2010.03.29

以前にもブログにしましたが、また音楽の話をいくつか書きます。

1.ビートルズ

最近“ゴールデン・スランバー”(意味は黄金のまどろみ)というタイトルの邦画があるのを知りました。そうです、ビートルズの曲名と同じです。昨年、リマスター盤が大好評で相変わらずの人気のようです。60年代のグループなのに、いまだに古臭さを感じさせないところが凄いと思います。私も中学のころ(75年前後の話ですが)ビートルズが流行りまして、少ない小遣いでLP盤を何枚も買いました。どのアルバムも素晴らしく11曲が印象に残ります。和洋問わずアーチストのアルバムはアルバム全体としてはいいものの、それらの曲の中にはその曲だけでは今ひとつ、という曲が必ず何曲かあるのが一般的、というかいわゆるベスト盤でない限りそれが普通なのでしょう。ところがビートルズのアルバムの各曲は、私見ですがどれもシングルカットが可能では、と思える曲ばかりなのでは?と思えてなりません。そんな彼らのアルバムの中で、私は月並みですが“サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド”と“アビイ・ロード”が好きです。

  昔はサージェントの方が好きだったのですが、最近(リマスターではありませんが)CD盤を聞いているうちに、アビイ・ロードの奥深さに改めて感動しました。よく言われていますが、9曲目から始まる8曲メドレーが何といっても素晴らしい。“ゴールデン・スランバー”はその中の1曲です。

2.ポール・ポッツ

  この名前をご存じありませんか。いろいろな芸や才能の持ち主がその技を公開ホールで披露するイギリスの番組で優勝し、一躍有名に、そしてテノール歌手になった方です。携帯電話のセールスマンをやっていたものの音楽への夢が断ち切れず、その番組に出場、見事優勝しその後デビュー。全世界で何百万枚も売り上げた、現代のシンデレラボーイ?です。ちなみにシンデレラって意味ご存知ですか。シンデレラは素晴らしいお姫さんの名前だとずっと思っていましたが、何年か前、娘とディズニーアニメを一緒に見ていてその由来をはじめて知りました。灰のエラ(名前)という意味なのですね、ビックリしました(詳しくはお調べください)。さて、このポッツさんの歌声は素晴らしいです。昨年何回か来日したそうです。3大テノール(カレーラス、ドミンゴ、パバロッティ)はもちろん凄いのですが、彼らにはない何か響くもの感じます。特に、オーディションで歌ったプッチーニの“誰も寝てはならぬ(トューランドットより)”は昔から好きなオペラ曲(イナバウアーの荒川選手が金を取った曲)ですが、それを彼が唄っているのを聴くと目頭が熱くなるのを感じます。

3.ケミカルブラザース

  CMのBGMに聴き覚えあると思います。歌詞はありません。昔の東京モード学園のCM、別の曲ですが最近では三菱地所のイメージCMに採用されているテクノグループです。テクノポップは私の高校のころ流行りましてYMOなど大好きで、テクノカット(もみあげ部分を真横に直線断髪)もやってました。その後、ブームは去り自分自身としてはいつのまにかテクノポップは忘れ去られた存在になっていました。ところが何年も経ち事務所のある若手と音楽談義をしたとき、彼のお勧めだということでケミカルブラザースのCD盤を貸してもらいました。とても感激しました。BGMは何となく気になっていましたが何故今までこのグループを知らなかったのか、と思いました。単なるテクノを超える表現力でその完成度は文句がありません。ジャンル的に好みがあるでしょうが三菱地所のイメージCMを見ることがありましたらBGMをよく聴いてみてください。

4.ジプシーキングス

  20年以上前に、エスニック音楽、あるいはワールドミュージックというのが流行りました。要は英米のポップス以外のポップス系音楽です。数年前から披露宴のBGMで大人気のエンヤもこのときの一員でした。当時はオリノコフロウという曲で有名でした。そんなエスニック音楽の中で私が最も好きなのがジプシーキングスというグループで、フラメンコギターの調子のもとしゃがれたボーカルがいい味で唄うそんなグループです。CMではキリンビールでボラーレ(今は日本語のカバー)というのがあり、またドラマでは鬼平犯科帳のエンディング(これはインストルメンタル曲です)が有名です。私は彼らのなかでもジョビジョバという曲が大好きで何度聴いても血が滾る思いのする名曲です。フラメンコのように手拍子が響くサビが耳にこびりついて離れません。

 テンションをあげたいときにはうってつけの1曲です。

5.狼少年ケンのテーマ

  噛むんとにゃんにゃん・・・という曲に合わせて女の子が踊っているガムのCMです。そこそこの年代の男性の方、聴き覚えありませんか。そうです、(アニメではなく当時は)マンガの“狼少年ケン”のテーマソングです。たしかまだカラーではなかったと思いますが、よく見ていました。狼に育てられた野性児ケンを描いた少年漫画です。懐かしのアニメ番組紹介などで、ちょっとだけですが当時の画像を目にします。テーマソングはボバンバ・バンボ・ブンボ・・・で始まる曲です。軽快なリズムで誰の耳にも心地よいのでCMにうってつけなのでしょう。深夜のランク王国でも印象に残るテーマソング・CM曲で上位にランクされていました。6070年台のアニメやヒーローものの主題歌は傑作ぞろいです。他のCMでもプロバイダのサリーちゃんや缶コーヒーのガッチャマン、携帯電話の鉄人28号も最近流れています。耳に残っているので今でもソラで唄える曲ばかりです。専門家曰く、これらの年代のテーマ曲はすぐに覚えてもらえるよう音域を狭くメロディも単純にしているからだそうです。どおりでいつまでも覚えているし、よく使われるわけですね。

木間 久幸
<プロフィール>
慶應義塾大学商学部卒業後、新光監査法人、太田昭和監査法人を経て、監査法人エイ・アイ・シー(現在の監査法人A&Aパートナーズ)に入所。平成4年よりパートナー。
<メッセージ>
風通しのよいオフィスを築いていきたいと思います。