2011.01.31

「クリームパンダ」といいます。

クリームパンダといいます。

3歳になった娘が、はまっているアンパンマンに出てくるキャラクターです。

その名のとおりクリームパンが顔になっています。メロンパンナの弟です。

このクリームパンダのことを家の娘は、「て(手)!!」と呼びます。

確かに、オレたちひょうきん族にでてきた「パーデンネン」に似ている気がします・・・。

病院の待合室なので、アンパンマンの絵本を読んでいると、「これはアンパンマン!!これはカレーパンマン!!これはドキンチャンで、これは手!!」と指でさしながら読んでいます。

親としてはちゃんと名前を教えないといけないのかもしれませんが、何となく、その発想が面白くてそのままにしています。

もう少し大きくなれば、ちゃんと「クリームパンダ」と言うようになると思いますが、それはそれで何だか少し寂しい気がします。

赤池 直也

公認会計士2次試験合格後、某会計士専門学校で講師経験を積んだのち2008年監査法人A&Aパートナーズに入所。

 

メッセージ

A&Aパートナーズに入社して3年、はやく一人前の会計士になれるように日々精進していきたいと思います。

2011.01.24

北海道のおさらい

2011年も始まったばかりですが、既にひとつ新発見しました。どうやら、牧畜最強国はウルグアイかもしれないのです。

 

テレビで知ったのですが、ウルグアイは国土の90%以上が牧場だということです。2010年までは、牧場が盛んなのはニュージーランド、オーストラリア、スイスあたりだと思い込んでいました。国土の90%以上です…。これは最強でしょう。サッカーが強いだけじゃないんですね。新年早々目からウロコでした。

 

というわけで、移住予定先を北海道からウルグアイに変更せざるをえなくなりました。これも真の牧場王になるためです。北海道には申し訳ないですが、そろそろ北海道にも見切りをつけなくてはなりません。ただ、北海道も完全に見切ったとは言えないんですよね…。それも北海道に申し訳ないので、何かしら総まとめをしようと思いました。

 

2分ほど考えました。2011年は「道内全市町村制覇」の旅を開始したいと思います。

ウィキペディアによれば現在道内には179市町村あるらしいです。1年に10日ほど北海道に行けたとして、1日に20市町村弱回れれば1年で達成可能ですね。何となく行けそうな気がします。しかし、口頭で行ったと伝えても信じてもらえないかもしれません。何か証明になるものを用意しなければ…。

 

2秒考えました。証明写真を撮ってきます。北海道は各市町村にカントリーサインなるものがあり、各市町村の名所や特産品をモチーフにしたイラストが、市町村の境に立っています(少なくとも10年前にはありました)なので、179枚のカントリーサインと自分を映した写真が証明写真にします。

 

この構想は、全て北海道テレビの某番組企画のパクリです、すみません。でも考えただけで2011年が充実しそうでなりません。やろうと思います。忙しい年になりそうです。最後になりますが、今年も宜しくお願い致します。

一條 倫寛

 

<プロフィール>

20091月 監査法人A&Aパートナーズ入所

<モットー>

天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず

<趣味>

北海道

<メッセージ>

いずれは北海道に住みます。

2011.01.17

記念日

新年明けましておめでとうございます。

この私のブログを見て下さっている全ての皆様にとって、2011年が素敵な年になることを祈っております。

さて、突然ですが今月末の1月31日はある大事な記念日です。皆さんご存知でしたか??

私の事を普段から気にかけて下さっている方なら絶対分かるはずです。

そうです。

正解は、、、、、、、

私が1人暮らしを始めて1周年記念日です♪♪

横浜の隅っこから都会のど真ん中に飛び込んで生活したこの1年間は、本当にあっという間でした。

新たな経験をたくさんしました。

親のありがたみをすごく感じました。

しかし、何よりも自分自身の意志の弱さをヒシヒシと感じました。

1年前のあの日、希望と期待そしてやる気に満ちた自分が1年後にこうなってしまうとは誰が想像したでしょう。

①毎日でなくても可能な限り自炊する(朝食含む)。

②疲れて面倒くさくても毎日風呂に入る。

③洗濯機は1週間に1度はまわす。

④1週間に2、3回は朝or夜、皇居の周りを2周走る。

⑤ご近所付き合いをして知り合いの幅を広げる。

上記は、全てではありませんが1人暮らしを開始する際に私が密かに掲げた目標でした。

あれから1年。

先日、ベッドの中でふとこの1年間を思い返してみると、自分でもがっかりするような事実がそこにはありました。

①自炊(夕飯)をしたのは数えるぐらい

実際数えてみると6回でした(笑)。(最初の頃、親を安心させるために撮った料理の写メ(4回分)が携帯に残っており、後はちらほら数回)

朝食に関しては、スーパーで買ったパンをトーストした2回だけ。

同期のM君に言わせれば、丸○屋の麻婆豆腐の素に豆腐を入れて調理した料理は自炊にも該当しないようですが、ここでは6回に含めています。

はりきって購入したT-fal(ティファール)のフライパン3点セットは、数回使ってあとは流しの下に封印中です。

②自宅で風呂に入ったのは3,4回ぐらい

基本的に毎日シャワーで済ましていました。ただ、家から歩いて5分ぐらいに銭湯があるため週に1,2回はちゃんと湯船に入っています。給料日後など特別な日には東京ドームシティのLaQua(ラクーア)にもいきました。ということで、反省するほどでもないですかね♪

