2010.04.19

お手軽発信

インターネットの発達によりいろいろと面白コミュニケーションツールが増えてきました。

日記というある程度誰かに見せることを意識した文章を書くというのが面倒でどうにもmixiには馴染めなかった私。いまは暇つぶしのmixiアプリ専門ツールとなっています。

しかし日々過ごしていれば何かしら思うことがありそれを適当に呟きたい。リアルでやれば独り言をぶつぶつ呟く変な人になってしまいますが今話題?のtiwtterを使えばネット上のリソースを消費して簡単にだらっと呟くことが出来てしまいます。

140文字制限のあるミニブログのようなそれに「おはよう」「眠い」「おなかが減った」時にはこんな変わったものを見つけたと写真をつけて呟きを重ねる日々。友人から突っ込みを入れられたり自分が突っ込んだりお手軽でゆるーいコミュニケーションが出来るこれが妙に楽しい。

友達はもちろん全く知らない何気なく目に付いた人から、普段なら絶対に会うことのない政治家や名前をよく知る会社社長、よく読む雑誌の漫画化や小説家といったある意味非日常な人の日常が垣間見えるのも興味深い。

誰に話すでもなく何気ない『呟き』は普段改まって話したりはしない人の考え方を垣間見ることができ知人友人であればコミュニケーションの土台にもなるなあと感心することしばしばです。

とはいえやはり所詮は呟き、深いコミュニケーションに発達することはごくごく稀なものでtwitter単体で会うという話はなかなか聞きません(顔の見えないコミュニケーションなので危険も多いです)。見知らぬ人とかるーく繋がり友人知人と少し深く繋がって、なんとなーく会話めいたものを楽しんで暇をつぶす。めんどくさがり、だけど何かしたい人にはもってこいのツールだと思います。

興味のある方はこの機会に何か一言呟いてみたらいかがでしょうか?

(その際にはくれぐれも個人情報にお気をつけて!)

福沢 育子(ふくざわ いくこ)

青森県出身(といっても本籍のみで生まれてからはずっと東京)

ソフトウェア開発業を経てAAPへ。社内PCのイロイロやIT監査のお手伝いをしています。