことも何とかなる」

経歴
青山学院大学経営学部卒業後、中央青山監査法人入所。以降、法定監査、株式公開等、多数のクライアントの業務に携り、専門家としての腕を磨く。 平成19年7月より、監査法人A&Aパートナーズに移籍。心機一転、公認会計士としての環境を変え、ますます日々の業務に邁進中!

趣味
週末ごとに愛車でドライブに出かける。時にはサーキットを走ることもある自称レーサー。

メッセージ
自分が培った経験を他人のために生かすことが喜びです。今後も日々自己研鑽に励み、誰にも負けない高品質な業務の提供を目指します。