③洗濯機は1週間に1度どころか何故か2日に1度はまわしていました

何故かここだけO型なのにA型並みに几帳面な性格を発揮しました。洗剤と柔軟剤を何種類も組み合わせて、ベストな仕上がりを探求したこともありました。ただ残念なのが、注水+脱水が1回でOKなアタックの液体洗剤を購入したのに、うちの洗濯機では回数を指定することができなくて脱水をいつも自動で3回ぐらいやってしまうことです。

④皇居マラソンは半年ぐらい続きましたが、最近はご無沙汰です。

特にコメントはないのですが、半蔵門から桜田門に向かう下り坂から見える夜景は綺麗です。

⑤ご近所付き合いは色々と努力しました

私の理想では最低でも両隣&上下の部屋の人とは知り合いになる予定でしたが、1人暮らしの方が多いうちのマンションでは叶わぬ夢だったようです。出張でお土産を買って隣の部屋の方に渡そうと努力しましたが、、、(←この話は都合により割愛させて頂きます)

ここまで私の自虐話をだらだらと書き連ねてきました。

ここで終わるのであれば、わざわざ事務所のブログには掲載しません!!

今回の経験で私が学んだこと(教訓)。

①目標は達成可能な範囲で設定すること

②理想と現実が違うと分かった場合は、臨機応変に修正を行い対応していくこと

さて、上記の教訓。勘の鋭い方ならもうお分かりではないでしょうか。

そうです。会社の予算設定にも共通して言えることです。

予算というと固いイメージになってしまうので、ここでは会社の目標としましょう。

一時期に比べて落ち着きを取り戻してきたように感じる昨今の市況ですが、まだまだ会社にとって厳しい状態であることに変わりはありません。

そのような状況の中、不況の影響で失った利益を取り戻そうと社内で高い目標を設定する会社も少ないでしょう。しかし、経営学あるいは管理会計論の見地からは、過度に高い目標の設定は現場担当者へのプレッシャーやモチベーションの低下を生むとされています。また、短期的利益の過度な追求は中長期的利益の獲得機会を逸するという考え方もあります。

現状に即した目標を設定して、時には臨機応変に目標を見直すことも必要なのではないかと個人的には思います。

今回もうまく(?) 話がまとまり、一安心です。(前回は、オーストラリア旅行です)

私もまずは1週間に1度は自炊することを目標に掲げ、1年後には料理本でも出そうかなと密かに考えています。(すみません、全く考えていません。)

今年も宜しくお願い致します。

氏名 塩見 裕輔(しおみ ゆうすけ)

誕生日 198542

出身地 神奈川県横浜市

出身校 法政大学経済学部

座右の銘 臥薪嘗胆

メッセージ AAパートナーズ2008年入社。まだまだ未熟者ですが好奇心と挑戦心を持って、日々成長できるよう頑張っていきます。

2011.01.10

新年明けましておめでとうございます!!

 旧年中は格別のお引き立てを承り、厚く御礼申し上げます。この場をお借りして御礼申し上げます。弊法人のブログが新年早々の第一回目ということで、統括代表社員である私が、年頭の挨拶を兼ねて先陣を切らせていただきます。

2000年代に入ってから、テロ事件やら100年に一度の経済危機とか、決して順風満帆な過去10年間とは言えなかったのではないでしょうか。また、気象の面でも、日本では昨年、猛暑が続き暑さに閉口したのは記憶に新しいところです。世界でも大洪水など異常気象が続きました。為替相場も円高傾向が続き、企業に大きな打撃を与えました。

そのような中、会計士業界の環境も大きく変化してきました。試験合格したにもかかわらず就職難となる現象が起きました。内部統制の導入、IFRSへの対応など会計士人数を増加させるという要因はあるのですが、経済環境に明るい展望が見えないこともあり、監査法人にとって採用人数を増加していくことは大きな負担となります。しかしながら、監査業務を含めて、公認会計士等の役割が益々重要になっていくことと思っています。公認会計士法の改正もこのような状況から検討されているのではないでしょうか。

ところで、お正月の国民的風物詩といえば、箱根駅伝があります。私の自宅も国道1号線沿いの近くにありますので、毎年応援に行っています。その醍醐味は何と言っても20校のランナーが、母校の名誉と仲間への信頼をかけて、襷を繋いでいくことではないでしょうか。大手町をスタートして1区から箱根のまでの往路5区、復路の5区と約220㎞、汗のしみ込んだ襷を必死になって繋いでいく様は、まさに企業が継続して生き抜いていく姿とダブって見えてしまいます。今年は1校が襷を繋げず繰り上げスタートになりましたが、悔しい思いでいっぱいでしょう。しかし、それをバネに一層の努力をすることで更なる飛躍が望めるのではないでしょうか。

ウサギ年の今年は、過去10年とは違い、飛躍の年となってほしいと期待していますが、視野は日本だけではなく、いや、むしろ海外に目を向けなければならないかもしれません。そのような厳しい環境にある中、私どもAAPは「Be of good use」の経営理念を忘れることなく、駅伝のランナーのように一人ひとりが、AAPのブランドを誇りとし、また弊法人と関係される方々の信頼を得るべく努力して参りたいと存じます。

最後に、皆様の益々のご発展を祈念して、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 監 査 法 人  A&Aパートナーズ
統括代表社員  中 井 義 己

中井義己
近況:目覚めの早さで犬たちもびっくりです。当然、早く寝ることにしています。というより、早く寝てしまうのですが。
最近のモットー:朝の散歩で他人とあったら挨拶しよう・・

2011.01.1

謹賀新年

20110101.jpg

 

新年おめでとうございます
旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
おかげさまで良き新年を迎えることができました。
皆様のますますのご発展を祈念しますとともに、本年もなお一層のお引き立てを
賜りますようお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

 

2011年元旦

監査法人A&Aパートナーズ

監査法人A&Aパートナーズ